このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

障害のある人の日常生活・社会活動の充実

更新日:2019年10月9日

ページ番号:79880129

手話通訳者設置(障害福祉課)

障害福祉課の窓口に手話通訳者を配置し、意思疎通の支援を行い、聴覚言語障害のある人に市役所内での情報保障を行っています。

市政ニュースの発行

点字市政ニュース

点字を読める視覚障害のある人に、市政ニュース及び議会だよりを点訳編集し、送付しています。
【窓口】
障害福祉課(電話:35-3174)

声の市政ニュース

点字を読めない視覚障害のある人に、市政ニュース及び議会だよりをカセットテープ又はCD-ROM(デイジー版)に、宮っ子をカセットテープに録音し、送付しています。※ただし、点字市政ニュース利用者は除きます。
【窓口】
障害福祉課(電話:35-3174)

点字について

点字図書・録音図書の製作と貸出

視覚障害のある人に点字図書及び録音図書の製作・貸出を行っています。
【窓口】
西宮市総合福祉センター 視覚障害者図書館(電話:34-5554 ファックス:34-4124)
兵庫県点字図書館(〒651-0062 神戸市中央区坂口通2丁目1-1 電話:078-221-4400)

点字タックシールの貼付

市役所から視覚障害のある人に送付する文書の封筒に発信課名と電話番号の「点字タックシール」を貼付します(事前登録必要)。
【窓口】
障害福祉課(電話:35-3174)

中途失明者点字等講習

中途失明者を対象に点字・点字タイプライター・歩行訓練の講習を行っています。
【窓口】
西宮市視覚障害者福祉協会(電話:71-4333 原方)

対面朗読サービス

視覚障害のある人に図書の対面朗読を行なっています。
【窓口】
中央図書館(電話:33-0189)
北口図書館(電話:69-3151)
鳴尾図書館(電話:45-5003)
西宮市総合福祉センター 視覚障害者図書館(電話:34-5554 ファックス:34-4124)

各種ボランティア養成

点訳・音訳ボランティア養成

視覚障害のある人の福祉増進に協力して頂く点訳・音訳ボランティアを養成しています。
【窓口】
西宮市総合福祉センター 視覚障害者図書館(電話:34-5554・ファックス:34-4124)

手話ボランティア養成

手話啓発講座を開催し、ボランティアを養成しています。
【窓口】
西宮市社会福祉協議会ボランティアセンター(電話:23-1142・ファックス:23-3910)

要約筆記ボランティア養成

「聞こえ」の啓発講座を開催し、ボランティアを養成しています。
【窓口】
西宮市社会福祉協議会ボランティアセンター(電話:23-1142・ファックス:23-3910)

中途失聴者読話等訓練

中途失聴者及び難聴者に対し、唇を読み取ることにより相手の話を理解する読話や難聴者向け手話の基礎の講習を行います。
【窓口】
障害福祉課(電話:35-3291)

乳幼児の療育相談・訓練

ことばが話せない、話せるけど発音がよくない、コミュニケーションがとりにくい、不器用など就学前からのことばや発達上の様々な問題について相談・指導や個別での訓練をしています。
【窓口】
ひょうご子どもと家庭福祉財団・子ども発達支援センター・こうべ
(〒650-0004 神戸市中央区中山手通5-1-1 電話:078-382-0294・メール:kodomo@mtj.biglobe.ne.jp)

にこやか収集

ごみステーションまでのごみ出しが困難な高齢者や身体に障害がある人などを対象に、玄関先まで出向いてごみの収集を行うサービスです。
※粗大ごみ・片づけごみは対象外です。
〔対象者〕

  1. 高齢者
    概ね65歳以上のひとり暮らしの人、身体の状態が介護保険認定における要介護2程度の人、介護保険のホームヘルプサービスを利用している人、ご近所、親類等による協力が得られない人
  2. 障害のある人
    ひとり暮らしの人、身体障害者(難病患者を含む)、知的障害者、精神障害者に対する支援制度でホームヘルプサービスを利用している人、ご近所、親類等による協力が得られない人

〔申請方法〕
電話又はファックスでの申し込みの後、担当職員が自宅を訪問面談し可否決定します。
〔収集方法〕
定められた日に、玄関先で行います。(住戸内には立ち入りません)
【窓口】
環境事業部
美化第1課(電話:33-4758・ファックス:33-1290)
美化第2課(電話:41-6265・ファックス:41-7608)

福祉作品コンクール

「福祉のまちづくり」をめざして、子供のときから「福祉の心」を育て、福祉についての市民意識を高めるために作品を募集し、優れた作品を展示します。
【窓口】
障害福祉課(電話:35-3147)

障害者作品展

障害のある人の自己実現と社会参加を進めるため、障害のある人たちの作品を募集し展示します。
【窓口】
障害福祉課(電話:35-3147)

身体障害者スポーツ大会

運動競技を通じ、体力の維持、増強、残存能力の向上を図り、明るい日常生活に寄与することを目的として開催されます。県スポーツ協会主催、市身体障害者連合会主催各年1回、開催しています。

自転車等放置禁止除外指定車証の交付

やむを得ない理由で一時的に放置禁止区域内に自転車を駐車する人に、「自転車等放置禁止除外指定車証」を交付しますので自転車後部の見やすい位置に貼り付けて下さい(原動機付自転車は対象となりません。また、長時間の駐車や著しく交通の妨げとなる場合には、撤去の対象となることがあります。)なお、自転車駐車場の定期契約には減免制度がありますので、ご利用下さい。
〔対象者〕
自転車を自ら使用し、身体障害者手帳又は療育手帳を持っている人で、市長が特に必要があると認めた人
〔必要書類〕
身体障害者手帳又は療育手帳
【窓口】
障害福祉課(電話:35-3194)

聴覚障害者相談及び字幕付ビデオライブラリー

ろうあ者、中途失聴・難聴者の相談に応じています。移動相談もあります。

聴覚障害(手帳の有無を問わず)がある人や聴覚関連施設などに字幕を挿入した映像作品の貸出をしています。登録が必要。利用条件あり。
【窓口】
兵庫県立聴覚障害者情報センター 〒657-0832 神戸市灘区岸地通1丁目1-1 灘区民ホール 2階
(電話:078-805-4175・ファックス:078-805-4192)
開館時間…午前9時~午後6時(休館日:日曜日・月曜日・祝日・年末年始)

点訳絵本・CDの郵送貸出サービス

視覚障害のある人へ、ご希望の点訳絵本やCDを郵送により貸し出しします。希望者には図書館司書が読書相談をします。点訳絵本以外の本の貸し出しについては「図書・CDの宅配サービス」をご覧ください。
〔対象者〕
阪神7市1町に在住及び、市内に在勤・在学している人で、視覚障害の障害者手帳を持っている人
〔利用内容〕
原則、週1回の郵送で、点訳絵本は15冊、CDは2点まで 貸出期間は1ヶ月
〔送料〕
無料
【窓口】
中央図書館(電話:33-0189)

図書・CDの宅配サービス

高齢や障害により図書館への来館が困難な人へ、宅配による貸出サービスを行います。希望者には図書館司書が読書相談をします。
〔対象者〕
障害者手帳を持っている人、又は満65歳以上で要介護2以上の人
※ いずれも西宮市在住で図書館への来館が困難な人
〔利用内容〕
原則、月1回の宅配で、本は15冊、CDは2点まで 貸出期間は1ヶ月
〔送料〕
貸出時は無料・返却時は本人負担
【窓口】
中央図書館(電話:33-0189)
北口図書館(電話:69-3151)
鳴尾図書館(電話:45-5003)
北部図書館(電話:0797-61-1706)

百雀会(障害者読書交流会)

障害者の方を対象にした読書交流会です。毎回1冊の本をとりあげ、その一部を朗読し、それについての会話を楽しみます。開催日時、会場などの詳細はお問い合わせください。
【窓口】
中央図書館(電話:33-0189)

製造たばこの小売販売業の許可

身体障害者が、たばこの小売販売業の許可を申請した場合において、たばこ事業法第23条各号の規定に該当しないときは、財務大臣(近畿財務局長)は、当該身体障害者に当該許可を与えるように努めなければならないことになっています(身体障害者福祉法第24条第1項)。
【手続方法】
所定の申請用紙に、身体障害者手帳の写し・身分証明書・住民票又は外国人登録済証明書・後見登記等(登記されていないことの証明書)等の添付書類が必要です。
【問合せ先】
財務省近畿財務局(〒540-8550 大阪市中央区大手前4-1-76(電話:06-6949-6368)

こころのケア相談

ストレス、不眠など心の悩みやひきこもりについて、臨床心理士等が電話相談・面接相談を受け付けています。面接相談は予約制です。
【相談日時】
月曜~金曜日
受付時間:午前9時00分~午前11時30分、午後1時~午後4時30分
【窓口】
保健所健康増進課 こころのケア相談専用電話(電話:35-5066)

精神保健福祉相談

精神科医による相談

面談による相談に応じています。予約制。
【予約窓口】
保健所 健康増進課(電話:26-3160)
【実施場所】
保健所 毎月
中央保健福祉センター 奇数月
鳴尾保健福祉センター 毎月
北口保健福祉センター 毎月
塩瀬保健福祉センター 4,8,12月
山口保健福祉センター 6,10,2月

保健師による相談

電話、面接による相談に応じています。
【相談日時】
月曜~金曜日 9時~12時、13時~17時30分
【窓口】
保健所健康増進課(電話:26-3160)
中央保健福祉センター(電話:35-3310)
鳴尾保健福祉センター(電話:42-6630)
北口保健福祉センター(電話:64-5097)
塩瀬保健福祉センター(電話:0797-61-1766)
山口保健福祉センター(電話:078-904-3160)

保健所家族教室

精神障害者の安定した療養生活や社会復帰を支えるため、その家族が病気や対応・社会的制度等についての理解を深め、家族自身が安定し、対処能力を回復向上できるよう、概ね毎月保健所家族教室(学習会、交流会)を開催しています。
【問合せ先】
保健所健康増進課(電話:26-3160)

難病患者・家族交流会

難病患者とそのご家族を対象に、交流会や勉強会を行っています。
【問合せ先】
保健所 健康増進課(電話:26-3669)

郵便等投票証明書の交付

一定の障害のある人は、選挙が行われるとき自宅など居住する場所で投票用紙に記載する「郵便等による不在者投票制度」を利用できます。この場合は、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けてください。
【対象者】
次のいずれかに該当する人
1.両下肢・体幹・移動機能の障害の程度が1級又は2級(戦傷病者については、両下肢・体幹の障害が特別項症から第2項症まで)
2.心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障害の程度が1級又は3級(戦傷病者については特別項症から第3項症まで)
3.免疫・肝臓の障害の程度が1級から3級まで
4.介護保険法の要介護状態区分が要介護5
【手続方法】
所定の交付申請書・身体障害者手帳(戦傷病者手帳)又は介護保険被保険者証が必要
【代理記載制度】
上記対象者のうち、身体障害者手帳に上肢又は視覚の障害の程度が、1級(戦傷病者手帳は特別項症から第2項症)と記載されている人で、自ら投票の記載をすることができない人は、あらかじめ選挙管理委員会に届け出た者(選挙権のある人)に投票に関する記載をしてもらうことができます。
【問合せ先】
西宮市選挙管理委員会(電話:35-3732)

西宮の福祉にあなたの善意を[福祉基金へのご寄附]

西宮市では、誰もが住みやすい福祉のまちづくり向上に役立てるため、2つの福祉基金を設置しております。あなたの善意をお寄せください。

  • 「青い鳥」福祉基金

障害のある人や子ども、高齢者など幅広い世代の福祉を充実するための基金です。市民の皆さまの寄附金を「青い鳥」福祉基金として積み立てることで、心身障害者扶養共済制度(県の制度)に対する市独自の追加支給や老人ホームや児童施設で使う備品の購入等を通じ、市民福祉の向上を図っております。

  • 長寿ふれあい基金

高齢者の福祉を充実するための基金です。市民の皆さまの寄附金を積み立てることで、高齢者の社会参加を支援(電車等の割引購入証の交付)し、健康の保持等を増進することにより市民福祉の向上を図っております。
【窓口】
福祉総務課(電話:35-3482)

お問合せ先

障害福祉課

西宮市六湛寺町10番3号西宮市役所本庁1階

電話番号:0798-35-3291

ファックス:0798-35-5300

お問合せメールフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ