このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

家屋の固定資産税が急に上がったのはなぜですか。

更新日:2015年3月26日

ページ番号:43487838

家屋を新築して、固定資産税が課税されるようになってから今年で4年目になります。今年度から家屋の固定資産税が急に上がったのですが、なぜですか。

新築された住宅が一定の要件に該当するとき、3年度分に限り税額が2分の1に減額される制度があります。

新築された住宅が一定の要件に該当するときは、その住宅に対して新たに固定資産税が課される年度から3年度分に限り、床面積120平方メートルまでの部分について税額が2分の1に減額される制度があります。

 したがって、あなたの新築された住宅についても、この制度に該当し昨年度まで固定資産税が減額されていたわけです。

 なお、3階建以上の中高層耐火住宅(分譲マンションなど)については、一定の要件に該当すれば5年度分に限り、固定資産税が減額されます。

リンク

お問合せ先

資産税課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 2階

電話番号:0798-35-3269

ファックス:0798-22-3920

お問合せメールフォーム

shisazei@nishi.or.jp

本文ここまで

固定資産税(土地・家屋)

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ