このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

釣り人はマナーを守って

更新日:2014年2月27日

ページ番号:76936610

釣り糸による野鳥の被害を防ぎましょう

海などに捨てられた釣り糸や釣り針により、多くの野鳥が傷ついたり死んだりしています。釣り糸がからまって使えなくなった時などは、その場に釣り糸を捨てないで必ず持ち帰るようにしましょう。
また、野鳥の被害が少しでも減るように、海岸などに落ちている釣り糸や釣り針を見かけたら、拾って処分しましょう。

釣り糸に絡まったハジロカイツブリ

ハジロカイツブリ3

この写真には、2羽のハジロカイツブリが写っています。
前にいる1羽は、足に釣り糸がからまり、仲間のハジロカイツブリを引きずっています。ハジロカイツブリは、潜水して小魚や水生昆虫等を食べるので、この鳥は潜ってえさをとることが出来なくなっています。

後ろの1羽は、おそらく釣り針をえさと一緒に飲み込んで死んでしまったのだと思われます。


ダウンロード

お問合せ先

みどり保全課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 6階

電話番号:0798-35-3039

お問合せメールフォーム

midorihozen@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ