このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

住民税はすべての人が納めなければならないのですか

更新日:2012年4月4日

ページ番号:48264656

私は昨年中何も収入がありませんでした。住民税を支払う必要がありますか?

次のような場合は住民税を納める必要はありません。

(1)生活保護法による生活扶助を受けている方
(2)障害者、未成年者、寡婦又は寡夫に該当する方で、前年の合計所得金額が125万円以下の方
(3)前年の合計所得金額が次の算式で求めた額以下の方

A:35万円×(控除対象配偶者+扶養親族+本人)+21万円
B:控除対象配偶者も扶養親族もいない場合は35万円

 ここでは(3)を重点に説明します。夫婦と子供2人の世帯で例をあげると、この世帯に所得のある方が夫だけであれば、1年間の所得が35万×4+21万=161万円以下(給与収入で年収2,560,000円未満)であれば住民税はかかりません(Aのケース)。また扶養家族がいない方で給与収入だけの方は、所得35万円(給与収入が100万円)までであれば住民税はかかりません(Bのケース)。

お問合せ先

市民税課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 2階

電話番号:0798-35-3267

ファックス:0798-22-3920

お問合せメールフォーム

shizei@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ