国保データベースシステム(KDBシステム)への参加と情報の取扱いについて

更新日:2021年10月11日

ページ番号:77368434

1 KDBシステムとは

 兵庫県国民健康保険団体連合会が管理する医療情報・特定健診等情報・介護情報を活用し、突合・加工した統計情報等を保険者向けに提供することで、保険者の効率的かつ効果的な保健事業等の実施を支援することを目的に、国民健康保険中央会において構築されたシステムです。
 本システムを活用することにより、健康づくりに関するデータ作成が効率化され、地域の現状把握や健康課題を明確にすることが容易となります。さらに、出力されたデータを表計算ソフト等を用いて二次加工することで、個別の目的にあった、より精緻な分析も可能となります。

2 情報の取扱いについて

 KDBシステムにより医療費分析等を行うため、後期高齢者医療制度被保険者のみなさまの特定健診等情報・介護情報を市の各担当部署間で相互に利用することになります。このことについて、個人情報保護審議会に付議を行い、承認を得ております。なお、医療情報については、兵庫県後期高齢者医療広域連合が保有しているため、兵庫県後期高齢者医療広域連合との保健事業等の実施にかかる委託契約に基づき利用が可能となっております。

ダウンロード

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。KDBシステムにおける本市の情報取扱い範囲(PDF:119KB)

お問合せ先

高齢者医療保険課 

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎1階

電話番号:0798-35-3994

ファックス:0798-22-5038