このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

貝毒の発生について

更新日:2017年3月25日

ページ番号:15543310

 貝毒が発生している海域では、潮干狩りや海水浴などでアサリ、ムラサキイガイ及びカキなどの二枚貝を採取して食べないで下さい。貝毒は熱に強く、家庭での加熱調理では分解されません。
 発生海域および、その周辺状況については、下記ホームページをご確認下さい。

貝毒とは

 二枚貝が一部の有毒プランクトンを食べることで、貝自体が毒素を蓄積します。それを人間が食べることで食中毒を起こすことがあります。
※プランクトンをえさとする二枚貝にのみ起こるため、二枚貝以外の貝類(アワビ・サザエ)や、魚類は食用としても問題ありません。

※一度毒化した貝でも、海水中の有毒プランクトンが減少することにより無毒となります。

症状について

症状により麻痺性貝毒と下痢性貝毒に分けられます。

  • 麻痺性貝毒
    食後30分で舌、唇などがしびれ、重症の場合、体が思うように動かなくなります。最悪の場合には、12時間以内に呼吸困難などで死亡に至る場合がありますが、12時間を越えれば回復に向かいます。
  • 下痢性貝毒
    食後30分から4時間で下痢、腹痛、嘔吐などの症状がでますが、3日以内には回復します。

リンク

お問合せ先

食品衛生課

西宮市江上町3-26 保健所 2階

電話番号:0798-26-3668

ファックス:0798-33-1174

お問合せメールフォーム

syokuei@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ