このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

以前に建築基準法第43条第1項ただし書き許可を受けています。再建築できるでしょうか。

更新日:2016年1月26日

ページ番号:31131253

再度許可を受ける必要があります。

建物を建築するには、建築物の敷地は道路に2m以上接しなければなりません。そうでない場合に、ある一定の条件を付加して許可するものが建築基準法第43条第1項ただし書き許可(接道許可)です。
 この許可は一度許可をとれば、前面の道路状の敷地が、建築基準法上の道路とみなす建築基準法第43条第1項ただし書き空地として指定されるものではなく、その空地と敷地、および建築計画との関係により許可をするものですので、再建築する場合は、その計画に対して再度許可が必要となります。
 よって、実際の建築計画がないと許可をすることができませんのでご注意ください。
 許可を受けた上で確認の申請書を提出し、確認済証の交付を受ければ、再建築が可能となります。

リンク

お問合せ先

建築指導課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所南館 2階

電話番号:0798-35-3707

ファックス:0798-36-3795

お問合せメールフォーム

kensinsa@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ