家屋を新築したのですが、家屋の評価額はどのようにして決定されるのですか。

更新日:2010年12月10日

ページ番号:50255761

今年家屋を新築したのですが、家屋の評価額はどのようにして、いつ決定されるのですか。

原則、戸別訪問調査を行って評価額を算出します。

評価額決定までの主な流れは次の通りです。

建物の登記をされましたら、法務局から市役所に通知が来ます。
 ↓
この通知が届きましたら、こちらから調査依頼文書を送って、家屋調査にお伺いします。
 ↓
家屋調査が終わりましたら、総務大臣の定める固定資産評価基準に基づいて評価額の計算を行い、翌年度の初日(4月1日)に評価額が決定されます。

 調査の内容については、「家屋調査について」を、評価額の算出方法については、「家屋の評価額の算出」などをご覧ください。

 なお、分譲マンション等の区分建物の場合は、建築業者から図面・見積書等を借用して一棟の評価額を算出しますので、戸別の訪問調査はいたしません。
 また、一画地の開発などで同じような建売住宅が複数ある場合は、一部の家屋を選んで訪問調査を行い、残りの家屋は比準評価による方法で評価額を算出する場合がありますので、全件訪問調査を行うとは限りません。

リンク

お問合せ先

資産税課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 2階

電話番号:0798-35-3269

ファックス:0798-22-3920

お問合せメールフォーム

shisazei@nishi.or.jp