このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

その他プラスチック製容器包装(その他プラ)はどのようにリサイクルされますか。

更新日:2018年1月10日

ページ番号:85322204

市内の中間処理施設で異物等を取り除く等の処理をした後、再生業者に引き渡しリサイクルされます。

ごみステーションで収集された「その他プラ」は、市内の委託業者の中間処理施設でリサイクルできない異物等を取り除いた後、圧縮梱包し、容器包装リサイクル法に基づき再生業者に引き渡します。
 これらの「その他プラ」は、プラスチックの原材料となる「ペレット」に加工された後、ハンガー、ごみ箱などの日用雑貨、植木鉢やプランターなどの農業・園芸資材、杭やデッキ材などの建築土木資材にリサイクルされています。

「その他プラ」リサイクルの流れ1


「その他プラ」リサイクルの流れ2


お問合せ先

施設管理課

西宮市西宮浜3丁目8 西部総合処理センター

電話番号:0798-22-6601

お問合せメールフォーム

seibusen@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ