このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

こども未来センター事業概要【発達支援】

更新日:2019年3月29日

ページ番号:39010235

発達支援

取り組み内容 対象 内容

平成29年度利用実績
※()内は平成28年度実績

親子療育教室

(外来保育)
通園療育を行っていない0~3歳児

・診察後に親子で遊びながら子供の発達を促し、保護者にとっては子供の関わり方を具体的に学びながら子育てを支援していくことを目的としています。


・親子で楽しくいろいろな遊びをしながら、コミュニケーションを深めていきます。

・子育て相談や情報提供などを行うなど、同じ年頃の子供を持つお母さん同士の交流の場としています。

在籍人数計
451人
(647人)

保育日数計
151日
(205日)
延出席日数計
975日
(1,144日)

※親子療育教室の実績を合計

個別保育 満8ヶ月に満たない子供や、集団保育が困難な子供

・対象の子供に対して、個別保育を提供しています。

・保護者の不安をやわらげ、集団保育に繋げます。

計14回

(22回)
体験保育

通園や親子療育教室に入る予定の子供

・通園療育や親子療育教室に入るにあたり、該当クラスの様子や生活の流れを知ってもらい、利用児にとっての必要性を確認してもらうことを目的に実施します。

計125回

(96回)
ほっこり広場 療育待機中の子供 ・こども未来センターの相談を受けられた後、療育につながるまでの間の待機期間に、発達の遅れを疑う子供と支援が必要な保護者を対象に行う保育です。

延べ出席人数
76人

保育所等訪問
支援事業

保育所、幼稚園、小学校などに在籍している障害のある児童 ・スタッフが保育所・幼稚園・学校等に訪問し、子供が園や学校での生活を楽しく送れるように、個々の特性に配慮し、集団生活における工夫やアドバイスを先生や保護者に行います。

計14件

(16件)

わくわく(2~3歳児の保護者参加によるグループ保育)

【目的】親子で楽しく遊ぶことにより、コミュニケーションを深めながら色々な遊びを経験します。また、子育て相談や情報提供を行なうなど、同じ年頃の子供を持つお母さん同士の交流の場としています。
【回数】週1回 9時20分~10時20分 1クール15回(概ね3ヶ月間)
【対象】2・3歳児

<わくわく参加状況>
  H27 H28 H29
延べ在籍人数 228 207 228
保育日数 91 102 91
延べ保育日数 596 513 620

ありんこ(0~1歳児の保護者参加による、グループ保育)

【目的】小さな集団の中で、親子で楽しく遊ぶことにより、母子関係を深め、子供の発達を促します。
【回数】月2回(隔週) 10時30分~11時10分
【対象】0・1歳児

                     <ありんこの参加状況>
  H27 H28 H29
延べ在籍人数 450 353 207
保育日数 71 70 50
延べ保育日数 656 482 333

つぼみ(園児対象児ではあるが体力がなく、コンスタントに登園できない子供のクラス)

【目的】小さな集団の中で、親子で楽しく遊びます。就学前の子供を持つ親同士の交流の場です。子育て相談に応じます。毎週1回来園することで生活リズムを整えます。(園児に向け、コンスタントに来園し体力をつけ、色々な遊びを経験します。)
【回数】 月3回(予定)
【対象】 肢体不自由児 2歳児~

                      <つぼみの参加状況>
  H27 H28 H29
延べ在籍人数 48 87 16
保育日数 29 33 10
延べ保育日数 88 149 22

個別保育

ありんこに入るまでの8ヶ月未満の子供について個別保育を提供しています。
保護者の不安をやわらげ、集団保育に繋げていきます。

                      <個別保育参加状況>
  H25 H26 H27 H28 H29
参加人数 67 40 48 22 14

体験保育

通園療育「わかば園」や親子療育教室に入るにあたり、該当クラスの様子や生活の流れを知ってもらい、利用児にとっての必要性を確認してもらうために、体験保育を行っています。

                      <体験保育参加状況>
  H25 H26 H27 H28 H29
参加人数 125 139 72 96 125

ほっこり広場(平成29年度からの新規事業)

こども未来センターの相談を受けられた後、初診までの間の待機期間に、発達の遅れを疑う子供と支援が必要な保護者を対象に行う教室です。親子の様子を見ながら、必要な支援につなげていきます。
【目的】初診までの待機期間において、保護者の不安を和らげ、集団で手遊びやふれあい遊び、紙芝居など遊びを通して親と子の関わりを深めることにより、子供の発達を促す。
【回数】月2回 9時45分~11時00分
【対象】0~2歳児で、保育所、幼稚園、児童発達支援事業所などに通っていない子供

    <ほっこり広場の参加状況>
  H29
  延べ在籍人数   115
保育日数 17
延べ出席数 76

保育所等訪問支援事業

保育所、幼稚園、小学校などに在籍している障害のある児童を対象に、本人に対する支援(集団生活適応のための訓練等)、訪問先施設のスタッフに対する支援(支援方法等の指導等)を行います。(有料。世帯の所得に応じた負担)

<保育所等訪問支援事業実施件数>
  H26 H27 H28 H29
契約者数 1 2 2 2
支援回数(*1) 1 3 1 4
対応件数(*2) 5 16 16 14

(*1)支援回数とは、訪問により支援を行った回数
(*2)対応件数とは、アセスメントや保護者との面談及び報告の対応件数

お問合せ先

発達支援課

西宮市高畑町2-77

電話番号:0798-65-1936

ファックス:0798-64-5103

お問合せメールフォーム

kmc@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ