このページの先頭です

西宮市骨粗しょう症検診

更新日:2023年10月4日

ページ番号:83774748

骨粗しょう症とは、骨量(骨密度)が減少し、骨折しやすくなる病気です。
女性に多い病気で、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌の減少が影響しているといわれています。
女性は30代後半から40代半ばで閉経に向けて心身の変化が生じはじめます。その時期にご自身の骨量を知っておくことで、骨量の減少を早期に発見し、予防することができます。
また、骨量は年齢とともに減少していきますので、定期的に検診を受けて骨量の変化を把握しましょう。

対象

30歳以上(1年度に1回)の女性

検診内容

かかとの骨密度超音波測定

料金(自己負担額)

集団検診:900円
※検診費用の免除について
市県民税非課税世帯・生活保護受給中の人は、事前の申請により、自己負担額が無料になります。
受診日の 2週間前までに健康増進課(0798-35-3127)までご連絡ください。
受診後に、自己負担額の返金等はできませんのでご注意ください。

受診方法

集団検診でのみ実施しています。直接電話で各検診会場に予約してください。

集団検診会場(要予約)

会場

住所

予約先

北口保健福祉センター検診施設
(概ね水曜・木曜午後)

北口町1-1
(「ACTA西宮」西館5F)

0798-61-7133
web予約もあります。(外部サイト)新規ウインドウで開きます。外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

山口保健福祉センター
(3回/年)

山口町下山口4-1-8
(山口センター2F)

※予約受付時間や実施予定日を
西宮市の「けんしん」のご案内にて
ご確認の上、ご予約をお願いいたします。

塩瀬公民館
(3回/年)

名塩新町1
(塩瀬センター3F)


検診の結果で「精密検査が必要」と判定されたら

西宮市骨粗しょう症検診は超音波で骨量測定をしています。検診の結果、精密検査が必要と判定された方は、医療機関でさらに詳しい検査(骨量測定 DXA法等)が必要です。自覚症状の有無に関わらず、早めに専門の医療機関を受診しましょう。
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【参考】骨量測定(DXA法)を実施している医療機関(PDF:287KB)

西宮市が実施するその他の検診

検診の種類・対象年齢・費用については、 西宮市の「けんしん」のご案内をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)

お問い合わせ先

健康増進課

西宮市池田町8-11 池田庁舎2階

電話番号:0798-35-3127

本文ここまで