このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和元年度 認可外保育施設利用料補助金のご案内

更新日:2019年5月27日

ページ番号:81536000

保育所等が利用保留となった方で、認可外保育施設を利用される方への補助金です。

この制度は、待機児童対策の一環として、認可保育所等を申込みいただいたものの、利用保留となり、やむを得ず認可外保育施設を利用する方を対象に、認可外保育施設の保育料と補助限度額のどちらか低い方の金額と、認可保育所等に入所した場合の保育料との差額を補助する制度です。

補助の対象となる方

以下のすべてに該当する方が対象です。

  1. 児童及び保護者が、西宮市に住民登録をしている。
  2. 市内の認可保育所等を2施設以上希望して利用保留となっている。(※)
  3. 保護者が育休中及び求職中(就労内定中)でない。
  4. 認可保育所等に入所決定後、辞退していない。(※)

※2、4に関しては、令和元年7月1日利用調整時からの適用となります(令和元年6月10日締切分)。

補助の対象となる施設

児童福祉法第59条の2第1項に基づく届出を行っている認可外保育施設(市外施設を含みます。)
※居宅訪問型(ベビーシッター)は除く。

市内認可外施設の一覧については、トップページ西宮市の施設(アクセス・利用案内)子育て・保育施設保育施設認可外保育施設について新規ウインドウで開きます。をご覧ください。

補助金額などについて

認可外保育施設の利用料と補助限度額を比較し、低い方の額と認可保育所に入所した場合の保育料をさらに比較し、認可保育所の保育料が低い場合には、その差額を補助します(千円未満切捨て)。

認可保育所に入所した場合の保育料は、トップページ子育て・教育保育所・幼稚園・小学校など保育所保育所の保育料平成31年度 利用者負担額(保育料)新規ウインドウで開きます。で確認することができます。

補助限度額

0から2歳児は月額55,000円
3から5歳児は月額50,000円

算定例

(例1)0から2歳児で、認可保育所保育料がC5階層39,100円、認可外保育施設の利用料が70,000円の場合

  1. 認可外保育施設利用料70,000円と補助限度額55,000円を比較します。
  2. 低い方の55,000円が補助限度額となります。
  3. 補助限度額55,000円-認可保育所保育料39,100円=15,900円
  4. 千円未満を切り捨てた15,000円が補助額となります。

(例2)0から2歳で認可保育所保育料(C6階層)51,700円、認可外保育施設料50,000円の場合

  1. 認可外保育施設保育料50,000円と補助限度額55,000円を比較
  2. 低い方の50,000円が補助限度額となる。
  3. 補助限度額50,000円-認可保育所保育料51,700円=△1,700円⇒補助対象外

令和元年10月から実施予定の幼児教育無償化による月額37,000円の補助については、補助限度額に含まれることになります。

申請必要書類

  1. 交付申請書
  2. 交付請求書
  3. 利用中の認可外保育施設に保育料を支払ったことを証明する書類
  • 利用期間や利用内容、金額がわかる領収書のコピー
  • 利用期間や利用内容、金額がわかる契約書と料金引き落とし通帳のコピーなど

※保育料以外にかかる料金(入園費、延長保育料、給食費、おむつ代)については、補助の対象にはなりません。

申請受付期間

 交付対象期間交付申請期間交付予定時期
第1期4から6月分6月3日から7月31日10月末頃
第2期7から9月分9月2日から10月31日1月末頃


令和元年10月以降については、改めてご案内いたします。

申請書提出先

提出は、原則として郵送でお願いします。
〒662-8567
西宮市六湛寺町10番3号 西宮市役所 保育幼稚園支援課 宛

申請にあたっての留意事項

  1. 申請期限を厳守してください(受付最終日は当日消印有効)
  2. 封筒に「認可外補助申請書在中」と明記してください。
  3. 郵送等未着の責任は市では負えません。
  4. お急ぎの場合は、持参可。受付は、市役所本庁舎7階の78番窓口のみとなります。

お問合せ先

保育幼稚園支援課

電話番号:0798-35-3043

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ