このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

水道事業の概要

更新日:2018年2月26日

ページ番号:45679451

水道事業のあゆみ

 西宮市の水道は、大正時代に誕生しました。当時の西宮町では、酒造期になると宮水のくみ上げにより地域の井戸が枯れ、火災や公衆衛生上の問題など、生活に支障をきたしていました。
 このため、将来の町の発展のために欠くことのできない水道の布設を求める声が高まり、大正11年(1922年)8月、篤志家からの寄付金を主な財源として、水道施設の設置工事に着手しました。この工事は、現在の武庫川浄水場内の地下水を主な水源として、越水浄水場まで送水管を整備し、浄水処理した水を給水するもので、大正12年(1923年)7月24日に一部給水を開始し、翌13年(1924年)6月に完成しました。
 大正14年(1925年)4月に市制を施行し、昭和8年(1933年)には隣接する今津町・大社村・芝村を合併、また、将来の市の発展と水需要に備え、昭和11年(1936年)7月に設立された、現在の阪神水道企業団へ加入しました。昭和20年(1945年)に戦災で大きな被害を受けましたが、戦災復興事業により、昭和25年(1950年)には給水人口も戦前の水準にまで回復しました。翌26年(1951年)、鳴尾・山口・塩瀬村を合併、現在の市域を形成し、給水人口も12万人を超えました。さらに、年々増加する水需要と水質の悪化にも対処するため、拡張事業や施設整備事業を行い、浄水施設を充実させるとともに、配水管の整備にも努め、昭和54年(1979年)には阪神電気鉄道が経営していた甲子園水道を統合し、南部地域のほぼ全域に水道が普及しました。
 一方、北部地域では、昭和26年(1951年)の西宮市との合併後、公営水道の布設が緊急の課題となっていました。昭和29年(1954年)から33年(1958年)にかけて簡易水道を布設・改良し、給水を開始しましたが、慢性的な水量不足に悩まされていました。
 このため、昭和50年(1975年)9月に丸山浄水場を、昭和52年(1977年)8月には丸山貯水池を完成させ、北部地域全域に給水することが可能となりました。さらに、平成6年(1994年)12月には、北部地域での渇水と水需要に対処するため、新たに兵庫県営水道からの受水を開始しました。
 平成7年(1995年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、応急復旧工事を同年2月に完了し、大きな被害を受けた水道施設の復旧工事は、平成9年(1997年)3月末に完了しました。震災により38万人まで減少した給水人口も現在では48万人を超え、震災前を大きく上回っています。
 平成20年(2008年)4月には、南部水道事業と北部水道事業を廃止し、新たに両事業を統一した水道事業認可を受けました。
 また、平成26年(2014年)4月には、水道局と土木局下水道部の組織統合により、新たに上下水道局が発足し、事務の効率化や市民サービスの向上に努めています。

 人口減少社会の到来や東日本大震災の発生など、水道事業を取り巻く環境の変化を受けて『西宮市水道ビジョン』(平成19年(2007年)3月策定)を見直し、平成28年(2016年)3月には、今後の西宮の水道のあるべき将来像と達成すべき目標を設定した『西宮市水道事業ビジョン2016』を策定し、その達成に向けた具体的施策を推進しています。

水道施設の概要

 西宮市には、南部地域に1箇所、北部地域に1箇所のあわせて2箇所の浄水場があります。

 南部地域は、武庫川沿いの地下水(浅井戸、深井戸)を水源とした鳴尾浄水場で浄水処理した水と、淀川を水源とする阪神水道企業団から購入した水道水をお送りしています。
 北部地域は、丸山貯水池を水源として丸山浄水場で浄水処理した水と、一庫ダム(川西市)を水源とする兵庫県営水道から購入した水道水をお送りしています。

 給水区域は市域全体に広がり、山間部の一部を除く全域に供給が可能です。人口に対する普及率は99.9%となっており、自己水源を持つ専用水道等から供給を受けている人や山間部で渓流水を使用している人など、ごくわずかを除いて全市民に供給しています。

浄水場等別の給水区域


水源

 自己水源としては、鳴尾浄水場の地下水(浅井戸・深井戸)、丸山貯水池の貯水池水を使用しています。

 平成28年度の取水実績は、自己水源が年間252万7,050立方メートル(日量平均6,923立方メートル)で、浄水受水が5,210万8,470立方メートル(日量平均14万2,763立方メートル)です。

 浄水場等別の取水実績は下表のとおりです。

平成28年度取水実績
浄水場等

年間取水量
(立方メートル)

日平均取水量
(立方メートル)

割合
鳴尾浄水場

1,911,180

5,236

3.5%

丸山浄水場

615,870

1,687

1.1%

小計(自己水源)

2,527,050

6,923

4.6%

阪神水道企業団

47,637,410

130,513

87.2%

兵庫県営水道

4,471,060

12,249

8.2%

小計(浄水受水)

52,108,470

142,763

95.4%

合計

54,635,520

149,686

100.0%

お問合せ先

上下水道局 上下水道総務課

西宮市池田町8-11

電話番号:0798-32-8002

ファックス:0798-32-2278

vo_w_syomu@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ