このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

障害のある人の在宅(外出)支援

更新日:2018年9月7日

ページ番号:20756766

障害者福祉タクシーの派遣

電車・バス等の通常交通機関の利用が困難な在宅の重度障害の人に福祉タクシー又はリフト付自動車を派遣します。

【対象者】

視覚障害 1・2級第1種
肢体不自由上肢不自由1級第1種
肢体不自由下肢不自由
体幹不自由
1・2級第1種
肢体不自由運動機能障害(上肢不自由)1級第1種
肢体不自由運動機能障害(移動機能障害)1・2級第1種
内部障害心臓・腎臓・呼吸器1級第1種
内部障害ぼうこう・直腸・小腸・肝臓1級第1種
知的障害 A第1種
精神障害 1級 

※在宅の人のみが対象となります。
※原則として介助者が添乗することができる人。

【枚数】

年度につき48枚以内(利用券の枚数は、1ヶ月あたり4枚とし、登録月分から当該年度分をまとめてお渡しします。ただし、登録月の枚数は日数割となります。)

【必要書類】

障害者手帳、印鑑

【窓口】

障害福祉課(電話:35-3757)
※65歳以上で要介護4または5の人…高齢福祉課(電話:35-3199)

【内容】

福祉タクシーの派遣利用にあたっては、初乗制か予約制のどちらか一方を選択して頂く必要があります。

(1)初乗制

障害者割引後タクシー料金のうち、初乗料金分を市が助成します。
<助成額>障害者割引が適用される場合…最高610円までの初乗料金
障害者割引が適用されない場合…最高680円までの初乗料金
<利用目的>制限なし

(2)予約制

タクシー料金(障害者割引が適用される場合は、割引後の料金)のうち、助成上限額までの9割を市が助成します。
<助成額>南部…最高2,000円、北部…最高4,000円
<利用目的>医療機関・公共の建物・銀行への移動等に限る
<予約受付>利用日の14日前から前日までの間
<利用区域>
1 普通タクシー
 西宮市内は往復利用可
 西宮市外に行く場合は往路のみ利用可
 (南部)尼崎市、芦屋市、宝塚市から自宅に帰る場合は復路も可
 (北部)神戸市北区、宝塚市、三田市から自宅に帰る場合は復路も可
2 リフト付タクシー
 西宮市内から、西宮市、大阪市、神戸市、尼崎市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、
 川西市、三田市、猪名川町への往復に利用可
 ※ただし、市外からの片道利用、市外から市外の利用は不可
<利用時間>
 普通タクシー…365日、7時~24時
 リフトつきタクシー…365日、時間帯は各会社に要確認

在宅重度身体障害者自動車ガソリン費用助成

在宅の重度身体障害者が、日常生活を行うための自動車の運行に伴うガソリン費用の一部を助成します。

【対象者】

肢体不自由下肢不自由・体幹不自由1・2級第1種
内部障害心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓1級 

※ただし、自動車(普通自動車、自動二輪車、原動機付自転車)を所有する人又は運転する人に限ります。また、福祉タクシー利用者は除きます。

【内容】

  • 普通自動車、軽自動車…月額1,000円
  • 自動二輪車、原動機付自転車…月額500円

※4月と10月に半年分が支給されます。

【手続方法】

身体障害者手帳(原本)、運転免許証(原本)、車検証等(原本)、印鑑

【窓口】

障害福祉課(電話:35-3757)

身体障害者自動車運転免許取得費助成

身体障害者の就労と行動範囲の拡大等により生活の向上を図るため、自動車の運転免許を取得するために要した費用の一部を助成します。

【内容】

助成額:免許取得に直接要した経費の3分の2以内
限度額:本人100,000円

【対象者】

  • 西宮市に1年以上居住している人
  • 身体障害者手帳を持っていて自ら自動車を運転する人(本人)
  • 指定自動車教習所で技能を習得した運転免許取得者
  • 運転免許取得に要した経費を自己負担した人
  • 過去において、この制度による助成を受けていない人

※運転免許取得後1ヵ月以内に助成手続を行うこと。

【必要書類】

印鑑、身体障害者手帳、運転免許証、自動車教習所が発行した領収書(本人氏名のもの)

【窓口】

障害福祉課(電話:35-3757)

自動車改造費の助成

身体障害者の社会参加を容易にするため、自動車を取得し、その自動車を改造する必要がある場合、その改造費を助成します。

【内容】

操向装置及び駆動装置等の改造に要する費用
助成限度額100,000円

【対象者】

次の1と2の両方を満たす人
1.社会参加をするため、自ら所有し、運転する自動車の改造が必要な人
2.上肢・下肢又は体幹機能障害を理由とする身体障害者手帳を持っている人で、一定の所得金額以下の世帯に属する人(本人、配偶者、扶養義務者)
※改造を行う前に事前の申請が必要です。

【手続方法】

印鑑、身体障害者手帳、運転免許証、車検証、見積書、改造の箇所を明示した書類(取扱説明書)、所得証明(課税証明書等)、領収書

【窓口】

障害福祉課(電話:35-3757)

駐車禁止除外指定車標章交付申請

道路標識や道路標示により駐車を禁止している場所(道路の左側、駐車場の出入口、消火栓付近など道路交通法あらかじめ駐車が禁止されている場所を除きます)に駐車することができる「駐車禁止除外指定車標章」を、申請することができます。

【申請することができる人】

次のいずれかに該当する人

  • 視覚・下肢・移動・心臓・じん臓・呼吸器・小腸・免疫の機能障害の各々の1~4級、上肢機能障害の1級及び2級(ただし、2級にあっては両上肢の機能の著しい障害又は両上肢のすべての指を欠く障害に限る)、聴覚障害の2級及び3級、平衡機能障害の3級、体幹・ぼうこう・直腸・肝臓の機能障害の各々の1~3級の身体障害者手帳を持っている人
  • 乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害の上肢機能障害の1級及び2級(ただし、一上肢のみに運動機能障害がある場合を除く)、移動機能障害の1~4級の身体障害者手帳を持っている人
  • 「A」判定の療育手帳を持っている人(兵庫県又は神戸市発行の療育手帳に限る)
  • 1級の精神障害者保健福祉手帳を持っている人(有効期限内のものに限る)
  • 色素性乾皮症患者の診断を受けた人

※平成19年7月1日から「駐車禁止除外指定車標章」の交付申請が身体障害者本人又は介護者が使用する「車両」から「障害者本人」に変更になっています。

【申請に必要な書類等】

  • 申請書(各警察署窓口にて準備しております。)
  • 身体障害者手帳等
  • 身体障害者手帳等の写し

 (写しは、氏名、障害名と等級、住所等が判明する部分)

  • 住民票(6か月以内のもの・コピー不可)
  • 印鑑
  • 今までに交付を受けたことがある人は今お持ちの標章

【窓口】

西宮警察署 電話:33-0110
甲子園警察署 電話:41-0110
 ※県内の各警察署又は警察本部(交通規制課)でも申請できます。
 交付までおおむね14日かかります。(土曜、日曜、祝日は日数に数えません)

兵庫ゆずりあい駐車場制度

障害のある人などのための駐車スペースを適正にご利用いただくため、兵庫県が県内共通の利用証を交付する制度です。
※「駐車禁止除外指定者標章」(公安委員会発行)は利用証として使用できます。

【対象となる駐車施設】

公共施設やショッピングセンター、病院など「兵庫ゆずりあい駐車場」の案内表示がある駐車区画。対象施設は、兵庫県のホームページで閲覧可能です。

【対象者】

下表の交付要件に該当し、歩行が困難な人

(1)身体障害者(確認書類は身体障害者手帳)
交付対象者基準(身体障害者手帳各障害等級の障害程度)
視覚障害1・2・3・4級
聴覚障害2・3級
平衡機能障害3・5級
肢体不自由(上肢)1・2級
肢体不自由(下肢)1・2・3・4・5・6級
肢体不自由(体幹)1・2・3・5級
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害(上肢機能)1・2級
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害(移動機能)1・2・3・4・5・6級
心臓機能障害、腎臓機能障害、呼吸器機能障害、ぼうこう又は直腸の機能障害、小腸機能障害1・3・4級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害、肝臓機能障害1・2・3・4級

(1)以外の方
交付対象者基準確認書類
(2)知的障害者障害程度がA療育手帳
(3)精神障害者障害等級が1級精神障害者保健福祉手帳
(4)難病患者特定医療費(指定難病)受給者特定医療費(指定難病)受給者証
(4)難病患者特定疾患医療受給者特定疾患医療受給者証
(4)難病患者小児慢性特定疾病医療受給者小児慢性特定疾病医療受給者証
(5)高齢者等要介護1以上介護保険被保険者証
(6)妊産婦母子手帳取得時から出産後1年未満母子健康手帳
(7)傷病人けが・病気により一時的に移動の配慮が必要な人医師の診断書・意見書等(「歩行が困難である」ことの記載必要)、身分証明書(運転免許証、保険証等)
(8)その他歩行が困難な人知事が特別に認める人※県障害者支援課にお問い合わせ下さい

【必要書類】

申請書、障害者手帳など歩行が困難なことが確認できる書類(原本)、代理人の身分証明書(代理申請の場合)

【交付申請窓口】(交付対象者ごとに窓口が設けられております。)

(1)(2)(3)障害福祉課(電話:35-3194 ・35-3757 ・35-3174)
(4)保健所 健康増進課 難病等疾病対策チーム(電話:26-3669)
(5)高齢福祉課(電話:35-3133)
(6)地域保健課 中央保健福祉センター(電話:35-3310)
 鳴尾保健福祉センター(電話:42-6630)
 北口保健福祉センター(電話:64-5097)
 塩瀬保健福祉センター(電話:0797-61-1766)
 山口保健福祉センター(電話:078-904-3160)
 市役所 こども支援案内窓口
(7)(8)兵庫県健康福祉部障害者支援課(神戸市中央区下山手通5ー10ー1 電話:078-362-4379 FAX078-362-9040)

下記の交付窓口でも利用証の交付を行っています。
兵庫県健康福祉部障害者支援課(神戸市中央区下山手通5ー10ー1 電話:078-362-4379)
兵庫県芦屋健康福祉事務所 監査・福祉課(芦屋市公光町1ー23 電話:0797-32-0707)
兵庫県宝塚総合庁舎(宝塚健康福祉事務所 福祉課)(宝塚市旭町2ー4ー15 電話:0797-83-3142)
※その他の兵庫県健康福祉事務所についてはお問い合わせ下さい。

自転車等放置禁止除外指定車証の交付

やむを得ない理由で一時的に放置禁止区域内に自転車を駐車するときは、「自転車等放置禁止除外指定車証」を交付しますので自転車後部の見やすい位置に貼り付けて下さい。(原動機付自動車は対象となりません。また、長時間の駐車や著しく交通の妨げとなる場合には、撤去の対象となることがあります。)
なお、自転車駐車場の定期契約には減免制度がありますので、ご利用下さい。

【対象者】

自転車を自ら使用し、身体障害者手帳又は療育手帳を持っている人

【手続方法】

身体障害者手帳又は療育手帳

【窓口】

市役所障害福祉課(電話:0798-35-3194)

住宅改造費助成

障害のある人が住み慣れた住宅で安心して自立した生活を送ることができるよう、既存住宅の改造に要する経費を100万円を限度(改造箇所ごとに上限額有り)として助成します。(原則として、公営住宅や新築・中古を問わず住宅購入時は除きます。なお、重度身体障害者については、日常生活用具給付等事業の住宅改修と合わせて100万円を限度とします。)
ただし、所得制限及び一部負担金があり、所得により助成率も異なります。また、原則として介護保険対象者は除きます。

【対象世帯】

次の1と2の両方を満たす人
1.身体障害者手帳又は療育手帳を持っている人がいる世帯
2.生計中心者が給与収入のみの人で前年分給与収入金額が8,000,000円以下の世帯又は生計中心者が給与収入のみ以外の人で、前年分の所得金額が6,000,000円以下の世帯

【対象工事】

障害内容に対応した居宅内の浴室・洗面所、便所、玄関、廊下・階段、居室、台所の住宅改修工事で、住まいの住宅改造相談員等が必要と認めた工事(新築又は既存住宅の購入時及び維持補修工事を除く、また手帳内容や心身の状況により助成対象とならない工事がありますので、事前にご相談ください。)

【補助回数】

世帯で原則として1回

【窓口】

生活支援課(電話:35-3157 ・35-3130 ・35-3923)

にこやか収集

自宅からごみステーションまで自らごみを持ち出すことが困難で、ごみ出しの協力が得られないひとり暮らしの障害のある人に対して玄関先までごみの収集に伺います(住戸内には立ち入りません)。電話またはFAXでの申し込みの後、担当職員がご自宅を訪問し面談を行い、可否決定します。
※粗大ごみは対象外です。

【対象者】

高齢者(概ね65歳以上で介護保険認定における要介護2程度)及び障害のある人でホームヘルプサービス利用者

【手続方法】

電話・FAXによる

【窓口】

美化第1課(電話:33-4758・FAX33-1290)
美化第2課(電話:41-6265・FAX41-7608)

お問合せ先

障害福祉課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 1階

電話番号:0798-35-3194

ファックス:0798-35-5300

お問合せメールフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ