このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

文化振興課の業務について

更新日:2019年8月2日

ページ番号:35617547

文化振興課の業務のあらまし

文化振興課は「西宮市文化振興ビジョン」の実現に向けて、文化行政についての企画・調整や、公益財団法人西宮市文化振興財団との連携による様々な文化事業を担当しています。
また、西宮市民会館・フレンテホール・プレラホール・甲東ホール・山口ホールの5つのホールと、北口ギャラリー・市民ギャラリーの2つのギャラリーを所管しており、これらの施設は指定管理者が管理運営を行っています。
そのほか、貝類を専門とする博物館である西宮市貝類館の管理運営を行っています。

西宮市文化振興ビジョン

平成18年の市の文化振興施策の礎となる前ビジョンが策定されてから、10年以上が経過し、今後10年の文化芸術のあり方を見直すものとして、平成31年3月に「西宮市文化振興ビジョン第2期」を策定しました。
西宮市における文化芸術の理念を「市民主体」「文教住宅都市」「文化芸術の力」の3点から組み立て、【みんなが創る文化芸術の力で「文教住宅都市」を未来へつなぐ】としました。この理念に基づいて、文化振興施策が目標とすべきことを「文化芸術の浸透」と「まちへの愛着」の2点とし、具体的な方策として文化芸術に関わる「機会」・「人」・「場」を増やすこととしています。

リンク

公益財団法人西宮文化振興財団との連携

西宮市は、市民の皆さんに多様な文化芸術の鑑賞機会を提供するとともに、市民の自主的な文化芸術活動の促進を目的として、昭和63年に公益財団法人西宮市文化振興財団を設立しました。財団では、西宮市民会館の指定管理業務を行っているほか、市内の文化芸術団体や芸術家、専門家とのネットワークにより西宮市展・市民音楽祭など多彩な文化芸術事業を展開しています。

主な文化芸術事業

西宮市小中学校アウトリーチ事業

小中学校の授業でプロのアーティストや本物の芸術作品と出会うことで、感動や楽しさを通して多様な価値観に接し、新たな自分を発見するきっかけや児童生徒相互のコミュニケーションを生み出すことを目的として、平成27年度より、「西宮市小中学校アウトリーチ事業」を実施しています。
西宮市小中学校アウトリーチ事業「Touch heart! program」について

ワークショップフェスティバル・西宮ドアーズ

伝統芸能、アート・クラフト、身体表現、音楽、キッズプログラムなどさまざまなジャンルの体験型講座が1講座90分、受講料500円で参加でき、気軽に文化芸術に触れられる機会として2日間にわたって開催しています。講師やサポートスタッフは公募により運営することで、市民の活躍の場を提供しています。

音楽と出会うまち西宮事業

音楽との出会いが豊かな感動を生み出し、感動する心が人への優しさとなってあふれだすような、そんなまちであってほしいとの願いを込めて「音楽と出会うまち西宮事業」が、平成16年からスタートしています。
1.まちかどコンサート事業
市内の店舗や広場など、公共ホール以外のまちかどで質の高いコンサートを開催しています。市役所1階ロビーでは3~5月を除いて月に1回、ロビーコンサートを開催しておりますので、ぜひお立ち寄りください。また趣旨に賛同し「音楽と出会うまち西宮」を冠とする市民のコンサート活動の広報支援を行います。事業を推進するために「西宮まちかどコンサート実行委員会」を設置、音楽家や市民有志の参画で企画・運営を行っています。

2.ブラス・クリニック事業
西宮市内の中学生・高校生・大学生及び社会人の吹奏楽団体の演奏技術の向上と相互交流を目的に、指導者や中高生の演奏者を対象としたクリニックを定期的に開催しています。

「音楽と出会うまち西宮」ロゴ使用のご案内

西宮虹舞台(協働事業提案制度[地域文化芸術振興部門])

地域文化芸術の振興を図ることを目的に、美術、音楽、舞踊、演劇、映画、出版など、市民等と市の協働事業を公募し、採択された事業に対し助成を行います。

人形劇事業

「人形操り発祥の地」である西宮で、人形劇の定期公演、人形劇講座を実施しているほか、毎年市内外の人形劇団や地域団体の協力を得て西宮人形劇まつりを開催しています。

ロビーギャラリー・ストリートギャラリー

1.ロビーギャラリー
市役所本庁舎1階北側ロビーに、西宮芸術文化協会会員など西宮で活躍する造形作家の作品を展示する「ロビーギャラリー」を設けています。作品は毎月1回展示替を行い、日本画・洋画・書・写真などジャンルは様々です。

2.ストリートギャラリー
札場筋線の阪神本線(阪神西宮駅)以北の東西に位置する三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の各西宮支店のご協力を得て、「ストリートギャラリー」を設けています。この「ストリートギャラリー」は、市制60周年を記念して札場筋線が道路整備されたことをきっかけに、昭和61年から実施しているものです。作品は原則として1ヶ月で入れ替わります。

インターネット文学館

西宮市にゆかりのある作家の作品や西宮が舞台になった作品をインターネットで紹介することにより、市民に西宮市の魅力を情報発信するため、インターネット文学館「西宮文学回廊」を開設しています。

西宮文学回廊(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

赤ちゃんへの手紙

西宮市で生まれた赤ちゃんの誕生を祝福し、市立小学校の児童が赤ちゃんにお祝いの手紙を贈る事業です。手紙は市民課や各支所等でお配りしています。

西宮市貝類館の管理運営

西宮市貝類館は日本貝類学会創始者の一人である故黒田徳米博士(西宮市民文化賞受賞)の研究を支えた貝類標本・文献類を収蔵しています。建築家安藤忠雄氏の設計によりヨットの帆をイメージした外観を持ち、館内には世界の貝約2千種5千点を体系的に展示しています。また、貝類の展示だけでなく、貝を使ったアクセサリー作りなどのイベントや、西宮の自然環境を親子で学ぶアウトリーチ活動など、様々な取り組みを行っています。

リンク

市民ホール・市立ギャラリーの管理運営

市内には市民ホールが5つ、市立ギャラリーが2つあり、市民の皆さんの発表や練習の場として活用いただいています。
平成18年度からはそれぞれ指定管理者が管理運営を行っています。(平成21年度に開館した山口ホールは開館時から指定管理者が管理運営を行っています。)

リンク

事業の後援について

西宮市文化振興課では、各種団体等が実施する事業のうち、文化振興にかかる各種事業について、市の定めた基準を満たすものに後援名義の使用を承認しています。

後援を受けた事業に対して経費の補助等はありませんが、文化振興課の所管する各市民ホールやギャラリーでのチラシの配架や、市政ニュースへの掲載依頼が可能になります。
詳しくは以下のリンクをご参照ください。

リンク

お問合せ先

文化振興課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 5階

電話番号:0798-35-3477

ファックス:0798-35-4045

お問合せメールフォーム

bunka@nishi.or.jp

本文ここまで

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ