このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

食品ロス削減の取り組み

更新日:2019年10月4日

ページ番号:73666417

日本の食品ロスの大きさ

日本国内における年間の食品廃棄量(2016年度)は、食料消費全体の3割にあたる約2,760万トン。このうち、売れ残りや期限を超えた食品、食べ残しなど、本来食べられたはずの、いわゆる「食品ロス」は約643万トンとされています。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(2017年で年間約380万トン)を大きく上回る量です。
また、日本人1人当たりに換算すると、"お茶碗約1杯分の食べ物"が毎日捨てられている計算となります。
日本の食料自給率は現在38%(2017年度)で、大半を輸入に頼っていますが、その一方で、食べられる食料を大量に捨てているという現実があるのです。

ごみ組成

生活系ごみの組成

※生ごみは全体の約26%を占めており、そのうち食品ロスは約22%です。

事業系ごみの組成

※生ごみは全体の約30%を占めており、そのうち食品ロスは約22%です。

リンク先

お問合せ先

美化企画課

西宮市西宮浜3丁目8

電話番号:0798-35-8653

お問合せメールフォーム

gomigen@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ