令和4年度就学奨励金(市立小・中・義務教育学校)

更新日:2022年4月7日

ページ番号:29418306

西宮市では、西宮市立小学校・中学校・義務教育学校の児童・生徒及び西宮市に居住する兵庫県立芦屋国際中等教育学校前期課程の生徒の保護者を対象に、給食費や学用品費などの学校教育活動における必要な経費の一部を援助しています。
援助を希望される方は、学校で配布している「令和4年度就学奨励金申請書」を学校へ提出してください。
※申請は毎年必要です。令和3年度に援助を受けた方、小学校・義務教育学校1年生で新入学用品費小学校・義務教育学校入学前支給を受けた方も必ず提出してください。
※就学奨励金の支給は、後払いになります。教材費等の必要な経費は、先に学校へ支払ってください。
※在籍する学級(通常学級又は特別支援学級)により、認定基準・支給方法が異なります。
【受付期間】
令和4年4月7日(木曜日)~4月28日(木曜日)
※上記の受付期間以降は、令和4年度の最終登校日まで随時受付します。ただし、認定の場合は、学校受付月分から援助を開始します。(但し、5月6日(金曜日)受付分までは4月分から)
期間中に添付証明書を添付できない場合も、申請書は必ずご提出ください。認定結果は「不採用」となりますが、不採用通知と一緒にお渡しする「西宮市教育委員会就学奨励金の審査結果について(不採用)」の案内文書に記載している期日までに添付証明書をご提出いただくことにより、遡って認定させていただきます。(受付期間中に申請書を提出されていない場合は、遡って認定できません)

通常学級に在学されている方

【援助を受けられる方】
令和4年度に次の(1)~(8)のいずれかに該当する方。
※いずれも世帯で該当していることが必要です。ここでの世帯は、同居の家族及び同一生計の家族全員をいいます。
(1)市民税が非課税(所得割・均等割の両方)の場合。
(2)市民税が減免されている。
(3)国民年金の免除を受けている。(国民年金4分の1免除は該当しません)
(4)児童扶養手当を受けている。(児童手当、特別児童扶養手当とは異なります)
(5)国民健康保険の保険料の減免を受けている。
(6)失業中の場合。(失業者の給与所得・事業所得を0円として、(7)の所得審査を行います)
(7)令和3年中(令和3年1月~12月)の総所得金額の世帯合算額が下の基準所得以下の場合。
(8)上記(1)~(7)には該当しないが、経済的な理由によって児童・生徒が就学困難となる特別な事情がある。(離婚調停中、DV避難のため配偶者と世帯を別にし、金銭的な援助が充分されていない、災害により著しい損害を受けた等)※住宅ローン、学費負担等の事情は考慮しません
※(1)と(2)については、世帯全員がどちらかに該当すれば援助を受けられます。
※上記(1)~(8)に該当しない学校教育法施行令第22条の3に該当する児童・生徒の保護者につきましては、特別支援学級分の申請が可能です。
【基準所得】
家族数2人 2,524,000円、3人 2,813,000円、4人 3,135,000円、5人 3,769,000円、6人 4,298,000円 (7人以上 1人増すごとに697,000円)
ア.総所得金額とは、給与所得(源泉徴収票の「給与所得控除後」の金額)、事業所得(年間収入金額から必要経費を引いた金額)、不動産所得、雑所得等の合計額です。
※複数所得者がいる場合は、合算します。
イ.障害者1人につき399,000円を基準所得に加算します。世帯の中に保護者が住民税の障害者控除を受けていない障害者がいる場合は、身体障害者手帳、療養手帳などの証明できる書類の写しを提出してください。
【援助の種類と金額】
別表(1)のとおり。
また、県立芦屋国際中等教育学校は、別表(1)の援助内容と一部異なります。

特別支援学級に在籍されている方、通常学級に在籍されており学校教育法施行令第22条の3に該当される方

【援助を受けられる方(認定基準)】
「世帯の所得(収入額)」が「保護基準(需要額)」の2.5倍未満の世帯が援助の対象となります。
※世帯ごとに収入額と需要額が異なりますので、教育委員会が市民税課税台帳等を調査し、世帯ごとの収入額と需要額を算出して審査します。
※公共交通機関や自家用車等を利用して通学費を負担されている方は、「世帯の所得(収入額)」が「保護基準(需要額)」の2.5倍以上の世帯でも、通学費のみ2分の1の援助が受けられます。援助を受けるためには申請手続きが必要です。
【援助の種類と金額】
別表(2)のとおり。
【通学費】
就学奨励金(特別支援学級)の申請手続きを行った方は、通学費の実費相当分の援助を受けることができます。(「世帯の所得(収入額)」が「保護基準(需要額)」の2.5倍以上の世帯は、実費相当分の2分の1)。
公共交通機関の場合は、定期券の写しやICカード利用履歴などの提出が必要となります。(切符代は、負担した金額を学校に申告していただきます。)
自家用車の場合は、自家用車で通学された回数を学校に申告していただきます。
ただし、8月分は授業日以降が支給対象となります。
なお、定期券以外の場合、年度をとおして休日など授業日ではない日については支給対象外です。

支給の方法、時期

保護者が指定した口座へ教育委員会から振込みます。ただし、学校長が必要と認めた場合、又は学校徴収金を滞納している場合(過年度分含む)は、学校長の口座へ振込み、学校で精算させていただきます。
支給の時期は、別紙(3)のとおり予定しています。

お問合せ先

教委 学事課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 6階

電話番号:0798-35-3851

ファックス:0798-22-7019

お問合せメールフォーム