このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ヤブカ類

更新日:2014年2月21日

ページ番号:59045192

形態

  • 成虫の体長 約4.4mm。
  • 黒色で中胸背板の中央に、1本の白い縦線があります。

生態

ヒトスジシマカ成虫

  • ヤブカは基本的に、日中に吸血する。
  • 特に朝、夕は活発に吸血します。
  • 約2週間で卵から成虫になり、成虫の寿命は約1ヶ月。


ヒトスジシマカ幼虫

  • 卵や幼虫の状態で越冬。
  • メスのみ吸血をする。


発生場所

基本的に水溜りに発生します。

穴の開いた蓋をしている雨水枡、植木の受け皿、お墓の花立、空き缶、古タイヤ等に溜まった水。

水が無くならなければ、5mmほどの水深があれば発生できます。ごく少量の水でも発生源になります。

家庭での蚊対策 1

穴のある雨水枡

庭等にある雨水枡に穴があるか確認する。



雨水枡のフタをあける

フタをあけ水の有無を確認する。



網を置く

蚊の発生源にならないように網を入れ、蚊の成虫が通り抜けを出来ないようにする。



網の上にフタを置く

網の上にフタを置き、網が落ちないようにする。



網を切る

フタに合わせて網を切る。



家庭での蚊対策 2

受け皿のある植木鉢

受け皿のある植木鉢を確認する。



受け皿の水を確認する

受け皿に水の有無を確認する。



受け皿に蚊が発生している

蚊の幼虫が発生していないか確認する。



受け皿の水をすてる

水を捨てる。



受け皿に新しい水を入れる

植木鉢に卵が付着して残っていると、再発生しますので、2~3日この作業を繰り返しましょう。



駆除

発生源である小さな水域の除去や、家周囲の清掃などをして、発生源を無くすことや、防疫薬剤の乳剤、粒剤を少量散布します。

市での対応

  • 駆除方法のアドバイス。
     西宮市環境衛生課
     電話:0798-35-0002
  • ご家庭での駆除が困難な場合など、専門業者を紹介いたします。

リンク

お問合せ先

環境衛生課

西宮市西宮浜3丁目4

電話番号:0798-35-0002

ファックス:0798-35-0010

お問合せメールフォーム

kanei@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ