このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

建築基準法第42条第2項道路の中心線や後退距離はどう決めるのですか。

更新日:2017年8月1日

ページ番号:30599051

現況および過去の状況を十分調査していただく必要があります。

建築基準法第42条第2項道路に指定された時点の幅員で中心線を決める必要があります。市道などの管理幅員、現況幅員、公図幅員、過去の建築計画概要書などを参考にした周辺の後退状況などを総合的に判断をして、設計者等が道路中心線を設定し道路後退をしてください。
 建築基準法第42条第2項道路に指定されている場合は原則中心線から水平距離2mの線をその道路の境界線とみなしているため、後退する必要があります。
 後退した部分は建築基準法上の道路部分とみなされているため、敷地面積には算入することはできません。

リンク

お問合せ先

n4c@nishi.or.jp

本文ここまで

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ