このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和4年4月から事業系指定ごみ袋制度が始まります

更新日:2021年10月10日

ページ番号:60922344

令和4年4月1日から事業系指定ごみ袋制度がスタートします!!

現在、地球温暖化海洋プラスチック等の地球環境を脅かす環境問題深刻化が進んでおり、環境負荷の低減や、持続可能な循環型社会への転換をさらに進めていくことが強く求められています。
本市では、事業者の皆さまのご協力のもと、ごみの適正処理及び3Rを推進するために様々な施策に取り組んできたところでありますが、ごみ排出量は減少しておらず、全国や県の平均を上回っている状況にあります。
本市では、定期的に、事業所から排出される「可燃ごみ」の組成分析調査を実施していますが、可燃ごみの中には、分別して排出すれば資源化が可能な「古紙類」や産業廃棄物である「廃プラスチックの梱包材などが多数混入していることが判明しており、分別排出が十分に徹底されているとはいえない状況が続いています。
このようなことから、分別排出の徹底及び再資源化を推進するにあたり、一定の効果が得られる有効策の一つである指定袋制度令和4年4月1日より導入することとしました。

指定袋制度とは

・指定袋制度とは、ごみ袋の色や透明度、材質、表示などの規格を市が指定し、事業者の皆様が事業系一般廃棄物を市の施設で処分する場合は、必ず、指定された袋を使用していただく制度のことです。
・今回、本市が導入する指定袋制度は、ごみ袋の価格にごみ処理にかかる費用を上乗せする「有料指定袋制度」ではなく、袋価格にごみ処理料金を上乗せせず、本市が定めた規格に合う袋製造事業者等の袋を認定し、自由に販売していただく「単純指定袋制度」です。

リンク

生活系指定ごみ袋制度について

指定袋制度の導入目的

・分別区分に応じたごみ袋を指定し、ごみの排出方法や分別区分を分かりやすくすることにより、ごみの減量化及び再資源化の推進を図ります。
・ごみの減量及び再資源化を進めることにより、最終処分場の延命化が図れるほか、ごみ収集運搬車両の減少や、ごみ処理施設の更新時にはより規模の小さい施設の整備が可能になるなど、将来的なごみ処理経費の削減に繋がります。
・現在、各事業者の皆様から排出された「可燃ごみ」の中には、「紙ごみ」や「廃プラスチック」等の資源化が可能なものが多数混入している状況であることから、指定袋制度の導入をきっかけとし、適正な分別排出の徹底を図ります。
・本市専用の指定袋を導入し、かつ「生活系用ごみ袋」と「事業系用ごみ袋」を明確に区別することにより、生活系のごみステーションとの区別を図り適正排出を推進します。
・中身が見えやすい袋を使用していただくことにより、収集作業時における安全確保と効率化を図ります。

対象となる種別

事業系一般廃棄物の「可燃ごみ」1種類のみ

指定ごみ袋の形や大きさについて

事業系ごみ指定袋の形状については、一般的に広く使用されている「平袋」を指定しています。
容量は、90リットル45リットルの2種類あります。

指定ごみ袋への記名について

事業系ごみ指定袋へは、「西宮市廃棄物の処理及び清掃に関する条例」に基づき、ごみ袋に排出事業者名等を記載することが義務づけられています。
記載方法は、事業所名記載欄へ大きく、確認できるように記載してください。
(記入例:「○○会社○○店」「○○会社○○営業所」「○○商会」)
記名が確認できない指定ごみ袋や記名のない指定ごみ袋は市の施設では処分できませんのでご注意ください。

指定ごみ袋の販売について

現在販売されているごみ袋と同じように、ホームセンターなどで販売される予定です。
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。西宮市指定ごみ袋製造等承認事業者一覧(PDF:216KB)

今後の予定

・指定ごみ袋の販売開始は、令和3年12月から令和4年1月頃の予定
・移行期間は、販売開始から令和4年3月末まで
・完全実施は、令和4年4月1日から
移行期間とは、市販のごみ袋と指定ごみ袋のどちらも使用していただくことができる期間です。
※令和4年4月以降は、指定ごみ袋以外で出されたごみは市の施設で処分できません。
※指定ごみ袋を使用されていても、分別ルールが守られていないごみは市の施設で処分できません。

指定ごみ袋制度に関するQ&A

Q1:「指定ごみ袋制度」はどのような制度ですか。

A1:指定ごみ袋制度とは、一般家庭や事業者がごみ出しをする際に、袋の規格や仕様等、市が一定の条件を定めたごみ袋の使用を義務付ける制度のことです。

Q2:もう決定したのか?

A2:令和3年3月市議会にて条例改正が可決され、令和4年4月1日から指定袋制度を導入することが正式に決まりました。

Q3:いつから始まる予定なのか?

A3:令和4年4月1日からです。

Q4:事業者向け説明会は開催しないのか?

A4:商工会など各団体からの要望に応じて、説明会を検討します。ただし、開催については新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえて随時市のホームページ等で情報をお知らせします。

Q5:有料指定袋制度の導入は反対だ。

A5:指定袋制度には、市が指定するデザインにて作成された袋を用い、袋代にごみ処理手数料を上乗せする有料指定袋、市が指定するデザインにて作成された袋を用いるが、袋代にごみ処理手数料は含めない単純指定袋、市販のごみ袋で構わないが使用できる色を制限する色指定袋の3つの手法があります。3つの手法のうち、最も減量効果が高いのは有料指定袋ですが、事業者の皆様の費用負担が最も大きくなることから、袋代にごみ処理手数料は含めない単純指定袋を採用しました。

Q6:指定袋の値段はいくらになるのか?

A6:指定袋は、市が直接、製造・販売するわけではなく、市販のごみ袋と同様、各小売業者が仕入れ値に利益を乗せた金額で販売価格を設定して販売しますので、販売店によって異なります。

Q7:買い溜めしているごみ袋はどうしたらよいのか?

A7:指定袋制度の導入は、1年後の令和4年4月1日からであり、いきなり始まる訳ではありません。もし、各事業所で買い置きのごみ袋がある場合は、制度がスタートするまでにお使いいただくようお願いします。

Q8:指定袋を使わずにごみを出した場合は市の施設で処分してもらえないのか?

A8:指定袋制度の導入開始後に指定袋を使わずに出されたごみは市の施設で処分できかねます。

Q9:指定袋を使っていても、正しく分別されていない場合はどうなるのか?

A9:指定袋を使用されていても、適切な分別がなされていない場合は市の施設で処分することができません。

啓発チラシ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

施設管理課

西宮市西宮浜3丁目8 西部総合処理センター

電話番号:0798-22-6601

お問合せメールフォーム

seibusen@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ