このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

企画展・特別展

更新日:2022年3月16日

ページ番号:98064741

事業案内

年に数回、特別展や企画展を開催しています。
当館学芸員の趣向を凝らした展示をお楽しみいただけます。
最新の企画展・特別展の開催日程

第22回西宮市貝類館特別展

画像

カタツムリは陸上にすむ巻貝(軟体動物)の総称です。今回の特別展では多様に進化したカタツムリの生態や人との関わりなど、知られざる「カタツムリのふしぎ」を標本と共に展示紹介します。
展示期間:令和4年3月17日から4月19日


新春企画展 ー干支にちなむ貝類展「寅」ー

画像

インドでは、トラは山神の精霊、強者の長として崇められる縁起のよい動物です。貝の世界でトラの名前の付く種類は、トラマイマイ、トラフケボリガイ、トラダマイガイなどがあります。令和4年の干支にちなむ貝類展では、これら寅に関連する貝の中から代表的な種類を紹介しました。

開催期間:令和3年12月23日~令和4年1月31日


第21回 西宮市貝類館特別展「ヤドカリの変」

ヤドカリ、それは甲殻類の仲間です。
でも、貝殻が付いている?よく見てみると貝殻は拾ってきたどこかの貝殻・・・
これって「変」だと思いませんか?そんなヤドカリの変なところに注目した特別展です。
開催期間:令和3年3月18日~4月20日


新春企画展 ー干支にちなむ貝類展「丑」ー

西宮市貝類館では、新春企画「干支にちなむ貝類展」を開催いたしました。
ウシは仏教の発祥の地、インドでは神様として崇められる縁起の良い動物です。
貝の世界でウシの名前の付く種類は、殻が雄牛の鋭い角(ツノ)のように尖った形のウシノツノガイ(牛ノ角貝)や、
殻にツノのようなトゲを持つオウシハッキガイ(牡牛白鬼貝)などが知られています。
また、カタツムリの仲間はツノ(触角)を牛のツノに見立てて漢字では「蝸牛」と書きます。
干支にちなむ貝類展ではこれら「ウシ」に関連する貝の中から代表的な種類を紹介しました。
開催期間:令和2年12月24日~令和3年1月31日


貝と海の生物作品展

西宮市で毎年開催される「EWC環境パネル展」から、
貝類館スタッフが選んだ貝や海の生物を題材とした研究や作品を館内に展示しました。
試行錯誤を重ねて作られた作品たちの紹介をいたしました。
開催期間:令和2年7月19日~7月30日


世界の美しいカタツムリ展

カタツムリの仲間は、世界に約3万3千種類が生息しています。
赤道に近い熱帯雨林に暮らすカタツムリは色が派手で美しい模様をした種類が数多く生息しています。
今回はこれら美しい殻を持つ色彩豊かなカタツムリの標本、約60点を展示、紹介いたしました。
開催期間:平成31年3月21日~4月9日


第20回 西宮市貝類館特別展「南方熊楠貝類コレクション展」-南海の偉人 熊楠と貝との出逢い-

南方熊楠が蒐集した貝類標本(手製木箱28箱)を中心に熊楠の生い立ちや、
熊楠のゆかりの品(ルーペ、標本引出、標本箱)等を展示紹介しました。
開催期間:平成30年10月18日~11月20日


本文ここまで
以下フッターです。

〒662-0934 西宮市西宮浜4-13-4

TEL:0798-33-4888 FAX:0798-33-5885

アクセス

  1. 阪神西宮、JR西宮、または阪急西宮北口駅から阪神バス、マリナパ-ク行きに乗車、マリナパ-ク南下車すぐ(所要時間 約20分)

  2. 阪神高速神戸線
    神戸方面より西宮出口から南へ10分、大阪方面より武庫川出口から43号線を西へ札場 筋を南へ10分

  3. 阪神高速湾岸線
    神戸方面より芦屋浜出口から測道沿い西宮浜へ3分、大阪方面より西宮浜出口から南へ3分

開館時間

10:00~17:00(入館は16:30まで)

観覧料

一般(高校生以上)

:200円

小・中学生

:100円

幼児

:無料

各種割引料金

※自治体発行の証明書やカード、団体による割引等については上記リンク先よりご確認ください。

copyright © 2020 西宮市貝類館 All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ