このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

学びのコンテンツ:たるかいせんすごろく(樽廻船双六)

更新日:2020年7月31日

ページ番号:15119704

あそんで、学ぶ、たるかいせんすごろく。

たるかいせんすごろく



むかしむかし、江戸時代のこと。西宮から江戸(今の東京)にお酒を運ぶ「樽廻船(たるかいせん)」という船が、かつやくしていました。そして、年に一度、樽廻船のレースがあったのです。
さあ、西宮でつくったお酒を、だれが一番はやく江戸まで届けられるかな?
すごろくで競争してみましょう。

すごろくダウンロード

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。たるかいせんすごろく(樽廻船双六)(PDF:1,646KB)

あそび方

PDFファイルをダウンロードし、印刷して遊んでください。サイコロ、コマは各自でご用意ください。

学びプラス:樽廻船と新酒番船

樽廻船(たるかいせん)

江戸時代、西宮・伊丹などでつくられた酒の多くは、江戸(今の東京)に運ばれ、「下り酒」と呼んで売られていました。この物の流れを支えたのが廻船による海運業で、特に酒を運ぶための専用船を「樽廻船」(たるかいせん)といいました。大坂(今の大阪)安治川や西宮には、樽廻船で酒を運ぶ業者(樽廻船問屋)が軒を連ねていました。

新酒番船(しんしゅばんせん/しんしゅばんぶね)

年に一度開かれた樽廻船のレースを「新酒番船」(しんしゅばんせん/しんしゅばんぶね)といいます。その年につくられた新酒を、西宮・大坂から江戸に運ぶ速さを競いました。通常10日以上かかる航路を、最速で3日もかけず走破する過酷なレースでした。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

西宮市立郷土資料館

西宮市川添町15-26

電話番号:0798-33-1298

本文ここまで

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ