このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

肝炎治療にかかる医療費の助成について

更新日:2020年5月15日

ページ番号:23314337

B型肝炎、C型肝炎の早期治療を促進し、肝硬変や肝がんへの進行を未然に防ぐ観点から、抗ウイルス治療(インターフェロン、インターフェロンフリー、核酸アナログ製剤)にかかる月々の医療費の自己負担額を、各世帯の市町民税額に応じて助成する事業です。

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた肝炎治療受給者証の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症の発生の状況等に鑑み、診断書の取得等のみを目的とした受診を回避するため、受給者証の有効期間を1年延長することとなりました。

対象となる方

令和2年4月30日までに受給者証の交付を受けている者であって、令和2年3月1日から令和3年2月28日までに受給者証の有効期間が満了する受給者証(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療、核酸アナログ製剤治療)をお持ちの方

概要

  1. 更新申請の有無に関わらず、有効期間を1年延長いたします(令和2年4月30日までに交付している受給者証を引き続き1年間使用可能とします)。※令和2年5月以降受給者証の交付を受けている方は、受給者証に記載のある有効期間に則した期間で受給者証をお使い下さい。
    (例)
    • 有効期間が令和2年3月1日から令和2年5月31日の受給者証をお持ちの方は令和3年5月31日まで使用可能(インターフェロンフリー治療)
    • 有効期間が令和元年7月1日から令和2年6月30日の受給者証をお持ちの方は令和3年6月30日まで使用可能(インターフェロン治療、核酸アナログ製剤治療)
  2. 核酸アナログ製剤治療受給者証をお持ちの方について、更新申請のための診断書等の取得のみを目的とした医療機関への受診や、更新申請手続きは不要です。
  3. 現在お持ちの受給者証を引き続き1年間使用して受診することができます。(医療機関や薬局等への受給者証の提示は必要です。)
  4. 変更申請や新規申請等の手続において、申請にかかる外出機会を減らすために、申請窓口への郵送での申請をご活用ください。

対象となる治療・疾患・必要書類等

認定基準や医療費の助成が受けられる期間については、下記兵庫県ホームページでご確認ください。また、申請等関係書類については、西宮市内の下記窓口で受け取るか、兵庫県ホームページからダウンロードしてください。

「肝炎治療費の助成について」(兵庫県ホームページ)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
兵庫県健康福祉部健康局疾病対策課
〒650-8567
神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
電話:078-362-3245

受付窓口

  • 西宮市保健所
  • 中央保健福祉センター
  • 北口保健福祉センター
  • 鳴尾保健福祉センター
  • 山口保健福祉センター
  • 塩瀬保健福祉センター

リンク

お問合せ先

健康増進課

西宮市江上町3-26 保健所 2階

電話番号:0798-26-3669

ファックス:0798-33-1174

お問合せメールフォーム

https://www.nishi.or.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=011400265042

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ