このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

障害を理由とする差別の解消について

更新日:2020年9月1日

ページ番号:93026819

西宮市障害を理由とする差別の解消及び誰もが暮らしやすいまちづくりの推進に関する条例」が施行されます

 西宮市では、障害を理由とする差別を解消し、誰もが暮らしやすいまちづくりを推進するための条例が令和2年(2020年)7月より施行されます。
 この条例では、障害に対する理解を促進し、障害の有無にかかわらずお互いに人格と個性を尊重し合うことで、誰もが暮らしやすい西宮市をつくることを目的としています。
 

西宮市長からの手話メッセージ

西宮市長からの手話メッセージ外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。


西宮市長からの手話メッセージ ~「障害を理由とする差別の解消及び誰もが暮らしやすいまちづくりの推進に関する条例」の施行について~(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
 

条例の概要について

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【解説】西宮市障害を理由とする差別の解消及び誰もが暮らしやすいまちづくりの推進に関する条例について(PDF:744KB)
 
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【パンフレット】西宮市障害を理由とする差別の解消及び誰もが暮らしやすいまちづくりの推進に関する条例について(PDF:8,559KB)
 
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【わかりやすい版】西宮市障害を理由とする差別の解消及び誰もが暮らしやすいまちづくりの推進に関する条例について(PDF:1,946KB)
 
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【テキスト版】西宮市障害を理由とする差別の解消及び誰もが暮らしやすいまちづくりの推進に関する条例について(テキストファイル:2KB)
 

障害者差別解消(共生社会の実現)に向けた取り組み

1.障害者差別と配慮の事例について

 障害を理由とした差別とはどのようなものか、また、どのような配慮をすれば良いのかを紹介しています。この「障害者差別と配慮の事例集」は西宮市地域自立支援協議会と西宮市で作りました。
 この事例集には、障害のある人やその家族から寄せられた実際にあったことをもとにした事例が載っています。

ダウンロード

 
 また、内閣府のホームページでも合理的配慮の事例が掲載されていますのでご覧ください。

リンク

 

2.合理的配慮の提供支援について

 障害のある人の社会参加を進めるため、事業者が合理的配慮の提供を行うとき、その費用を助成します。
 詳しくは、次のページをご覧ください。
 
 合理的配慮の提供支援に係る助成金事業について
 

3.あいサポート運動について

 様々な障害の特性や障害のある人への必要な配慮を理解し、障害のある人へのちょっとした配慮や手助けができる「あいサポーター」を養成します。「あいサポーター」は、障害当事者や支援者等が講師となり、市民や事業者等に対し、研修を行うことで養成します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、養成講座の開催は現在見合わせております。
 
 「あいサポート運動」協定の締結について
 

4.障害への理解を促進するための動画について

 障害への理解を促進するための動画を作成しました。
 紙芝居「たけしくんがラーメンをすきになったわけ」もこちらからご覧いただけます。

  1. 『障害者差別解消法』(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
  2. 『障害への理解 ~ともに生き ともに支えあう 共生のまち 西宮~』(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

 
 なお、セリフ・ナレーションを掲載しておりますので、文章でもご確認いただけます。

ダウンロード

  1. ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。『障害者差別解消法』セリフ・ナレーション(PDF:1,530KB)
  2. ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。『障害への理解 ~ともに生き ともに支えあう 共生のまち 西宮~』セリフ・ナレーション(PDF:723KB)  

 
 これらの動画はケーブルテレビ11チャンネル「フロムにしのみや」にて放送しました。

リンク

 

5.ヘルプマークの交付について

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方がいます。そうした方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう、「ヘルプマーク」の普及に取り組んでいます。
 その他、障害のある人や配慮が必要な人に関するマークについても紹介しています。
 
 ヘルプマークの交付について
 

障害者差別解消法について

 国では、障害を理由とする差別を解消していくことにより、障害のある人もない人も、分け隔てられることなく、お互いに人格と個性を尊重し合いながら共に生きる社会をつくることを目指し、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が平成28年(2016年)4月1日に施行されました。

 

障害を理由とする差別の禁止

 「不当な差別的取り扱い」や「合理的配慮の不提供」が障害者差別解消法により禁止されます。

 

不当な差別的取り扱いの禁止

 障害を理由として、正当な理由なく、サービスの提供を拒否したり、制限したり、条件を付けたりすることをしてはいけません。

(例)

  • 保護者や介助者が一緒にいないとお店に入れない。
  • (障害があることを理由に)学校の受験や、入学を拒否する。

 

合理的配慮の不提供の禁止

 障害のある人から何らかの配慮を求められた場合には、負担になり過ぎない範囲で、社会的障壁を取り除くために必要で合理的な配慮を行うことが求められます。

(例)

  • 障害のある人から、「自分で書き込むのが難しいので代わりに書いてほしい」と伝えられたとき、代わりに書くことに問題がない書類の場合は、その人の意思を十分に確認しながら代わりに書く。
  • 段差がある場合に、スロープなどを使って補助する。

 

ダウンロード

リンク

 

障害を理由とする差別の解消の推進に関する職員対応要領について

 障害者差別解消法第10条第1項において、地方公共団体の機関等は、同法第7条に定める行政機関等における障害を理由とする差別の禁止に関し、当該機関の職員が適切に対応するために必要な要領を定めるよう努めるものとされています。

 同規定に基づき「障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領」を策定しましたので、同法第10条第3項に基づき公表します。

ダウンロード

 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

障害福祉課

西宮市六湛寺町10番3号西宮市役所本庁1階

電話番号:0798-35-3147

ファックス:0798-35-5300

お問合せメールフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ