このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成24年度「親子で環境学習バスツアー」を実施しました!

更新日:2016年12月27日

ページ番号:27676691

親子で環境学習バスツアー

 市内の小学生の親子を対象にして、7月27日(金曜)に12組24名の親子が参加し、「親子で環境学習バスツアー」を実施しました。このバスツアーは、普段わたしたちが出しているごみが、どのように処理や処分・リサイクルされているかを親子で学ぶため、西日本衛材(株)(再生紙リサイクル)・西宮市西部総合処理センター(焼却施設・破砕選別施設・リサイクルプラザ)を見学しました。参加された皆さんは、各施設の担当者からの説明を受け、質問をしたり写真を撮るなど興味深く見学していました。

 参加者のアンケート結果を下記よりダウンロードしていただけます。

西日本衛材株式会社 西部総合処理センター

西日本衛材(株)(古紙リサイクルトイレットペーパー工場)

古紙からリサイクルトイレットペーパーができるまでを見学しました。

【製造工程】 1→2→3→4→5→6→7→8→9→10

1.原料搬入 (紙パック・産業古紙・オフィスペーパー)
2.熟成タワー (原料を2日間寝かせて、インクなどの不純物を取りやすくする)
3.高濃度クリーナー (貴金属を取り除く)
4.SSセパレーター (紙パックのフィルムなどを取り除く)
5.水洗い・凝集枕殿槽 (インクや泥を枕殿させ、スラッジとして排出)
6.抄紙機 (紙の繊維だけになった原料を金網に吹き付けて紙をすく)
7.リワインダー (規定の長さに巻き替え)
8.ログカッター (規定の幅にカット)
9.包装機 (加工されたトイレットペーパーを包装)
10.出荷 (出来あがった製品を配送)

集合写真 西日本衛材工場見学の様子1 西日本衛材工場見学の様子2 西日本衛材工場見学の様子3

西部総合処理センター

西宮市の収集されたごみがどのように処理され、最終処分地へ排出されるのか、
焼却施設・破砕選別施設・リサイクルプラザを見学しました。

西部総合処理センター見学の様子1 西部総合処理センター見学の様子4 西部総合処理センター見学の様子2 西部総合処理センター見学の様子3

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

美化企画課

西宮市西宮浜3丁目8

電話番号:0798-35-8653

お問合せメールフォーム

gomigen@nishi.or.jp

本文ここまで

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ