このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

微小粒子状物質(PM2.5)の状況について

更新日:2019年12月9日

ページ番号:20364680

リンク

微小粒子状物質(PM2.5)に関する注意喚起情報について

PM2.5の測定結果(速報値)について

  • 現在、市内5箇所で測定を実施しています。
  • 得られたデータは、随時、下記リンク先の『にしのみやのそら(西宮市大気汚染常時監視システム)』にて公表しています。
  • 詳しくは下の≪ホームページ『にしのみやのそら』の概要について≫をご覧下さい。
  • 当ホームページでは、兵庫県や環境省(そらまめ君)のリンク先も掲載しています。

※公表しているデータは確定した値ではないため、参考値としております。

ダウンロード

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ホームページ『にしのみやのそら』の概要について(PDF:598KB)

リンク

にしのみやのそら(西宮市大気汚染常時監視システム)
「にしのみやのそら」トップページリアルタイム時報

西宮市におけるPM2.5の監視体制について

・大気汚染物質の状況を把握するため、市内に大気汚染常時監視測定局を11局設置しています。

・この内、PM2.5の測定局は、次のとおりです。


PM2.5常時監視測定局位置図

測定局写真

※写真は津門川局です。

表 PM2.5常時監視測定局
測定局名設置場所測定開始時期
津門川局津門川町(津門川ポンプ場内)平成23年11月
甲子園局甲子園七番町(国道43号側道沿い)平成24年11月
塩瀬局名塩新町(塩瀬支所)平成25年11月
浜甲子園局浜甲子園2丁目平成26年11月
河原局河原町(中央運動公園内)平成27年11月

最近のPM2.5濃度の状況について

 令和元年10月の市内5ヵ所(津門川局・甲子園局・塩瀬局・浜甲子園局・河原局)におけるPM2.5濃度をみると、環境基準が設定されている1日平均値1立方メートルあたり35μgを超えた日はありませんでした。

表 令和元年10月の結果
測定局名日平均値の
最高値
観測日

【参考値】

1時間値の

最高値

観測日時
津門川局25.9令和元年10月31日42令和元年10月31日 12時
甲子園局24.5令和元年10月31日65令和元年10月7日 15時
塩瀬局21.0令和元年10月31日36

令和元年10月31日 11時

浜甲子園局23.4令和元年10月30日35令和元年10月30日 17時
河原局23.5令和元年10月30日38

令和元年10月30日 17時
令和元年10月31日 12時

※単位は1立方メートルあたりのμgです。
※表中の数値はデータ確定済みのものです。
※1時間値には環境基準が設定されていませんので、あくまで参考値として取り扱います。

表 1日平均値1立方メートルあたり35μgを超過した日数 (令和元年10月)
測定局名日平均値1立方メートルあたり35μgを超過した日数(観測日)
津門川局0日
甲子園局0日
塩瀬局0日
浜甲子園局0日
河原局0日

平成30年度の結果については「西宮の環境(大気編)」をご覧下さい。

リンク

西宮の環境(大気編)

PM2.5の濃度が高い場合の留意事項

  • 現在確認されている数値レベルでは健康な人への影響はないものといわれていますが、ぜんそく等の呼吸器疾患やアレルギー疾患のある方などは、濃度が高い日の外出をできるだけ控えるようにしましょう。
  • 外出時にはマスクの着用、帰宅時にはうがい、洗眼等を行いましょう。
  • 洗濯物は部屋干しするか、屋外に干した場合は、よく払ってから取り込むようにしましょう。

ダウンロード

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。微小粒子状物質(PM2.5)に関するQ&A(環境省作成)(PDF:41KB)

リンク

微小粒子状物質(PM2.5)に関するQ&A(日本エアロゾル学会)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

PM2.5について

PM2.5画像

『PM2.5とは?』

 大気中には、土ぼこり、花粉、黄砂、排気ガス中の粒子などが浮遊しています。そうした粒子の中で、粒径が2.5マイクロメートル(1マイクロメートルは千分の1ミリメートル)以下のものを総称して、「PM2.5」と呼んでいます。
 この大きさは、髪の毛(約70マイクロメートル)や花粉(スギ:約30マイクロメートル)、黄砂(約4~7マイクロメートル)よりも小さな粒子です。PM2.5は粒径が非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器疾患や循環器系疾患の原因になるといわれています。
※画像は東京都のホームページより引用



『PM2.5の発生源』

PM2.5の発生源には「人為由来」(人工的に作り出されるもの)と「自然由来」とがあります。
「人為由来」は、主に工場からのばい煙、自動車からの排気ガスなどが挙げられます。
「自然由来」は、黄砂や火山排出物などが挙げられますが、PM2.5よりも粒子径の大きい物質が多く含まれています。
最近では、黄砂と同じように中国大陸からの汚染物質が偏西風によって日本まで運ばれてくることがあり、問題となっています。

PM2.5の環境基準について

  • 環境省において、平成21年9月9日に「微小粒子状物質による大気の汚染に係る環境基準について」として微小粒子状物質の環境基準(人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準)が告示されました。
  • PM2.5の環境基準は次のとおりです。
    『1年平均値が1立方メートルあたり15μg以下であり、且つ、1日平均値が1立方メートルあたり35μg以下であること』

※大気中のPM2.5の濃度が「環境基準の値」を超えた場合でも、直ちに人の健康に影響が現れるというものではありません。

リンク

西宮の環境(大気編)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

環境保全課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 8階

電話番号:0798-35-3809

お問合せメールフォーム

kankansi@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ