このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮】子育てに優しい門戸厄神を楽しもう!第3回「stitch」

更新日:2019年3月22日

ページ番号:94024491

ミシンスペース&雑貨のお店「stitch」さん
裁縫をしながらくつろげる「stich」

こんにちは!
転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮です。
子育てに優しい門戸厄神エリアをご紹介するシリーズ第3弾、今回はミシンスペース&雑貨のお店「stitch」さんをご紹介します。


門戸厄神駅を降り、踏切の東側の商店街を歩くこと1分。
ビルの階段を上り、ドアを開けると「こんにちは!」と優しい声。
"手作りをしたい人"が集う、隠れ家のようなワクワクしたスペースが広がります。


今回は、stitch店主の秋満和恵さんにお話をうかがいました。

商店街
門戸厄神駅踏切東側の商店街


ミシンのカタカタという音が聞こえてくる
道沿いにある階段を上ると、ミシンのカタカタという音が聞こえます


自分のための時間をつくっていいよ!

秋満和恵さん
stitch店主の秋満和恵さん

子どもの頃からお裁縫が好きだったという秋満さんですが、大学ではマーケティングを学び、インテリア雑貨小売業の会社でお勤めされていました。ご結婚されてからは西宮に住み、お仕事を続けられましたが、7年間勤めた後に「服飾を学びたい!」と29歳で専門学校へ。「子育てしながらでも、年をとってからでも、外国に住むことになっても続けていくことのできる技術を身につけたかった!」という秋満さん。服飾専門学校を卒業後、ご主人の転勤で2年間東京に住んでいる間に長男が誕生。その後再び関西へ、そして西宮に戻ってこられました。当時は子育てに手がかかり、「育児うつになってめげていました」とおっしゃる秋満さんでしたが、ひょんなことから、お母さんたちを中心に活動するゴスペルグループに参加することに。そこで、子育てをしっかりやりながらも、自分がやりたいことも楽しんでいる仲間たちにに出会ったことで「お母さんでも自由な時間をつくっていい。自分らしく活動する時間は、子育て中ほど必要!」ということを実感。子育てが大変だと思っているお母さんや、自由な時間を取りにくい働くママに、「何か私の持っているスキルを活かすことで、自分のための時間を作ってもらえるような場を提供したい!」という想いが募り、それならば、自分が好きなお裁縫の世界で自立してみたい!と、ミシンと雑貨のお店「stitch」を、2016年2月にオープンされました。

子どもたちが楽しく遊べるスペース
店内の一角には子どもたちが楽しく遊べるスペースも!


「作ってみたい」という気持ちを全面サポート!

好きな柄の布とミシン糸を持参すれば、いよいよワクワクした時間のはじまり!店内にはミシンが4台、本格的なロックミシンが2台。お裁縫が苦手な人も、全くの初心者でも、秋満さんが丁寧に教えてくださるので安心です。アイロンやはさみなど基本的な裁縫道具は自由に使うことができるので、あれもこれもと準備していかなくても良いのが嬉しいですね。

お子さんが笑顔になれる作品
幼稚園などの入園準備の際も、stitchならお子さんが笑顔になれる作品が作れます!

初めての方は、お裁縫カフェ体験(初回のみ1,500円)がおすすめ!「子どもの入園準備のためにミシンを買ってみたけど、使い方がいまいちわからない」という方がミシンや説明書を持って来られることも。お裁縫が好きな方だけではなく、「苦手だけど、どうしても作らないといけない」というときの駆け込み寺のような存在でもあります。

可愛いバッグ
こんな可愛いバッグも作れます!

お客様にお話を聞くと、「以前から家で裁縫をしていましたが、ここでなら作品作りがよりはかどりますし、ロックミシンがあるので、ひと手間かけたプロのような仕上がりになり、嬉しいです」「本などで作り方を見ただけではわからないところは、すぐに教えてもらえます。いざとなったら、難しいところだけちょっと先生に代わりにやってもらう......なんてこともあるんですよ!」と、みなさん秋満さんを信頼されていることがわかります。このお店に来れば、作品を完成させるためのいくつものハードルが簡単にクリアできそうです。

ものづくりを通して、人と人がつながる空間に

そんなstitchには、お孫さんがいらっしゃるという年配の方から、小中学生のお母さん、未就園児のお母さん、さらには夏休みなどに「ミシンをやってみたい!」という小学生まで、初心者でも経験者でも、年齢も状況もさまざまな方が来られます。みなさんそれぞれものづくりに集中されていますが、ふとしたときに誰かが「昨日は子どもがなかなか寝つかなくて......」など、胸の内をポロっとお話されるそう。そんな一言をきっかけに、周りの方も「そうそう、うちも!」「うちの子も小さい頃はそうだったよ~」などと始まり、話がだんだん盛り上がっていくことも。たまたま居合わせた方同士が手仕事しながら、一緒にわいわいとお話をされることで、リラックスでき、帰る頃には作品が一つできあがり、心もすっきりして帰られるのだとか。

気軽に相談にのってもらえます
初歩的なことから気軽に相談にのってもらえます!

また、家事や仕事や育児など、普段は忙しく過ごしている人にとって、「短い時間でも集中できる空間になってほしい」と、秋満さんは言います。「時間って、長さよりも質だと思うんですよね。ここでは自分のための良い時間を過ごしてほしいんです」家にいると、他の用事が目についてしまいがちな方には、特におすすめですね!

一歩踏み出したい人がチャレンジできる場づくりを

ロックミシン
ロックミシンを使うと、作品の完成度が一味違う!

ミシンを極めたい人から初心者まで、気軽に集えるお店を作りたいと思った秋満さんは、オープン前に参考になるようなお店がないかを探されたそうですが、なかなか見つからなかったそう。それだけに、このような場を求めて、西宮市内からだけではなく、神戸や大阪など遠いところからも来店されるそうです。stitchは忙しい人にとって、束の間でもリラックスして自分がやりたいことに没頭できる時間を過ごしてもらえる場所。さらに、3周年を迎えた今は、「新しい一歩を踏み出したい」と思った方にとって、もっとチャレンジできる空間にもしていきたいと秋満さんは言います。オープンした頃にはミシン初心者だった方も、今ではどんどん上達。店内の一角には、自分で作ったブランドのハンドメイド商品を委託販売できるスペースも設けており、発表の場にもなっています。また、今後はstitchで新しい一歩を踏み出した方々を繋ぎ、百貨店やマルシェといったイベントでの発信も行っていきたいそう。一人では難しいことでも、仲間がいればさらにがんばることができそうですね!

たくさんの作家さんたちの素敵な作品
店内には、たくさんの作家さんたちの素敵な作品がずらり

また、お裁縫のことだけではなく、家事・育児・仕事・ものづくりなど、たくさんのことをアクティブに取り組みたい方におすすめな、「自分と家族の時間の質を良くする手帳のつけ方セミナー」なども開催されています。秋満さんが大切にされている「自分のための時間を過ごすこと」を意識できますよ。

チャレンジできる場
「さまざまなことにチャレンジできる場です!」と秋満さん

また、具体的なものづくりの目標としてピッタリな企画としては「運命のスカート講座」があります。自分で作って、おでかけの際に着られる服を作ることができるのは嬉しいですよね。さらに、この春からはプロを目指したい方向けの連続講座「本気のミシン雑貨クリエイター」も開催されます。チャレンジしたい人を応援してくれるプログラムが目白押しです!

自分の服を自分で作れる
こんな素敵なスカートも自分で作れるなんて夢みたい!

最後に、秋満さんから子育て世代の皆さんへのメッセージとして「私は育児に悩んで、"がんばりすぎ母さん"になっていましたが、皆さんには一人で一生懸命になりすぎたり自分の殻にこもってしんどくなったりせずに、なにか好きなことをするために外に出たり、愚痴が言えるような人に出会ってほしいですね」と言います。ご自身も、お休みの日はお気に入りの北口図書館に行き、新しい本に出会うようにしているそう。「ゆったりしていて、自分の好きなジャンル以外の本にも興味を持てるように配置してくださっているところがいいなと思っています」普段の生活を「忙しい」「大変」......と感じている人こそ、能動的に五感を使って、なにか活動することで、気持ちを切り替えることができるそうです。ものを作り、人を繋ぐ。癒しと元気をもらえる空間「stitch」。ぜひみなさんも自分だけの素敵な時間を過ごしに訪れてみてくださいね!

記念撮影
秋満さんと転ママメンバーで記念撮影!


転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮アイコン

転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮関西屈指の"転勤族が多い街"として知られる西宮。転勤族の親子が、寂しさや大変さをできるだけ感じることなく、毎日ワクワク楽しく暮らせるようにとの願いをこめて、2011年5月に設立された団体です。ママにも子どもたちにとっても、また、パパも一緒に家族ぐるみで...優しくホッとできるサークルを目指しています。未就園児親子の仲間作りを目的としたサークル「転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮」を主軸に、就園就学した転勤族のママのイキイキとしたキャリアづくりや仲間づくりを目的とした「転ママplus」、コープ西宮店で子育てひろばを運営する「てんてん」、西宮からまた次の異動によってお引越しした後も繋がりを持ち続ける同窓会組織「転ママnext!」があります。西宮コモンズの記事は、転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮の「転ママ編集部」メンバーが交代で書いています。
転ママplus グループHP(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
転勤族ママ&キッズ探検隊in西宮blog(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
NISHINOMIYA COMMONS編集部
転勤族ママ&キッズ探検隊

おすすめ関連リンク

お問合せ先

広報課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 4階

電話番号:0798-35-3400

ファックス:0798-35-3449

お問合せメールフォーム

kouhou@nishi.or.jp

本文ここまで
このページの上部へ戻る

VISIT US!

市政ニュースやSNSでも市の魅力やイベント情報などを発信中!ぜひチェックしてみてください。

以下フッターです。
© 西宮市
フッターここまでページの先頭へ