このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【消防局】第48回消防救助技術近畿地区指導会に伴う出場隊員選考会の実施結果

更新日:2019年7月5日

ページ番号:19626289

概要

令和元年4月16日(火曜日)17日(水曜日)と5月29日(水曜日5月30日(木曜日)の4日間にわたり、西宮市消防訓練施設で、第48回消防救助技術近畿地区指導会の出場隊員選考会を実施しました。
選考会では、任命救助隊員・救助隊員有資格者が、ロープブリッジ渡過・はしご登はんの【基礎訓練】と、ほふく救出・引揚救助・ロープブリッジ救出・障害突破の【連携訓練】を実施し、競技の正確性と迅速性を競いました。

出場隊員選考会について

選考会は、消防救助活動に関する基本的技術を習得することと、訓練を通して消防救助活動に不可欠な体力・精神力・技術力を養うことを目的に実施しています。
また、全国の消防救助隊員も同一種目を実施しており、他市消防本部の隊員と救助技術の迅速性や正確性を競うことで、更なる知識技術の共有・高度化に寄与するとともに、他の消防職員の模範となる隊員を育成し、市民の消防に対する期待に応えることを目指しています。
各種目の成績上位者は、令和元年7月20日(土曜日)に兵庫県三木市にある兵庫県広域防災センター(兵庫県消防学校)で開催される第48回消防救助技術近畿地区指導会に出場し、全国消防救助技術大会の出場を目指します。

競技紹介

ロープブリッジ渡過

訓練塔の間に水平展張された渡過ロープ20メートル(往復40メートル)を、往路はセーラー渡過、復路はモンキー渡過を実施するロープ渡過訓練です。

はしご登はん

自己確保の命綱を結索した後、垂直はしごを15m駆け上がります。
災害建物への進入等、消防活動には欠かせない訓練です。

 

ほふく救出

救助者・補助者・要救助者の3人1組で、1人が空気呼吸器を着装して長さ8メートルの煙道内を検索し、要救助者を屋外に救出した後、2人で安全地点まで搬送します。
ビルや地下街等で煙に巻かれた人を救出するための訓練です。

 

 

引揚救助

救助隊員と要救助者の5人1組で、2人が空気呼吸器を着装して地上に進入し、検索活動を実施したのち、要救助者を塔上に救出し、隊員がロープ登はんにより脱出します。
地下やマンホール等での災害を想定した訓練です。

ロープブリッジ救出

救助隊員と要救助者の4人1組で水平に展張された渡過ロープ20メートルにより対面する塔上に2人が進入し、要救助者を救出ロープに吊下げてけん引し救出した後、救助隊員が脱出します。
要救助者を隣の建物等から進入し、救出することを想定した訓練です。

障害突破

救助隊員と要救助者の5人1組で、4人が一致協力し「乗り越える」「登る」「渡る」「降りる」「濃煙を通過する」の基本動作により、5つの障害を突破します。
災害現場の様々な状況を想定した訓練です。

第48回消防救助技術近畿地区指導会・出場隊員

種目所属隊員
ロープブリッジ渡過西宮串田 和也
鳴尾高橋 昂平
はしご登はん滝内 太志
瓦木山田 貫二郎
ほふく救出(1)瓦木五百尾 元貴(救助者)
西宮長谷川 卓登(補助者)
瓦木菊川 真央(要救助者)
ほふく救出(2)神明 政文(救助者)
津島 尚史(補助者)
甲斐 宣晃(要救助者)
ロープブリッジ救出瓦木大塚 健司
中岡 健
中村 多助
中林 健(要救助者)
引揚救助鳴尾大谷 淳樹
越智 隆浩
高野 孝則
野呂 勇大
石川 葵(要救助者)
障害突破西宮釣 恭士
廣澤 達也
酒井 勇次
高比良 勇次
井上 桂(補助者)

お問合せ先

消防局警防課

西宮市池田町13-3

電話番号:0798-26-0119

ファックス:0798-36-2475

s_syobo@nishi.or.jp

本文ここまで

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ