このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

12月号 舞台はニシキタ~西宮北口物語~

更新日:2021年11月25日

ページ番号:88379559

西宮徹底解剖12月号「舞台はニシキタ~西宮北口物語~」
ゲストティーチャー/地域ポータルサイト西宮流 岡本順子さん
放送日
月曜20時30分~
テーマ音声配信
12月6日ご当地映画『にしきたショパン』(1)お待ちください
12月13日ご当地映画『にしきたショパン』(2)お待ちください
12月20日ライトノベルや漫画に描かれた「ニシキタ」お待ちください
12月27日本格小説に描かれた「きたぐち」/質問コーナーお待ちください

※この放送は、さくらFM78.7MHzでお聴き頂けるほか、インターネットからもお聴き頂けます。
 詳しくは、さくらFMのホームページ(外部サイト)新規ウインドウで開きます。をご覧ください。
※このホームページからの音声配信は、著作権等の関係により、一部配信できない個所があります。

12月号概要

阪急西宮北口駅周辺は、1995年に発生した阪神・淡路大震災で街が大きく変わりました。北口市場はアクタ西宮に、阪急西宮スタジアムは阪急西宮ガーデンズに、北口団地はマンション街に。そして“ダイヤモンドクロス”は姿を消し、新たに芸術文化の発信拠点・兵庫県立芸術文化センターが誕生しました。呼び名も、「きたぐち」から「ニシキタ」へと変化しましたが、それぞれに愛着があり、昔も今も人々を魅了する人気のエリアです。
今月は、西宮北口の変遷を、物語から探っていきたいと思います。

【第1話・第2話】ご当地映画『にしきたショパン』

この映画の始まりは2015年に文芸社から世に出た近藤修平さんの『マスター先生』でした。その本の帯に書かれた、あの茂木大輔さんの「映画化熱希望!!出演熱希望!(笑)?」という言葉が合図だったのかもしれません。竹本監督の人脈で集まったスタッフとオーディションで集まったキャスト達、そしてクラウドファンディングやロケ地のセッティングに奔走した近藤プロデューサーの力が結集したこのご当地映画は、映像表現と音にこだわった竹本監督の下、ニシキタから世界を目指し、見事に、アントワープ/コソボ/ミラノ/ロンドン/マドリード…と世界各国の映画祭でさまざまな賞を受賞しています。
第1話・第2話は、ご当地映画『にしきたショパン』の近藤修平プロデューサーと竹本祥乃監督をお招きして、映画製作の秘話や裏話などを直接伺います。乞うご期待!!

【第3話】ライトノベルや漫画に描かれた「ニシキタ」

「この方、きっと西宮にお住まいですよね!」と思わせるような地元民感覚が満載のライトノベル。烏丸紫明さんの『ニシキタにゃんこの保育園』と『ニシキタ幸福堂』は2020年、2021年と次々に発表されました。ほかにも、切畑水葉さんの漫画『阪急タイムマシン』なども含めて、今の「ニシキタ」を感じてみたいと思います。

【第4話】本格小説に描かれた「きたぐち」/質問コーナー

増山実さんの『勇者達への伝言』では、阪急西宮ガーデンズではなく、阪急西宮スタジアムが舞台に設定されています。西宮北口が「きたぐち」と呼ばれていた頃で、ダイヤモンドクロスを通過する電車音の響きも重要なシーンとして登場します。作品とともにタイムスリップして、懐かしい「きたぐち」の風景を思い出してみませんか。

プレゼント

毎月第1~3週に1題ずつクイズを出題し、4週目に答え合わせをします。
全問正解者の中から抽選で1名様に、クオカード3,000円分をプレゼントします!
3週分のクイズの答えと、番組への感想・質問を書いて、さくらFMまでお送りください。
締切/2021年12月27日午後8時50分
【ファックス】0798-37-5514
【Eメール】787★sakura-fm.co.jp(★を@にしてください)
【ハガキ】〒662-0911 池田町9-7 フレンテ西館3F さくらFM「西宮徹底解剖」係

リンク

お問合せ先

広報課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 4階

電話番号:0798-35-3400

ファックス:0798-35-3449

お問合せメールフォーム

kouhou@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ