このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

西宮市立郷土資料館

更新日:2020年4月6日

ページ番号:47837382

西宮市立郷土資料館・分館名塩和紙学習館の臨時休館の延長について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面は下記のとおり休館期間を延長いたします。

休館する施設

  • 西宮市立郷土資料館
  • 分館名塩和紙学習館

休館する期間

令和2年3月3日(火曜日)から5月11日(月曜日)まで

休館中の対応

西宮市立郷土資料館

事務室は開室しています。次の業務については、通常通り取扱います。

  • 郷土の歴史・文化財に関する問合せ・相談
  • 文化財保護行政事務(平日、8時45分~17時30分)

名塩和紙学習館

団体紙すき実習に関する相談は、電話(0797-61-0880)等にて受付けています。

ご注意ください

臨時休館の期間、紙すき実習の受付け、主催イベントの実施等については、新型コロナウイルス感染症に関する情勢によって変更する可能性があります。詳細については、下記までお問い合わせください。

問い合わせ先

西宮市立郷土資料館

0798-33-1298(火曜日~日曜日、10時~17時)

名塩和紙学習館

0797-61-0880(火曜日~日曜日、9時~17時)

西宮市立郷土資料館

西宮市立郷土資料館の常設展示室


西宮市立郷土資料館は、西宮地方の歴史と文化財を実物資料で知ることができる、唯一の施設です。収蔵資料は約4万点。


満池谷層の植物遺体包含層(県指定天然記念物)、具足塚古墳出土品(市指定重文)、永正15年(1518年)銘石造一石五輪塔(市指定重文)、江戸時代の宿駅生瀬家並模型、江戸時代西宮から江戸へ酒を運んだ樽廻船模型、大正・昭和初めの香櫨園・苦楽園・甲陽園の絵葉書など、約250点を常設展示しています。


また、企画展示・特集展示・講座などの催しのほか、市民ボランティアによる市内の文化財調査、西宮市内の博物館・研究機関と共同開催する連携講座などを実施しています。


リンク

利用・アクセスのご案内
展示のご案内
講座・イベントのご案内
小学生向け体験学習のご案内
文化財調査ボランティア活動「西宮歴史調査団」のご案内
刊行物のご案内
甲山八十八ヶ所ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。位置図(1)(PDF:2,823KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。位置図(2)(PDF:486KB)

分館 名塩和紙学習館

名塩和紙学習館


名塩和紙学習館は、名塩地区の伝統産業「紙すき」を実習・体験できる施設です。


1階の実習室には、学習用すき舟8台、指導者用すき舟1台、実物のすき舟各1台を備えています。2階の展示室は、名塩紙の歴史や紙すきの工程を説明するパネル、名塩紙が使われた京都二条城のふすま絵の写真のほか、簀桁(すけた)(きぬ)()など紙すきの道具類も展示しています。


リンク

利用・アクセスのご案内

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

西宮市立郷土資料館

西宮市川添町15-26

電話番号:0798-33-1298

お問合せメールフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ