このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ゆめむらさき

更新日:2018年6月5日

ページ番号:90572971

西宮で生まれた花たちです。覚えてくださいね!


ゆめむらさき
オオバコ科クワガタソウ属


ゆめむらさき 画像1
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(拡大画像)(画像:232KB)




ゆめむらさき 画像3
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(拡大画像)(画像:228KB)

ゆめむらさき 画像2
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(拡大画像)(画像:121KB)


ゆめむらさき 開花時期表(5月下旬~11月下旬)



●春から秋まで薄青紫色の穂を立ち上げて花が咲き続けます。最も美しく咲くのは6月です。

平成6年に開発され、阪神・淡路大震災からの復興を願う市民のみなさまによって「ゆめむらさき」と名付けられました。
暑さや乾燥に強い宿根草で、年々充実した株になり、毎年花を楽しむことができます。草丈は40~60cmくらいです。

育て方のポイント


日当たり・風通しの良い場所が最適です。


鉢やプランター植えの場合、生育が旺盛なので、水切れに注意してください。


花が咲き進んだら剪定が必要です。花の咲き終わった穂をこまめに取り除くと、その下方にある花(2番花)が次々と咲きます。9月中旬までに、一度半分くらいの高さまで刈り込むと冬までにもう一度花を咲かせます。


ゆめむらさき開花の様子
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(拡大画像)(画像:321KB)



花が咲き進んだゆめむらさきの様子
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。花が咲き進んだ状態
(拡大画像)(画像:303KB)




長期間花を楽しむには施肥が必要です。生育が旺盛な時期は固形(緩効性)肥料を2ヶ月ごとに与えます。

秋の終わりになると、花の咲き終わった茎は枯れて株元に冬越しのための葉(ロゼット葉)ができるので枯れた茎を刈り取ります。


剪定前の様子
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。剪定前
(株元にロゼット葉ができています)

(拡大画像)(画像:262KB)



剪定後の様子
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。剪定後
(拡大画像)
(画像:226KB)


育て方については下の年間管理スケジュールも参考にしてください。

ゆめむらさき 年間管理スケジュール

ココで見られます!


写真:JR西宮駅南側ロータリー
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。武庫川河川敷緑地
(小曾根町1丁目)
(拡大画像)
(画像:217KB)

写真:西262号線
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。阪急夙川駅前ロータリー
(拡大画像)
(画像:171KB)

写真:伏原児童遊園
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。北六甲台コミュニティセンター
(北六甲台5丁目)
(拡大画像)
(画像:208KB)


お問合せ先

植物生産研究センター(花と緑の課)

西宮市北山町1-1 北山緑化植物園内

電話番号:0798-74-5970

ファックス:0798-71-2299

お問合せメールフォーム

vo_t_soumu@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ