このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

公益通報について(Q&A)

更新日:2021年2月2日

ページ番号:49275718

公益通報とは、自分の勤務先で、法令違反が行われている(行われようとしている)ことを不正な目的でなく、事実を通報先に通報することです。
>公益通報について

Q&Aについては次のとおりです。

Q.公益通報で匿名の通報でも保護の対象になりますか。

A.匿名の通報であれば通報者本人が特定されないので、不利益な取扱を受けないため保護する必要が生じません。

匿名の通報であれば、通常は通報者本人が特定されず、不利益な取扱を受けないため保護する必要が生じません。
ただし、通報時には匿名でも、何らかの事情により、通報者本人が特定され、解雇その他不利益な取扱いを受けた場合には、保護の対象になります。

Q.公益通報で退職者は、保護の対象になりますか。

A.通報時点で労働契約関係がすでにない場合は、「労働者」ではないので、公益通報者保護法の対象にはなりません。

法では、公益通報の主体を「労働者」としています。通報時点で労働契約関係がすでになく、「労働者」ではないので、公益通報者保護法の対象にはなりません。
一方、通報時点では「労働者」であり、その後何らかの理由で退職した退職者は、公益通報者保護法の対象になります。
なお、通報時点で「労働者」であった退職者への不利益取扱いとしては、公益通報したことを理由とした退職金の没収・減額などが考えられます。

Q.公益通報の通報先の順番は決まっていますか。

公益通報の通報先は、まず事業者内部に通報してからでないと、事業者外部に通報しても保護されないのですか。

A.公益通報者保護法では、事業者内部、行政機関、その他の事業者外部の3つの通報先が定められています。

公益通報者保護法では、事業者内部、行政機関、その他の事業者外部の3つの通報先が定められています。
定められた通報先に応じて、それぞれ保護要件が設定されていますが、通報に当たっては、それぞれの保護要件を満たしていれば保護されますので、それらの間の順番は問いません。

Q.公益通報で通報先に伝える内容について教えてください。

通報先には、どの程度の内容を伝える必要がありますか。

行政機関及びその他事業者外部に通報しようとするときは、法令違反行為が生じ、又はまさに生じようとしていると信するに足りる理由があると判断できる根拠資料を示すことが必要です。

通報の対象となる事実については、どのような行為を行ったかなどを具体的に示さなければ、通報先は、その行為がどの法令に違反しているのかを判断できません。

事業者内部に通報しようとするときは、法令違反行為が生じ、又はまさに生じようとしていると思料する場合、通報できます。また、行政機関及びその他事業者外部に通報しようとするときは、法令違反行為が生じ、又はまさに生じようとしていると信するに足りる理由があると判断できる根拠資料を示すことが必要です。

Q.公益通報で労働者が内部規則に反して、法令違反行為を証明する資料を取得した場合、保護の対象となりますか。

A.公益通報を理由とした解雇等の不利益取扱は禁止されます。

公益通報を理由とした解雇等の不利益取扱は禁止されます。
しかし、それとは別に、法令違反や内部規則違反を理由とした不利益取扱いについては、違法性阻却の可能性も含めて個別事例ごとに判断されます。

Q.公益通報で事業者に通報しましたが、通報後の調査結果や是正結果の通知がありませんが。

公益通報で事業者に通報後、調査結果や是正結果の通知がなく、進捗状況がわかりません。どうすればよいですか。

A.通報を受けた事業者は、通報の対象となる事実がなかったときは、事実がない旨を通報者に通知するよう努めなければなりません。

通報を受けた事業者は、通報の対象となる事実がなかったときは、事実がない旨を通報者に通知するよう努めなければなりません。このため、まずは、事業者に対し通報事案に関する調査の進捗状況を問い合わせてみるのがよいでしょう。
なお、何度問い合わせても事業者から単に「調査の準備中」又は「調査中」と告げられるような場合、その他の事業者外部への通報の保護要件である「正当な理由なく調査を行わない場合」に該当する場合もあると考えられます。

Q.公益通報で、行政機関に通報した場合、通報者本人の秘密は守られますか。

行政機関に通報した場合、通報者の秘密は守られますか。

A.行政機関の職員は、国家公務員法等の規定により、職務上知ることのできた情報を漏らしてはならないとされており、通報者の秘密は守られます。

行政機関の職員は、国家公務員法等の規定により、職務上知ることのできた情報を漏らしてはならないとされており、通報者の秘密は守られます。

また、行政機関が保有する個人情報については、
(1)「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」において不開示情報とされています。
(2)「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」により利用目的をできる限り特定し、目的外の利用・提供を厳しく制限していることから、通報者の氏名など個人情報についても保護されることとなります。
このため、通報者本人の氏名など通報者の個人情報が開示されることはありません。

Q.公益通報したために、不利益な取扱を受けたときの対応について教えてください。

公益通報を行った後に事業者から不利益な取扱いを受けた場合は、どうすれば良いのですか。

A.労働審判手続きを申し立てたり、最終的には訴えを提起したりして、裁判所で解決を図っていくことになります。

公益通報者が事業者から解雇その他の不利益な取扱いを受けた場合には、労働審判手続きを申し立てたり、最終的には訴えを提起したりして、裁判所で解決を図っていくことになります。
(注)労働審判手続きは、地方裁判所に申し立てることができます。

Q.公益通報で事業者が公益通報者保護法に違反しても、罰則はないのですか。

A.公益通報者保護法違反を理由に事業者に対して刑罰や行政処分が課せられることはありません。

公益通報者保護法は、民事ルールを定めたものであり、本法違反を理由に事業者に対して刑罰や行政処分が課せられることはありません。
なお、公益通報は、対象法律の犯罪行為等について通報するものですので、通報の内容が真実であった場合は、対象法律違反として関係法令に基づき刑罰や監督官庁等から処分等が課せられることがあります。

Q.零細企業など企業規模によって、公益通報者保護法の対象外となる場合がありますか。

企業規模等によって対象外となることはありません。

あらゆる事業者が公益通報者保護法の対象となりますので、企業規模等によって対象外となることはありません。

Q.公益通報者保護法の施行により社内規程として、通報を事業者外部へ通報する前に、事業者内部の窓口にしなければならないと定めたいのですが。

事業所に公益通報者保護規程を制定する際に、労働者が通報を事業者外部へ通報する前に、事業者内部の窓口にしなければならないとする規定を内部規程に定めてもよいのですか。

A.労働者の通報先に順番をつけるような内部規程を定めるのは適切ではありません。

公益通報者保護法は、通報先(事業者内部、行政機関、その他事業者外部)に応じて、それぞれ保護要件をさだめていますので、その保護要件を満たしていれば公益通報者は保護されます。こうした法の考え方からすると、通報先に順番をつけるような内部規程を定めるのは適切ではありません。

Q.公益通報者保護法施行により、通報窓口を設置することは事業者の義務ですか。

A.通報窓口を設置することは義務ではありませんが、自主的に通報処理の仕組みを整備することが期待されます。

通報窓口を設置することは義務ではありませんが、公益通報者保護法の趣旨を踏まえ、事業者がコンプライアンス経営を促進させるためには、通報窓口を設置し、自主的に通報処理の仕組みを整備することが期待されます。
通報処理の仕組みを整備することにより、事業者内部の問題を早期に発見し、問題が大きくなる前に解決するという自浄作用を十分に発揮することが可能になるとともに、事業者外部への通報による風評リスク等を減少させることにもつながります。

リンク

【消費者庁ホームページ】

お問合せ先

市民相談課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 1階

電話番号:0798-35-3100

ファックス:0798-34-1358

お問合せメールフォーム

soudan@nishi.or.jp

本文ここまで

公益通報

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ