このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

第2回西宮市都市景観賞(平成9年度)

更新日:2020年4月1日

ページ番号:49458222

阿 部 邸

安部邸の画像


所在地:上甲東園1丁目9番4号
建築主:阿部 龍一、阿部 淳
設計者:(有)アーキテック 橋本 修英
施工者:(株)あめりか屋


シンボルツリーのクスノキのある街角を開放し、既存の生け垣、れんが塀、敷地内のクスノキやケヤキの大木を残すよう住宅が配置されています。天然スレート葺の大屋根や、阪神間の住宅地の基本色となっている御影石色のれんがタイルが植栽と一体となり、特徴ある街角、落ち着きのある佇まいが文教住宅地の魅力を高めています。

大関(株) 恒和蔵

大関(株)


所在地:今津社前町6番31号
建築主:大関(株)
設計者:(株)安井建築設計事務所
施工者:(株)竹中工務店


今津郷に位置するこの酒造工場は、酒蔵の特徴である半切妻屋根を現代風にアレンジした外観と、北側の酒蔵通り沿いの和風の塀、植え込みなどにより、酒蔵地区らしいまちなみを創出するモデルの一例となっています。

関西学院大学 講義棟A~F号館、新大学図書館

関西学院大学 景観賞


所在地:上ヶ原一番町1番155号
建築主:学校法人関西学院
設計者:(株)日本設計関西支社
施工者:(株)大林組、(株)竹中工務店


W.M.ヴォーリズ設計の既存校舎群の特徴であるスパニッシュ・ミッション様式を継承しています。既存の建物との整合性が図られるとともに、既存樹木の保存や新たな植栽により、風致地区、文教地区としてのまちなみの魅力を高めています。

桜町の家

桜町の家の画像


所在地:桜町1番11号
建築主:壺井 鈴雄
設計者:マニエラ建築設計事務所 大江 一夫
施工者:西坂工務店


敷地は南西の角地で、西側道路沿いに解放された芝生の緑地と、その一隅にたつシンボルツリーのエゴノキが、街角にうるおいと安らぎをつくり出しています。

アサヒビール(株) 西宮工場

アサヒビール


所在地:津門大塚町11番52号
行為者:アサヒビール(株)


既存のコンクリート塀を撤去し、道路から後退して設置した塀の前面に、サツキツツジの植え込みと白樫の生け垣を設け、国道2号沿いに緑の帯状のオアシスをつくり出しています。殺風景になりがちな工場施設でも、外構整備によって緑豊かなまちなみを創出する先導的行為が評価されました。

ギャラリー小さい芽

ギャラリー 小さな芽の画像


所在地:千歳町6番20号
行為者:澤田 隆

”震災で更地になった敷地に、芸術文化の復興に寄与できるようなギャラリーを建て、しかも単なる展示スペースではなく、やがて人々の記憶から消え去るであろう大震災を忘れないための、メモリアル・モニュメントとしての意味を持たせたい”とのオーナーの願いから生み出されました。子供たちが被災を乗り越え大きく育つように、と名づけられたギャラリーには、毎年、小学生が描いた希望に満ちた絵が溢れます。

松 本 邸

松本邸の画像

所在地:雲井町2番7号
行為者:松本 道子


震災で半壊の被害を受けたこの住宅は、本市に残るW.M.ヴォーリズ設計の貴重な近代洋風建築のひとつです。多くの歴史的な建造物が解体撤去されるなか、オーナーの英断により修復・保全され、建築当時の姿が甦りました。歴史的建造物の保全の意義は大きいといえます。

宮水井戸場修景

宮水井戸場修景の画像

所在地:石在町55,56,57番地
行為者:大関(株)、辰馬本家酒造(株)、白鷹(株)


三つの酒造会社が協力して、境界の塀を取り払い、「宮水」の視覚化をテーマに井戸場を開放的に集計しました。西宮の酒蔵地区のイメージアップに貢献しています。

お問合せ先

都市デザイン課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所南館 3階

電話番号:0798-35-3526

ファックス:0798-34-6638

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ