このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

水道水には消毒のため塩素が使われていますが、安全なのでしょうか。

更新日:2018年7月6日

ページ番号:36258914

残留塩素濃度は管理されており、人への影響はありません。

 水道水には塩素が使われていますが、これは病原菌等を消毒し、安全な水をお届けするためのもので、水道法により蛇口において残留塩素濃度0.1mg/L以上で管理することが、定められています。上限値については、WHO(世界保健機関)の飲料水水質ガイドラインによると、塩素のガイドライン値は5mg/Lとされています。このガイドライン値は、生涯にわたりこの水を飲んでも、人への健康に影響が生じない濃度を表しています。
 西宮市では、蛇口(給水栓)での残留塩素濃度は、平均0.7mg/Lとなっており、消毒効果を保ちつつ、ガイドライン値からは十分に低い値であり、安全に水道水を飲んでいただくことができます。

お問合せ先

上下水道局 浄水課

西宮市奥畑6-35 越水浄水場内

電話番号:0798-74-6623

ファックス:0798-72-9980

お問合せメールフォーム

本文ここまで

水道・下水道なんでもQ&A

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ