このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

景観重点地区について

更新日:2020年4月1日

ページ番号:90428340

景観重点地区とは

西宮市では、市内全域を景観法に基づく景観計画区域としており、一定規模以上の建築物・工作物等を建築する際に届出・協議を行うことで、良好な景観の形成に努めています。

また、特に重点的に景観形成に取り組む地区を「景観重点地区」として定め、地区特性に応じた景観の形成に努めています。

地区住民等は、自らのまちで良好な景観の保全や形成を図るため、地域全体で合意することにより、市へ景観重点地区の指定を申し出ることができます。

景観重点地区

景観重点地区の活用方法

景観重点地区では、地区の特性に応じた建築物等の形態・意匠や色彩、敷地の緑化方法などのルールを定めることができ、これに基づいてよりきめ細やかな景観誘導を行うことで、地域の魅力をまもり、育てることができます。

また、届出対象となる行為を行う場合は、市への届出・協議が義務化されるため、効果的に良好な景観の保全・形成を図ることができます。

景観重点地区の構成

景観形成の基本方針
景観重点地区の目標、目標を実現するための方針

位置及び区域
景観重点地区の区域図、必要に応じて区域内のゾーニング

届出対象行為及び規模
地区内で届出が必要となる行為、その規模

景観形成指針(誘導基準)
景観重点地区について良好な景観の形成のための各行為に関する自主的に守るべき基準

重点地区基準
景観重点地区について良好な景観の形成のための各行為に関する基準

定めることができる事項

  • 建築物又は工作物の形態・意匠に関する事項
  • 建築物又は工作物の色彩に関する事項
  • 緑化に関する事項
  • 垣・柵など外構に関する事項
  • 設備機器などの修景に関する事項
  • 照明光源の色温度や灯具の色彩など夜間景観に関する事項
  • 屋外広告物に関する事項
  • 開発行為に関する事項
  • 土地の形質の変更又は木竹の植栽若しくは伐採に関する事項 など

景観重点地区の指定

指定の手続き

市は以下の手続きを経て、景観重点地区に指定します。

  1. 景観重点地区(素案)の作成
  2. 都市景観・屋外広告物審議会(報告)
  3. 縦覧(2週間)
  4. 都市計画審議会(諮問)
  5. 都市景観・屋外広告物審議会(諮問)
  6. 景観重点地区に指定

景観重点地区に指定されると

地区内で届出対象となる行為を行う者は、市に届出をするとともに、市と協議を行う必要があります。

届出対象や景観形成指針・景観形成基準は、地区によって異なりますので、詳しくは下記を参照ください。

指定地区一覧

甲陽園目神山地区(平成23年10月1日指定)

甲陽園目神山東地区(平成25年4月1日指定)

津門大塚地区(平成28年1月8日指定)

枝川町戸建住宅A地区(平成28年9月7日指定)

枝川町戸建住宅B地区(令和元年12月27日指定)

苦楽園五番町くすのき台地区(令和2年2月28日指定)

お問合せ先

都市デザイン課

西宮市六湛寺町10-3西宮市役所南館3階

電話番号:0798-35-3526

ファックス:0798-34-6638

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ