このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

自転車の交通ルールを守りましょう!

更新日:2020年2月5日

ページ番号:56377163

自転車利用者による交通事故が増えています。また、自転車がいわば無秩序に歩道を通行するなど、交通ルールを守らない利用実態も目立っています。
自転車に乗るときは、次に掲げる「自転車安全利用五則」を守りましょう。
また兵庫県では、自転車の安全適正利用に関する県民、事業者、交通安全団体、市町及び県の各役割、交通安全教育の充実、自転車の安全適正利用及び自転車損害賠償保険等の加入等を規定した「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」(以下、県条例といいます。)を制定しました。詳しくは兵庫県のホームページをご覧ください。

関連リンク
[自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」について(兵庫県ホームページ)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

「自転車安全利用五則」

自転車安全利用チラシ

1.自転車は車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は軽車両と位置づけられています。
したがって、歩道と車道の区別のあるところは車道通行が原則です。

歩道を通行できるのは

  • 道路標識等で指定された場合
  • 運転者が13歳未満の子どもと70歳以上の高齢者等の場合
  • 車道または交通の状況からみてやむをえない場合

2.車道は左側を通行

自転車はそれぞれの道路の左側に寄って通行しなければなりません。

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を原則徐行しなければなりません。
歩行者の通行を妨げるような場合には、一時停止、または自転車から降りて押して歩きましょう。

4.安全ルールを守る

  • 飲酒運転は禁止
    (自転車も飲酒運転は禁止)
  • 二人乗りは禁止
    (16歳以上の者が、幼児2人を幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に乗車させる場合などを除く)
  • 並進は禁止
    (並進可の標識のある場所以外では並進禁止)
  • 夜間はライトを点灯
    (夜間は前照灯及び尾灯または反射材をつける)
  • 信号を必ず守る
    (歩行者・自転車専用の信号機がある場合は、その信号に従わなければなりません)
  • 交差点での一時停止と安全確認
    (一時停止の標識を守り、狭い道から広い道に出るときは徐行)

そのほか、傘さし運転、携帯電話で会話やメールをしながらの運転や、携帯音楽プレーヤーの音楽を大音量で聴きながらの運転は、大変危険ですので禁止されています。

5.子どもはヘルメットを着用

児童・幼児(13歳未満の者)の保護責任者は、児童・幼児を自転車に乗車させるときは、乗車用ヘルメットをかぶせましょう。

道路交通法の改正により、平成25年12月1日から自転車が走行できる路側帯は道路の左側のものに限られています。またブレーキを備えていない自転車などは警察官が検査や応急措置命令などをすることができます。平成27年6月からは3年以内に2回以上摘発された悪質自転車運転者は自転車運転者講習の受講(要請命令に従わなかった場合は5万円以下の罰金)義務が課せられます。

上記の安全利用五則とともに県条例の自転車の安全適正利用等の規定を守って下さい。

末尾の「自転車安全利用五則チラシ」「道路交通法改正チラシ」「自転車の通行方法」がダウンロードできます。ご活用ください。

自転車も交通事故を起こせば責任を問われます!

自転車で事故を起こすと、刑事上の責任に加えて民事上の責任が問われる場合があります。
万が一に備えて、自転車の交通事故の適用のある保険に加入しましょう。

  • 刑事上の責任
    相手を死傷させた場合「重過失致死傷罪」に問われることがあります。
  • 民事上の責任
    被害者に対する損害賠償の責任を負うことがあります。
  • 道義的な責任
    被害者を見舞い、誠実に謝罪する責任があります。

(自転車での加害事故例)

  • 夜間携帯電話を使用しながら無灯火で走行中、歩行者と衝突。歩行者は転倒し、重大な障害が残った。(損害賠償5,000万円)
  • 歩道上を走行中に歩行者と接触。歩行者は転倒し、大けがをした。(損害賠償1,743万円)

※未成年でも数千万円の賠償金を支払わなくてはならない場合があります。

※県条例の自転車損害賠償保険等の加入等については平成27年10月からの適用になります。

交通ルールやマナーを守り、安全運転を心がけましょう。

自転車は手軽で環境にもやさしい便利な乗り物ですが、その利用を誤ると自らの命だけでなく、他の人の命をも奪いかねない乗り物です。自転車を利用するときは、交通ルールやマナーを守り、思いやりの運転を心がけましょう。
警察庁ホームページでは、自転車安全教育用のビデオやパソコンソフトなどのダウンロードができます。ご活用ください。

関連リンク

「自転車の安全利用の推進」(警察庁ホームページ)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

ダウンロード

「自転車の交通安全」に関する教材啓発用チラシをご活用ください!

(1)「自転車交通安全講座」は、以下の4点をわかりやすくまとめた教材です。

〇自転車を運転する基本ルール「自転車安全利用五則」

〇加入が義務化されている「自転車損害賠償保険」

〇危険運転を防止する「自転車運転者講習制度」

〇事故に遭わないため「事故マップの活用方法」

(2)「啓発用チラシ」は表と裏を両面コピーしてお使いください。

ダウンロード

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。自転車交通安全講座(PDF:1,626KB)

表紙画像新規ウインドウで開きます。


ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。啓発用チラシ(表)(PDF:494KB)
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。啓発用チラシ(裏)(PDF:544KB)

チラシ表新規ウインドウで開きます。チラシ裏新規ウインドウで開きます。


PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

交通安全対策課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 6階

電話番号:0798-35-3806

ファックス:0798-35-0717

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ