このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

甲子園浜の冬を彩る野鳥たち

更新日:2014年11月19日

ページ番号:19869097

冬の甲子園浜には、カモやカモメなどの野鳥が渡ってきます。

オナガガモ

オナガガモ

【もんだい】名前は、体の一部が長いことに由来します。さて、それは何でしょうか?
1.顔が長い(面長)
2.首が長い
3.尾が長い



オナガガモ

【もんだい】オナガガモは、逆立ちして、餌をとりますが、何を食べているでしょうか。

1.主に貝や小魚をとって食べる肉食家。
2.貝や海草など、何でも食べる雑食家。
3.主に海草を食べる植物食家

雄の尾は伸びて長く、全長約75cm。他のカモより頸が長い。英名ではPintail。甲子園浜では多数見られるカモです。


ヒドリガモ

ヒドリガモ

頭のてっぺんが淡黄色の手前の2羽がオス。
奥は、メス。

雄はピューンと口笛のように高く鳴きます。ヒドリガモも甲子園浜では多数見られます。


オカヨシガモ

オカヨシガモ

派手な色の多いカモの中にあって、オスもメスも地味。

オナガガモと同じように、逆立ちして水の中のえさをとります。


ハシビロガモ

ハシビロガモ

「ハシ」は、くちばしのことで、くちばしの巾が広いのが特徴。

雄の目は黄色い。水面にくちばしをつけて開閉しながら、水面をぐるぐる回ってえさをとります。


スズガモ

スズガモ

【もんだい】スズガモの名前の由来は、なんでしょうか。
1.ススのように黒いから。
2.鈴のような頭をしているから。
3.飛び立つときの羽の音が、鈴を鳴らしたように聞こえるから。

日中は群れで休息し、夕暮れにいっせいに飛び立ちます。11月に入り、甲子園浜でも、いくつかの群れが見られます。潜ってエサをとり、1分近く潜ることもあります。


ホシハジロ

ホシハジロ

甲子園浜にとても多いカモ。

頭がチョコレート色。


コガモ

コガモ

最も小型のカモ。決して、カモの子どもという意味ではない。
奥がオスで、手前はメス。

警戒心が強く、近づくとすぐに逃げます。


カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ


【もんだい】カンムリカイツブリの名前は、どうしてついたのでしょうか?
1.鳥の王様だから
2.怒ってるよう(おかんむり)に見えるから。
3.逆立った毛が冠のように見えるから。



カンムリカイツブリカンムリカイツブリ

全長約56.5cmとカイツブリの中では一番大きく、頸が長い。頭上が黒く、白と黒のコントラストが明瞭。水中に潜って魚をとります。

最長で50秒ほど潜ることができます。冬はほとんど鳴きません。


ハジロカイツブリ

ハジロカイツブリ

くちばしが、少し上に反っていて、目が赤いのが特徴です。
単独から数羽でいることが多く、上手に泳ぎ、潜っては魚をとります。

冬の間はほとんど鳴きません。


ユリカモメ

ユリカモメ

『伊勢物語』の中で、在原業平が『名にし負はば いざ言問わむ 都鳥 我が思う人は ありやなしやと』と詠いました。その中で詠まれている都鳥は、この「ユリカモメ」です。

キャオ キャオと鳴きます。4月の初めごろに冬羽から夏羽に換羽し、頭が黒色になります。その頃から渡りを始めます。


セグロカモメ

セグロカモメ

翼が青灰色ですが、くちばしの先端近くの下部に赤斑点があります。

全長約60cmとユリカモメより一回り大きく、判別しやすいです。


キンクロハジロ

キンクロハジロ

スズガモと似ているが、雄の後頭には冠羽があり、背の色が黒いのが特徴です。スズガモは背の色が灰色。

冬の間はほとんど鳴きません。

キンクロハジロという名は、目が金色で、体が黒く、翼に白帯が出ているという意味です。


ハマシギ

ハマシギ

密なかたまりとなって飛び、いっせいに方向転換する様子は壮観です。

潮が満ちてくると。岩の上でユリカモメに混じってとまっています。


こたえ

もんだいの正解は、すべて3ばんです。

お問合せ先

みどり保全課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 6階

電話番号:0798-35-3039

お問合せメールフォーム

midorihozen@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ