このページの先頭です

令和5年10月4日庁議「政策調整会議」

更新日:2023年11月29日

ページ番号:85679281

出席者

市長、副市長、教育長、上下水道事業管理者、病院事業管理者、危機管理監、政策局長、政策局担当理事、総務局長、財務局長、市民局長、産業文化局長、健康福祉局長、こども支援局長、環境局長、都市局長、土木局長、中央病院事務局長、消防局長、上下水道局次長、教育委員会教育次長、議会事務局長

1.西宮市財政構造改善基本方針(案)について(政策局)

西宮市財政構造改善基本方針(案)について政策調整会議に諮りました。

【質疑等】

(質問)平成30年度より赤字基調となった原因は何か。
(回答)阪神・淡路大震災による公債費の償還ピークは平成16年度であり、そこから公債費は下がっていった。社会保障費の伸びを公債費負担の減で補っていたが、公債費負担が平成30年頃に下げ止まったため、これを吸収することができなくなった。また、第4次総合計画の期間中、抑制されてきた施設の老朽化対策などの大型事業にも着手したことで投資的経費が増加した。
 
(意見)新規事業について、実施計画の査定の段階で既に実施が決まっていることがある。この点を改めなければならない。
 
(意見)本市の実施計画は、新規事業だけを査定しているが、既存事業の棚卸が必要である。事務事業評価の事業より細かい単位で見直していく仕組みを作らなければならない。また、一旦事業を開始した後に検証する仕組みがない。補助金については3年で見直すサンセット方式がとられており、同様の方式を検討しなければならない。
 
(意見)第3次行財政改善実施計画を実施していた平成20年以降、事務事業の見直しの場がなくなっており、業務の棚卸ができていない。
  
(質問)物件費や維持管理経費など内部経費を削減していくということか。
(回答)人件費を含めた経常費用を削減していく、ということである。
 
(質問)赤字基調とのことだが、消費と投資のアクセル、ブレーキの踏み方は異なる。分けた議論が必要ではないか。
(回答)投資については、厳選していく。

 
「西宮市財政構造改善基本方針」については、以下のページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)

お問い合わせ先

政策総務課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 4階

電話番号:0798-35-3428

ファックス:0798-23-3084

お問合せメールフォーム

本文ここまで