このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業の無償化について

更新日:2020年8月1日

ページ番号:78344031

保育の必要性の認定を受けた世帯は、月額37,000円(0~2歳児は住民税非課税世帯のみ月額42,000円)を上限に、償還払いにて無償化の対象となります(入会金、通園送迎費、食材料費、行事費などは除く)。
償還払いとは、利用施設に利用料をいったん支払い、その後市に請求することで、上限金額の範囲内で払い戻しを受けることです。

対象施設・サービス

施設所在地の市町村から「確認」を受けた、下記の施設・サービス

  • 認可外保育施設(企業主導型保育事業を除く。)
  • 一時預かり事業
  • 病児保育事業
  • ファミリー・サポート・センター事業(送迎のみの利用は対象外。)

無償化の対象となる市内の施設・サービスについては、以下のリンク先をご覧ください。

※市外施設については、施設所在地の市町村にお問い合わせください。

対象者

保育所・認定こども園(保育所として利用)・地域型保育事業・企業主導型保育事業を利用していない、保育の必要性の認定(施設等利用給付認定)を受けた世帯の児童。

3~5歳児新2号認定

その年度の4月1日時点における年齢です。年度途中で6歳の誕生日を迎えても、その年度の3月までは無償化の対象となります。

0~2歳児
(住民税非課税世帯のみ)

新3号認定年度途中で3歳の誕生日を迎える満3歳児も、その年度中は0~2歳児として無償化の対象となります。

保育の必要性の認定を受けていない場合、まず、認定申請の手続きが必要です。保育の必要性の認定申請については、以下のリンク先をご覧ください。

※西宮市に住所があり、市外の認可外保育施設等を利用している方も対象となります。
※企業主導型保育事業をご利用の方は、各施設にお問い合わせください。

上限金額

3~5歳児新2号認定

月額37,000円を上限に無償化

0~2歳児(住民税非課税世帯のみ)新3号認定月額42,000円を上限に無償化

※市外から転入または市外へ転出した場合は、上限金額が日割りとなる場合があります。

幼稚園、認定こども園(幼稚園として利用)と認可外保育施設等の併用について

幼稚園や認定こども園(幼稚園として利用)に在籍している保育の必要性の認定を受けた世帯の児童が、認可外保育施設等を利用した場合、月額11,300円(満3歳児は月額16,300円)から幼稚園等の預かり保育の無償化分を差し引いた金額が、認可外保育施設等利用料の無償化の上限額となります。

預かり保育と認可外保育施設等を併用できるのは、下記の要件のいずれかに該当する幼稚園または認定こども園に限ります。

  • 預かり保育を実施していない
  • 預かり保育の時間を含めて、開園時間が8時間未満
  • 夏休みなどの預かり保育の実施日を含めて、開所日数が200日未満


幼稚園、認定こども園(幼稚園として利用)との併用イメージ

併用可能な幼稚園、認定こども園については、以下のリンク先をご覧ください。
なお、西宮市立幼稚園については、全園上記の要件を満たしており、認可外保育施設等との併用が可能です。

預かり保育の無償化については、以下のリンク先をご覧ください。

請求手続きの方法

必要書類について

A.幼児教育・保育の無償化に係る施設等利用費請求書(償還払い用)
  ⇒市所定の請求書様式を以下のリンク先よりダウンロードしてご利用ください。
B.特定子ども・子育て支援の提供に係る領収証
  ⇒利用している施設等から交付されます。
C.特定子ども・子育て支援提供証明書 または 援助活動報告書(依頼会員用)
  ⇒利用している施設等から交付されます。
※B・Cについて「にしのみやしファミリー・サポート・センター」の利用分については、援助活動報告書(依頼会員用)のみの提出で足ります。

請求手続きの流れについて


手続きの流れイメージ

  • 認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を利用
  • 利用している施設、サービスから「領収証、提供証明書または援助活動報告書」を受け取る
  • 「市所定の請求書」に必要事項を記入し、「領収証、提供証明書または援助活動報告書」を添付
  • 上記の書類を西宮市役所保育幼稚園支援課へ提出
  • 月額37,000円(0~2歳児の住民税非課税世帯は月額42,000円)を上限に市から保護者にお支払い

市所定の請求書ダウンロード

以下のリンク先から両面印刷してご利用ください。
【認可外保育施設・一時預かり事業・病児保育事業・ファミサポを利用している方向け】
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。幼児教育・保育の無償化に係る施設等利用費請求書(償還払い用)(PDF:880KB)
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記入例B(PDF:1,401KB)

※幼稚園・認定こども園・特別支援学校幼稚部に在籍している方は、以下のリンク先をご覧ください。
【幼稚園等に在籍している方向け】
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。幼児教育・保育の無償化に係る施設等利用費請求書(償還払い用)(PDF:880KB)
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記入例A(PDF:1,396KB)

請求書等の受付期間について

 利用対象期間請求書の受付期間お支払時期(予定)
第1期令和2年4月~6月利用分令和2年7月1日~7月31日令和2年9月末頃
第2期令和2年7月~9月利用分令和2年10月1日~10月30日令和2年12月下旬頃
第3期令和2年10月~12月利用分令和3年1月4日~1月29日令和3年3月末頃
第4期令和3年1月~3月利用分令和3年4月1日~4月30日令和3年6月末頃

※受付期間を過ぎた場合は、お支払時期が遅れることがあります(受付最終日は当日消印有効)。
※過去の利用分について請求漏れがある場合は、併せて請求することができます。

ご注意ください

  • 私立幼稚園、認定こども園(幼稚園として利用)の預かり保育等と認可外保育施設等を併用している場合は、在園している幼稚園等を通して請求手続きの案内がございます。
  • 入会金、通園送迎費、食材料費、行事費などは無償化の対象外です。

請求書等の提出先について

持参の場合西宮市役所本庁舎7階78番窓口 保育幼稚園支援課
郵送の場合〒662-8567 西宮六湛寺町10番3号 西宮市役所保育幼稚園支援課 宛て

※郵送にてご提出の方は、料金受取人払郵便をご活用ください。
下記リンクより宛先用紙を印刷して封筒に張り付けることで、切手の貼付が不要となります。

関連リンク

  • 幼児教育・保育の無償化全般に関すること

幼児教育・保育の無償化について

  • 幼児教育・保育の無償化の対象施設に関すること

幼児教育・保育の無償化となる施設について

  • 保育の必要性の認定に関すること

幼児教育・保育の無償化のための認定申請について

  • 預かり保育の無償化に関すること

預かり保育の無償化について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

保育幼稚園支援課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 7階

電話番号:0798-35-3043

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ