このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

結核に関する届出票・申請書・報告書など

更新日:2019年6月13日

ページ番号:70301726

(制度)概要

結核に関する届出票・申請書・報告書などをまとめています。

結核発生届(医師が行う届出)

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)」第12条第1項の規定に基づき、結核患者(疑似症患者を含む。)又は無症状病原体保有者を診断したときは、直ちに西宮市保健所へ届出の提出をお願いします。

結核患者(入院・退院)届出票(病院管理者が行う届出)

感染症法第53条の11の規定に基づき、病院の管理者は結核患者が入院または退院したときに7日以内に西宮市保健所へ届出をお願いします。

結核医療費公費負担申請関係書類

結核患者医療費公費負担申請書

 結核の治療で公費負担を受ける際に必要です。必要事項を記入し、保健所へファクスまたは郵送してください。感染症法第37条の2(結核患者の医療)に基づく公費負担の承認開始日は、西宮市保健所が申請を受理した日となりますのでご注意ください。

感染症患者(結核・通院)医療費公費負担申請(法第37条の2)に係る診断書

※結核一般患者の結核医療費の対象項目(抗結核薬など)について、医療費の95%を医療保険と公費で負担します。
申請日の3か月以内に撮影した胸部エックス線写真も提出してください。

結核患者(入院勧告による入院)医療費公費負担申請書(法第37条)・診断書

※入院勧告を実施した患者の入院医療費は、全額を医療保険と公費で負担します。
 ただし、その世帯の市町村民税所得割の額により一部自己負担額が生じる場合があります。
申請日の3か月以内に撮影した胸部エックス線写真と、患者世帯の市町村民税所得割の額など自己負担額の認定に必要な書類も提出してください。

結核医療費公費負担適用中の各種変更届

結核医療費の公費負担適用中に治療を受ける医療機関、氏名、住所、保険区分等に変更があった場合は変更の届出が必要です。

定期健康診断実施報告書

感染症法第53条の2及び第53条の7の規定に基づき、事業者、学校長及び施設長は毎年結核定期健康診断を実施・報告することになっています。健康診断実施後は、以下の報告書により西宮市保健所へご提出ください。

結核指定医療機関に係る関係書類

結核指定医療機関は、感染症法による公費負担患者の医療を担当する機関です。結核指定医療機関でないと、原則、結核公費負担医療を行うことができませんので、必要に応じて以下の関係書類により西宮市保健所へご提出ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

保健予防課

西宮市江上町3-26 保健所 2階

電話番号:0798-26-3675

ファックス:0798-33-1174

お問合せメールフォーム

https://www.nishi.or.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=011500265060

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ