このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

障害者差別解消法について

更新日:2018年5月16日

ページ番号:93026819

「障害者差別解消法」が平成28年4月1日に施行されました

 障害を理由とする差別を解消していくことにより、障害のある人もない人も、分け隔てられることなく、お互いに人格と個性を尊重し合いながら共に生きる社会をつくることを目指し、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が平成25年6月26日に公布され、平成28年4月1日に施行されました。

【障害を理由とする差別の禁止】
 「不当な差別的取り扱い」や「合理的配慮の不提供」が障害者差別解消法により禁止されます。

不当な差別的取り扱いの禁止

 障害を理由として、正当な理由なく、サービスの提供を拒否したり、制限したり、条件を付けたりすることをしてはいけません。
(例)

  • 保護者や介助者が一緒にいないとお店に入れない。
  • (障害があることを理由に)学校の受験や、入学を拒否する。

合理的配慮の不提供の禁止

 障害のある方から何らかの配慮を求められた場合には、負担になり過ぎない範囲で、社会的障壁を取り除くために必要で合理的な配慮を行うことが求められます。
(例)

  • 障害のある人から、「自分で書き込むのが難しいので代わりに書いてほしい」と伝えられたとき、代わりに書くことに問題がない書類の場合は、その人の意思を十分に確認しながら代わりに書く。
  • 段差がある場合に、スロープなどを使って補助する。

※民間事業者における合理的配慮の提供は努力義務となります。(国の行政機関・地方公共団体等は法的義務)

ダウンロード

リンク

障害を理由とする差別の解消の推進に関する職員対応要領について

 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)第10条第1項において、地方公共団体の機関等は、同法第7条に定める行政機関等における障害を理由とする差別の禁止に関し、当該機関の職員が適切に対応するために必要な要領を定めるよう努めるものとされています。

 同規定に基づき、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領」を策定しましたので、同法第10条第3項に基づき公表します。

ダウンロード

障害者差別解消(共生社会の実現)に向けた取組

 障害者差別解消(共生社会の実現)に向けて、本市地域自立支援協議会権利擁護委員会(障害者差別解消支援地域協議会)が中心となり、障害者差別体験事例の収集及び分析や広報・啓発用の紙芝居の制作に向けた取組みなどを行っているところですが、このたび当該取組みを受けて本市では障害者差別解消法について紙芝居調で紹介する広報番組を制作し、下記のとおり放送しました。

1.放送日時

 平成28年8月8日(月曜)~14日(日曜)
 各日4回(9時~、14時~、17時45分~、21時45分~) ※15分程度

2.放送局

 ケーブルテレビ11チャンネル

 「フロムにしのみや」はケーブルテレビでの放送期間終了後、番組の一部を「にしのみやインターネットテレビ」で配信しています。 本番組は下記ページより、『市政情報』→『まるごと市政』→『障害者差別解消法』で視聴できます。

 【西宮市HP『にしのみやインターネットテレビ』ページ】
 ※聴覚障害等により、内容が分かりづらい場合は、別添の『まるごと市政「障害者差別解消法」台詞・ナレーション」』をあわせてご覧ください。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

障害福祉課

西宮市六湛寺町10番3号西宮市役所本庁1階

電話番号:0798-35-3147

ファックス:0798-35-5300

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ