このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
Nishinomiya City Assembly 西宮市議会

市議会へのご提案・要望・意見をお聞かせください

市民の声メールフォームへ

サイトメニューここまで

本文ここから

市議会のしくみ

更新日:2019年6月11日

ページ番号:70973059

定例会と臨時会

 市議会の会議には、定例会と臨時会があります。
 西宮市の定例会は、おおむね3月・6月・9月・12月の年4回開かれます。
 一方、臨時会は、定例会以外に会議が必要な場合に開かれます。
 定例会・臨時会の招集は、市長が行います。ただし、一定の条件を満たせば、議員も市長に対し、招集を請求することができます。
 議会を開催している期間を、会期といいます。定例会・臨時会の会期は、市長から提案される議案の審査に要する期間などを考慮して、議会が決定します。例えば、3月定例会では新年度予算を、また、9月定例会では前年度決算の状況を審議するため、会期が1ヵ月以上に及ぶこともあります。

本会議

 本会議とは、全議員で構成される会議のことをいいます。本会議で、市議会の最終的な意思決定が行われます。
 市の行政全般に関する質問や、市政の方針・考え方の表明、また議案の説明・採決などは、全て本会議で行われます。
 また、本会議での代表質問や一般質問などは、インターネット中継や、さくらFM(78.7MHz)にて生中継されています。
 
 本会議インターネット中継(外部サイト)新規ウインドウで開きます。  
 さくらFM(78.7MHz)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

委員会

 議会で調査・審査することがらが、広範かつ専門化しているため、議員全員で構成する本会議では、十分な審査・調査を行うことができません。そのため、議会内部に設けることができる機関が、委員会です。委員会は、議会で調査・審査することがらの予備的な審査を行います。
 委員会には、「常任委員会」「議会運営委員会」「特別委員会」があります。
 

常任委員会

 「常任委員会」は市の事務に関する調査を行い、議案や請願・陳情を審査します。
 現在5つの「常任委員会(総務・民生・健康福祉・教育こども・建設)」が設置されており、それぞれ市の事務について分担しています。

委員会名定数所管部局
総務8人防災危機管理局、政策局、総務局、会計室、 市議会、選挙管理委員会、 監査委員、公平委員会、 消防局及び他の常任委員会の所管に属しない事項
民生8人市民局、産業文化局、環境局、農業委員会
健康福祉8人健康福祉局、中央病院
教育こども8人こども支援局、教育委員会
建設8人都市局、土木局、上下水道局

「委員会別議員名簿」のページへ
 

議会運営委員会

 「議会運営委員会」は議会運営に関する事項などの調査を行い、議案や請願・陳情の調査を行います。

委員会名定数調査内容
議会運営14人議会運営に関する件議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する件
議長の諮問に関する件

「委員会別議員名簿」のページへ
 

特別委員会

 「特別委員会」は、議会において審査・調査すべき事項が生じた場合に設置される委員会です。
 また、9月定例会には決算を審査するため「決算特別委員会」が、3月定例会には新年度予算を審査するため「予算特別委員会」が設置されます。

委員会名定数付議事件
決算議長を除く全議員市の決算の審査・調査
予算議長を除く全議員市の予算の審査・調査

「委員会別議員名簿」のページへ

協議等の場

 「協議等の場」は、議案の審査や議会運営に関して、協議や調整を行うための会議です。
 現在、次に掲げる協議等の場が設置されています。

名称構成員目的
議員総会全議員次に掲げる事項を協議すること。
(1)一般選挙後最初に開催される議会の運営上必要とする事項
(2)執行機関から議会の意見を求められている事項。ただし、法第96条に規定する議決事項は、この限りでない。
(3)その他議長が特に必要と認める事項

 

会議の主なルール

定足数の原則
(地方自治法第113条)
会議を開くために必要とされる出席議員数のことを、定足数といいます。定足数は通常、議員定数の半数以上と定められています。この原則は委員会にも適用されます。例外として、市長の不信任議決や議員の除名議決を行う場合などには、在職議員数の3分の2以上の出席が必要となります。
過半数議決の原則
(地方自治法第116条)
議会で物事を決定するためには、出席議員の過半数の賛成が必要です。この原則は委員会にも適用されます。例外として、議会を秘密会(非公開)にする場合や、議員の資格(被選挙権)を決定する場合には3分の2以上の賛成が、市長の不信任議決や議員の除名議決を行う場合には、出席議員の4分の3以上の賛成が必要となります。
会議公開の原則
(地方自治法第115条)
原則として、本会議は公開されることになっています。例外として、出席議員の3分の2以上の賛成があれば、会議を秘密会とすることもできます。
会期不継続の原則
(地方自治法第119条)
議会は、会期ごとに独立して活動しています。会期中に議決されなかった議案は、次の議会には持ち越せません。例外として、委員会で結論が出ず、本会議において継続審査をすることが決定した場合には、閉会中も委員会において議案審査を行うことができます。
一事不再議の原則
(西宮市議会会議規則第15条)
議会で一度議決された案件は、同じ会期中に再び提出することはできません。この原則は委員会にも適用されます。

議案が議決されるまで

 議案は、市長・委員会・議員が提出することができます。議員が議案(意見書・決議など議会のみの意思を決定するものを除く)を提出する際には、議員定数の12分の1以上の賛成が必要です。また、予算など市長でなければ提出できないものもあります。
 市長・委員会・議員が議案を提出した場合は、本会議で提出者が議案の説明を行います。その後質疑を経て、関係のある委員会にゆだねられ、詳しく審査されます(委員会付託)。
 付託を受けた後、委員会で、実質的な審査が行われます。審査が終了しますと、本会議で、委員長が審査結果を報告します。そして、最終的な議決が行われます。

議案

提案説明(本会議)

質疑(本会議)

委員会付託(本会議)

審査(委員会)

採決(委員会)

委員会報告(本会議)

報告に対する質疑(本会議)

討論(本会議)

採決(本会議)

お問合せ先

議会事務局 議事調査課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎議会棟 3階

電話番号:0798-35-3382

お問合せメールフォーム

giji@nishi.or.jp

本文ここまで

以下フッターです。

西宮市 議会事務局

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号 西宮市役所本庁舎議会棟 3階
電話番号:0798-35-3375(総務課) 0798-35-3378(議事調査課)
Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ