このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成24年度の平和啓発事業

更新日:2020年4月1日

ページ番号:63500040

原爆展の開催

原爆展1 原爆展2

期間:7月18日(水曜)~23日(月曜)
会場:ギャラリーフレンテ、西宮市国際交流協会展示コーナー

広島平和記念資料館の被爆現物資料及び展示パネルや第五福竜丸に関する資料を展示した他、企画展「平和市長会議加盟都市5,000突破記念ポスター展」を実施しました。
また7月22日(日曜)には、西宮市大学交流センター大講義室で、被爆体験講話と親子劇場を実施しました。

平和灯ろう流しの実施

灯ろう流し1 灯ろう流し2

日時:8月4日(土曜)19時~
場所:鳴尾新川

原爆犠牲者ならびに震災犠牲者への追悼と世界の恒久平和を祈念する平和灯ろうの輪が世界に広がることを目的とし、毎年8月の第1土曜日に実施しています。
市内小・中学生に灯ろうの絵の作成をよびかけ、次代を担う子どもたちに平和灯ろうの意義を訴えました。

親子広島バスツアーの開催

親子広島バスツアー1 親子広島バスツアー2

期間:8月5日(日曜)~6日(月曜)

原爆の恐ろしさ、戦争の悲惨さについて学び、平和の大切さを改めて考える機会として親子広島バスツアーを実施しました。
現地では、広島平和記念公園内にある原爆ドーム、原爆の子の像、平和記念資料館を見学したほか、ボランティアの方による被爆体験記の出前朗読会を受講しました。
また、平和を願っている多くの参列者とともに、平和記念式典に参列しました。

終戦記念日に向けての街頭啓発

街頭啓発1 街頭啓発2

8月10日(金曜)実施

市内の駅前(JR西宮名塩駅、阪急西宮北口駅、JR甲子園口駅、阪神西宮駅、JR西宮駅)で、核兵器のない平和な社会の実現を訴え、街頭啓発を実施しました。
平和非核都市マークと標語が印刷されたハンドタオルを通行人に手渡し、平和非核を訴えました。

平和非核都市啓発看板の設置

平和非核都市看板

西宮市では、昭和58年(1983年)12月10日に「平和非核都市」を宣言しました。
基本的人権の尊重をうたった世界人権宣言日である、この12月10日の前後に、市内7箇所(市役所本庁・鳴尾支所・瓦木支所・甲東支所・塩瀬支所・山口支所・西宮北口駅北側円形デッキ)に平和非核都市啓発看板を設置し、市民の方に平和の大切さについて啓発をしました。

リンク

西宮市平和資料館開館10周年記念企画展「市民が寄せた戦争関連遺品から戦争を顧みる」の開催

企画展1 企画展2

期間:12月11日(火曜)~16日(日曜)
会場:北口ギャラリー第3展示室

平成14年に開館した西宮市平和資料館が開館10周年を迎えるのを記念して、企画展「市民が寄せた戦争関連遺品から戦争を顧みる」を開催しました。平和資料館所蔵の資料を展示したほか、舞鶴引揚記念館より借用した資料やパネルも展示しました。

西宮市平和資料館開館10周年記念平和のつどいの開催

平和のつどい1 平和のつどい2

日時:12月16日(日曜)14時~
場所:西宮市大学交流センター大講義室

平和の尊さ、大切さについて啓発する機会として、平成10年度より「平和のつどい」を開催しています。
平成24年度は、西宮市平和資料館開館10周年記念と位置づけ、講師に戦場ジャーナリスト故橋田信介氏の妻で橋田メモリアル・モハマドくん基金100人委員会代表の橋田幸子さんをお招きし、「約束~戦場ジャーナリスト・橋田信介と見るイラク~」をテーマに講演していただきました。

リンク

お問合せ先

人権平和推進課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 3階

電話番号:0798-35-3473

ファックス:0798-36-1981

お問合せメールフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ