このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

12月1日は世界エイズデーです

更新日:2022年3月30日

ページ番号:60294577

世界エイズデーとは

レッドリボン

「世界エイズデー」とは、WHOが、1988年に世界的レベルでのエイズまん延防止と、患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12月1日を“WorldAIDSDay”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱するものです。
西宮市でも、“WorldAIDSDay”(世界エイズデー)に賛同し、その趣旨をふまえ、エイズに関する正確な知識等についての啓発活動を推進しています。

国内のHIV・エイズの現状

令和2年の新規HIV感染者報告数は750件、新規AIDS患者報告数は345件、合計1,095件でした。新規HIV感染者・新規AIDS患者報告数に占める新規AIDS患者報告数の割合は約3割となっており、病気が進行した時点で診断される例が多いことから、早期発見が重要な課題となっています。
新規HIV感染者及び新規AIDS患者報告の感染経路は、性的接触によるものが8割以上です。
HIV感染症は予防できる病気です。適切な予防策をとり、感染の可能性があればまず検査を受けましょう。

今年のテーマ「レッドリボン30周年 ~Think Together Again~」

「HIV=死」のイメージをもっていませんか?
「自分がHIVに感染しているはずがない」なんて、思いこんでいませんか?
HIVに感染しているかどうかは検査してみなければわかりません。
現在は治療法の進歩により、HIVに感染している人もそれまでの生活を続けるようになってきています。
今年は、HIV/エイズへの理解と支援のシンボルである「レッドリボン」が使われ始めてから30周年の節目となります。
今年のテーマには、“「レッドリボン」に宿る意味を原点に立ち返って考えるとともに、HIV/エイズに関する検査や治療、支援などの知識を身につけ、HIV検査の促進や差別・偏見の解消につなげていこう” というメッセージが込められています。まずは検査を受けて、もし感染していたら早く治療を受けましょう。

令和4年度の取り組み 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事業を縮小して実施中です 。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
西宮市保健所では、HIV即日検査(毎月開催)を匿名・無料で行っています(要予約)。
HIV/エイズの検査・相談に関することは、下記リンク先をご参照下さい。

お問合せ先

保健予防課

西宮市江上町3-26 保健所 2階

電話番号:0798-26-3675

ファックス:0798-33-1174

お問合せメールフォーム

https://www.nishi.or.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=011500265060

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ