このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度 主要な事業等の概要

更新日:2018年3月23日

ページ番号:28963362

目次

<事業一覧>
施策・事業名区分

30年度予算額
(千円)

29年度予算額
(千円)

事業の概要
芦乃湯会館改修事業継続7,00016,160芦乃湯会館の機械・電気等設備及び施設の計画的な改修工事を行う。
・平成30年度:冷水浴槽チラー更新工事
ロンドリーナ経済交流事業新規3,589友好都市であるブラジル・ロンドリーナ市との経済交流の一環として、国際協力機構「JICA」の日系研修員受入事業(事業費支援)を活用し、ロンドリーナ等からの研修生を市内企業にて受け入れる。
ブラジル日本移民110周年記念事業・経済交流事業拡充8,6007月にブラジルで行われる「日本移民110周年記念祭典」にロンドリーナとの友好都市として出席するとともに、同時開催される「物産展」で本市特産品である日本酒等を展示・販売する。
地区センター等整備事業継続334,6498,970香櫨園小学校区内市民館の一部を用途変更する調整を進めるほか、旧藤本邸(川西町)に地域コミュニティの拠点となる施設を整備する。
・平成30年度:既存施設解体・建設工事
市民集会施設等大規模補修事業継続20,95816,500市民集会施設等の昇降機取替工事等を行う。
・平成30年度:昇降機取替工事他
船坂里山学校改修事業継続14,97111,010船坂里山学校の施設や設備機器等について改修工事を行う。
・平成30年度:排水施設改修工事他
地域コミュニティ集会施設整備補助事業継続3,0003,000コミュニティの活動拠点として、自治会等地域団体が行う地域コミュニティ集会施設の整備に対して工事費の一部を助成する。
・平成30年度:花の峯自治会(改修)
公民館計画整備事業継続10,51923,215公民館の経年劣化等に伴う施設整備の一環として、更新・改修工事を実施する。
・平成30年度:実習室設備等更新工事(神原)、トイレ洋式化工事(大社、西宮浜)
図書館施設整備事業継続11,016図書館の経年劣化等に伴う施設整備の一環として、更新・改修工事を実施する。
・平成30年度:除湿機更新工事、教育文化センター加圧給水ユニット取替工事
市民ホール等改修事業継続45,48920,543市民ホール等の老朽化対策や機能向上を図るため、設備更新を行う。
・平成30年度:プレラホール、フレンテホール舞台吊物機構装置部品更新工事他
西宮市大谷記念美術館施設改修補助事業継続23,97628,313大谷記念美術館の計画的な施設改修に対し補助を行う。
・平成30年度:空調設備ダイレクトデジタルコントローラ(DDC)更新工事
西宮市文化振興財団補助事業継続24,00018,500文化芸術に精通した専門職員を財団雇用により配置することで、文教住宅都市西宮にふさわしい事業展開を図る。
史跡整備事業継続3,751850史跡の整備や保存管理計画策定を順次進め、地域や日本の歴史を学習し、体感できる場を市内各所に整備する。
・平成30年度:満池谷の植物遺体包含層の調査等
遺跡出土遺物保存事業継続9,929市内遺跡から出土した木製品について、保存処理を行うことにより永年保存を可能とするとともに、文化財としての価値の維持・向上を図る。
・平成30年度:高畑町遺跡第9次発掘調査出土木製品等
郷土資料館改修事業継続41,61418,945郷土資料館収蔵庫の改修を行い、耐震性能、調湿機能を強化する。
・平成30年度:第2・3収蔵庫除湿機設置工事、第2収蔵庫移動書棚設置工事
無形文化財緊急調査事業継続6,9444,103市内にある伝統的芸能等無形文化財について、伝承が途絶える前に保存記録を行うため悉皆調査を行う。
新体育館・新陸上競技場等整備事業継続20,13780,602老朽化した中央体育館と陸上競技場等について、総合スポーツ施設として整備することにより、市民のスポーツ活動を推進する。
・平成30年度:要求水準書(案)公表等
スポーツ施設老朽化及び安全対策事業継続38,21728,912スポーツ施設の老朽化対策及び安全面での設備の充実を図る。
・平成30年度:浜甲子園・鳴尾浜臨海テニスコート改修工事、流通東体育館天井材落下防止・照明器具改修工事

ページ上部へ


<事業一覧>
施策・事業名区分

30年度予算額
(千円)

29年度予算額
(千円)

事業の概要
公立保育所改築等整備事業継続383,5351,321,569入所児童の安全確保を図るため、耐震診断の結果をもとに施設改修等を実施する。
・平成30年度:今津南保育所(大規模改修工事)
民間保育所等整備事業継続1,812,5851,946,138現在目標としている平成28年度から平成30年度までの3年間で約1,500人の保育所等の受入枠拡大を推進するため、保育所・幼保連携型認定こども園・小規模保育施設を整備する社会福祉法人等に対し、施設整備費を補助することにより、平成31年4月に向けて約700人の定員増を図る。
また、定員拡大や耐震化を目的として保育所の建替え等を実施する法人に対し、整備費用を補助する。
児童手当現況届業務の委託化事業新規9,997児童手当現況届業務の委託により、繁忙期間の業務運営体制の効率化を図るとともに、児童手当に関する子育てワンストップサービスの実施に向けた体制を構築する。
留守家庭児童育成センター管理運営事業(4年生受け入れ及び長期休業中の8時開所等)継続1,127,3341,040,307留守家庭児童育成センターの待機児童の解消を図るとともに、小学4年生の通年受け入れの拡大を図る。また、増加する入所児童や気になる児童に対応するため加配指導員を増員し、さらに、夏休み等長期休業期間中の開所時間の繰上げの拡大を図る。
留守家庭児童対策施設整備事業継続724,681219,521待機児童の解消や4年生受入れ、環境整備などを図るため、留守家庭児童育成センターの整備・改修等を実施する。
・平成30年度:香櫨園留守家庭児童育成センター外5箇所(新築等)、夙川留守家庭児童育成センター外6箇所(設計委託等)、瓦木小学校(教室改修)、大社留守家庭児童育成センター外2件(非常階段設置等)
民間保育所給付等事業継続4,579,3384,927,540子ども・子育て支援新制度の保育所に対して、国の定める公定価格に基づく保育費用を給付するとともに、教育・保育等の質の向上を図るため、補助金を交付する。
地域型保育給付等事業継続1,726,7151,631,379子ども・子育て支援新制度の特定地域型保育事業所に対して、国の定める公定価格に基づく地域型保育給付費等を給付するとともに、延長保育事業の実施等に必要な補助金を交付する。
認定こども園給付等事業継続2,111,2581,278,705子ども・子育て支援新制度の認定こども園に対して、国の定める公定価格に基づく施設型給付費等を給付するとともに、一時預かり事業(幼稚園型)等に必要な補助金を交付する。
私立幼稚園給付等事業継続269,801270,516子ども・子育て支援新制度の私立幼稚園に対して、国の定める公定価格に基づく施設型給付費等を給付するとともに、一時預かり事業(幼稚園型)等に必要な補助金を交付する。
私立幼稚園等保護者負担軽減事業継続908,473906,332軽減補助金の交付により、利用する私立幼稚園の子ども・子育て支援新制度移行に伴う保護者負担の増大を軽減するとともに、新制度に移行しない私立幼稚園を利用する保護者についても、これまでと同様に負担能力に応じて就園奨励助成金等を交付する。また、保育所等への入所が不承諾保留となった児童が協力幼稚園に入園した場合に、預かり保育料の一部を助成する。
保育士確保事業継続36,78029,620民間保育所等における保育士確保に向けた就職説明会の実施及び保育士試験による資格取得費用や保育士用の宿舎借り上げ費用の補助を行う。
保育士等キャリアアップ研修補助事業新規9,600研修による技能の習得により、保育士等がキャリアアップできる仕組みを構築し、職場への定着を促進するため、キャリアアップ研修実施にかかる費用の補助を行い、市内保育士等の研修受講機会を確保する。なお、本研修制度は、国制度として創設され、平成29年度は県が実施し、平成30年度以降は市が実施する。
地域子育て支援事業継続75,20082,223子育て支援の拠点となる子育てひろばの拡充を進める。また、保護者への情報提供や専門機関との連絡調整等を行う利用者支援事業(基本型)を拡充する。
子供の居場所づくり事業継続63,12761,315学校施設や公民館等を活用して放課後における小学生の遊びの場や学びの場を提供する放課後事業を学校区ごとの状況に応じて拡充していく。
山東自然の家施設整備事業継続10,00035,078西宮市の小学校の自然学校の拠点として、平成元年4月に設置した山東自然の家の利用者の安全性、利便性、快適性を確保するため、老朽化した設備を更新する。
・平成30年度:小荷物専用昇降機制御改修工事、トイレ改修工事
自主・自律の学校応援事業継続40,00040,000各学校園の教育目標実現に向けた課題の克服や、特色ある教育活動の取組みを支援する。
生徒指導体制の強化継続44,59834,375教育委員会内に設置している学校問題解決支援チームに加え、生徒指導等の教育上の課題解決を目的に、必要度の高い小学校に非常勤嘱託職員を配置することにより、生徒指導への取組みに注力できる体制を強化する。
給食施設設備整備事業継続99,82470,495老朽釜置換え等の給食用備品買換えや給食室の空調整備といった学校給食施設の設備改修等を年次的に進める。
インクルーシブ教育システム構築事業継続192,287176,633障害のある幼児・児童・生徒の教育的ニーズに応じた適切な指導や支援を行うため、基礎的環境を整備し合理的配慮を提供するための体制づくりを進める。
教育研修施設改修事業継続124,887289,952教育会館の閉館と併せた施設の集約化により維持管理コストの削減を図り、総合教育センターの東館と西館に、研修機能の一時的な確保を行う。
・平成30年度:教育会館解体工事
学校施設整備事業継続667,832267,178学校の安全・安心対策や老朽設備等の機能改善などを中心に、学校の施設整備を年次的に行う。トイレについては、老朽化に対する改修を行う。また、全館空調型設備を個別空調型設備に更新するための設計を行う。
学校施設維持管理事業継続733,100375,814外壁改修及び屋上防水を施すことにより、建物の長寿命化を図り、児童・生徒の良好な学校教育環境の確保と、外壁落下防止などの安全対策を実施する。
老朽化している受変電設備の更新工事等を実施する。
西宮東高校ホール改修事業継続354,06622,600西宮東高校ホールの天井耐震化をデザインビルド方式により実施する。また、老朽化している舞台照明、音響設備、舞台吊物、空調の改修工事を行う。
学校施設の長寿命化計画策定事業継続9,53418,000建築後30年を経過した施設が全体の約6割を占める学校施設について、今後、急速な老朽化と整備需要の急増が見込まれることから、学校施設の安全性を確保しつつ、予算の平準化やトータルコストの縮減を図るため長寿命化計画を策定する。
教室不足対策事業継続103,454113,337児童・生徒の増加に伴い教室不足が見込まれる学校に、必要な仮設教室を設置することにより教室不足を解消する。平成30年度は1小学校、1中学校に新たに設置する。
香櫨園小学校教育環境整備事業継続1,002,936298,436香櫨園小学校の老朽校舎の解消と良好な教育環境を整備するため、校舎の増改築を行う。
・平成30年度:改築工事
西宮養護学校校舎改築事業継続254,77662,089西宮養護学校の老朽校舎の解消と児童・生徒の状況に適した教育環境を整備するため、校舎の改築を行う。改築場所は現地とし、工事中は尼崎養護学校へ仮移転する。
・平成30年度:尼崎養護学校改修工事着手
深津小学校児童急増対策事業継続257,832148,194深津小学校の児童急増に伴う今後の学級数の増加に対応するため、校舎増築を行う。
・平成30年度:校舎増築工事完了
春風小学校教育環境整備事業継続79,26833,515春風小学校の老朽校舎の解消と良好な教育環境を整備するため、校舎の増改築を行う。
・平成30年度:基本設計・実施設計策定
安井小学校教育環境整備事業継続29,24845,360安井小学校の老朽校舎の解消と良好な教育環境を整備するため、校舎の増改築を行う。
・平成30年度:基本設計・実施設計着手、耐力度調査等実施
瓦木中学校教育環境整備事業継続15,0445,910瓦木中学校の老朽校舎の解消と良好な教育環境を整備するため、校舎の増改築及び長寿命化改修を行う。
・平成30年度:土壌調査等実施

ページ上部へ


<事業一覧>
施策・事業名区分

30年度予算額
(千円)

29年度予算額
(千円)

事業の概要
高齢者自立支援ひろば事業見直しに伴う社協地域福祉活動の強化拡充142,078138,330県の高齢者自立支援ひろば事業の見直しに伴い、これまで行っていた災害復興住宅での住民交流事業から地域全体で支え合う事業として実施するため、社協地域福祉活動を強化する。
生活支援コーディネーター設置事業継続49,44032,601高齢者の社会参加の促進及び生活支援サービスの充実に向けて、地域での資源開発・ネットワークの構築・ニーズと取組みのマッチングを行う生活支援コーディネーターを配置する。
・平成30年度:生活支援コーディネーター2名増員(4名→6名)
西宮市共生型地域交流拠点運営等補助金交付事業継続22,50025,323高齢者の社会参加と地域における支えあい体制づくりの拠点として、平成26年度から実施してきた「ふれあい支え合いセンター」事業を一部見直し、「共生型地域交流拠点」として整備する。
・平成30年度:共生型地域交流拠点2か所新設(3か所→5か所)
地域包括支援センター運営事業継続338,337310,179高齢者が住み慣れた地域でその人らしく生活が継続できるよう、包括的および継続的に支援を行うため、平成18年度より設置している地域包括支援センターについて、人員体制の整備を行い、更に機能の充実を図る。
地域のショートステイ整備補助事業継続5,0005,000介護保険サービスでニーズの高いショートステイの整備のため、デイサービス併設型の基準該当短期入所生活介護を地域のショートステイとし、整備に対し、一部補助を行う。
介護認定調査事務委託事業新規7,901介護認定申請から結果通知までの期間を短縮するため、市で行っている訪問調査の一部を委託する。
養護老人ホーム改修事業継続4,32020,850施設・設備の老朽化に対応するとともに、入所者が安全に入浴できるように浴室の大幅な改修を行う。
民間障害福祉施設整備補助事業継続323,53944,730障害者が地域で安心して生活できる社会を構築するため、グループホーム等の整備に対し、一部補助を行う。
・平成30年度:すずかけ作業所移転整備補助他
総合福祉センター等福祉ゾーン再整備事業継続175,91519,710福祉会館の老朽化への対応やいずみ園の環境改善、総合福祉センター内で実施している総合相談窓口などの機能を強化するため、総合福祉センター等の再整備を行う。
・平成30年度:総合福祉センター改修工事
障害者自立支援施設いずみ園管理運営補助事業新規21,923重度の知的障害者を多数受け入れている「障害者自立支援施設いずみ園」において、指定管理者制度による運営から、民設民営化となるが、支援員を加配するために要する経費等に対して引き続き補助を行う。
障害福祉サービス管理システムの更新継続36,625障害福祉サービス支給管理システムの更新を行う。平成30年度にシステムの開発を行い、平成31年度に導入する。
総合福祉センター改修事業継続31,696総合福祉センター内の老朽化した設備において、現に損耗が激しく更新を急ぐものから計画的に更新し、市民が安心して利用できる安全な施設として整備する。
・平成30年度:温水ヒーター等更新工事
こども未来センター事業の充実継続7,4779,991保護者の子供の発達への理解を促すため、「ペアレント・プログラム」の充実を図るほか、一般市民向けに発達障害についての理解を深める講演会を開催する。
また、人工呼吸器を装着しているなど通常のタクシーでは登園できない「わかば園」の園児と保護者について、福祉タクシーを借り上げ通園体制の充実を図る。
西宮市立北山学園施設整備事業継続13,27630,000老朽化した施設の長寿命化を図るとともに、園児にとって快適な療育環境の整備に取り組む。
・平成30年度:衛生環境の向上のため、2階トイレ室を乾式化するとともに、便器等を更新する。
生活保護法に基づく医療扶助に係る委託業務新規11,587生活保護法に基づく医療扶助給付に係る、医療券・調剤券の発券業務等について、大量かつ定型的な業務を外部委託する。
災害時医療救護活動整備事業(医薬品の備蓄)継続4,000大規模災害時において、迅速な医療救護活動を行うため、医薬品及び医療資材の備蓄を行う。
北口保健福祉センター検診施設受診環境の改善拡充188,842161,598北口保健福祉センター検診施設では、特定健診・長寿健診や各種がん検診等を実施しているが、市民ニーズが高いため、開催日を増やして受入枠の拡充を行うことで、受診環境の改善を図る。
中央病院医療機器等整備事業継続70,000347,770医療水準の維持・向上のため、耐用年数を経過した医療機器の更新を行う。〔病院事業会計〕
中央病院施設修繕事業継続15,00015,000患者の安全性を確保し、病院運営に支障をきたさないよう、施設・設備の修繕を行う。〔病院事業会計〕
中央病院大規模改修事業継続249,910635,734県立西宮病院と統合するまでの現施設の機能維持のため、老朽化した施設・設備の改修を行う。〔病院事業会計〕
・平成30年度:病室等施設・設備改修工事
国民健康保険被保険者負担軽減のための国保特別会計への繰出金継続700,000700,000一般会計から国民健康保険特別会計への繰り出しを行うことにより、保険料率の抑制と特別減免を実施し、高齢者や低所得者が多い国民健康保険被保険者の保険料負担の軽減を図る。
高額療養費管理事業継続31,590都道府県単位化に際し、連携が求められる高額療養費該当回数判定等のデータについて適切に管理できるようシステム改修を行う。
後期高齢者医療制度電算システム改修事業継続17,2809,720保険料延滞金徴収業務に関し、後期高齢者医療制度電算システムを改修し、延滞金計算事務の効率化を図る。
南海トラフ巨大地震等対策事業継続74,45153,741南海トラフ巨大地震等の大規模災害に対する備えとして、小学校区防災訓練のほか、非常用物資備蓄・倉庫の整備、洪水避難計画の策定、災害時要援護者避難に向けた取り組み等を行う。
防災力強化事業継続33,47555,960第二庁舎(危機管理センター)が完成するまでにも発生し得る大規模災害への対応力を強化するため、現状のシステムや資機材等の整備を行う。
・平成30年度:停電対策機能、情報通信機能及び業務継続性の強化
防災情報システム整備事業継続7,70410,462危機対応の重要項目とされる情報の収集、解析、配信について対災性、迅速性、効率性、継続性等の強化を図るため、防災情報システムを構築する。
・平成30年度:システム発注、既存設備移設計画
道路防災事業継続14,00022,000道路法面・擁壁やボックスカルバートの予防的な修繕による長寿命化や更新を行う。
・平成30年度:甲陽園西山町外(詳細設計)、苦楽園一番町(道路防災工事)
急傾斜地等崩壊対策事業継続27,500がけ崩れ災害への対策が必要な市有施設について安全を確保する。
消防団車両等整備事業継続52,81252,208長期使用により主性能が低下した車両を計画的に更新する。
・平成30年度:門戸、上ヶ原、瓦木
消防団車庫整備事業継続137,55758,758老朽化した消防団車庫を、消防団の活動拠点にふさわしい構造及び機能を備えた施設に建替える。
・平成30年度:(工事)中野分団、門戸分団、(設計)生瀬分団、用海分団
消防訓練施設整備事業継続495,39059,900総合的な部隊訓練が実施できる消防訓練施設を甲子園浜に整備する。
・平成30年度:建設工事
瓦木消防署甲東分署建替事業継続46,597688,214新庁舎運用開始に伴い、旧庁舎の解体工事を行う。
・平成30年度:旧庁舎解体工事
西宮消防署建替事業継続26,85816,265老朽化、狭隘化した消防庁舎を、西宮市の基幹消防署にふさわしい庁舎に建替える。
・平成30年度:基本設計、地質調査等
消防緊急情報システム更新整備事業継続177,354164,732現行の消防緊急情報システムを維持管理するとともに、次期消防緊急情報システムへの更新整備を図る。
・平成30年度:(現行システム)部分更新リース、再リース等、(新システム)システム調達仕様書策定
消防局車両等整備事業継続289,585210,777長期使用により主性能が低下した車両及び救助用資機材を計画的に更新整備する。
・平成30年度:水槽付消防ポンプ自動車等
消防水利等整備事業継続5,57738,880老朽化した防火水槽を調査点検する。
・平成30年度:調査点検
教育訓練用資機材整備事業継続2,7473,100救急隊員の救急技術の維持・向上に必要な教育訓練用資機材を計画的に更新整備する。
・平成30年度:シミュレーション人形1体
阪急電鉄神戸本線連続立体交差検討事業継続2,000阪急神戸本線の西宮北口駅から武庫川までの平面区間における、鉄道と道路の連続立体交差について検討を行う。
・平成30年度:関係機関との協議
県事業負担金(阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区))継続21,667210,587阪神電鉄本線の甲子園駅から武庫川駅間(約1.87km)の連続立体交差事業について、費用の一部を負担する。
・平成30年度:側道及び交差道路工事
阪神本線連続立体交差事業に伴う関連事業継続241,000280,590阪神本線連続立体交差事業の一環として、側道等の整備を行う。
・平成30年度:側道及び交差道路等工事
鳴尾駅周辺地区土地区画整理事業継続251,17830,441兵庫県が施行している阪神本線連続立体交差事業に併せて、鳴尾駅周辺の道路や駅前広場の整備を行う。
・平成30年度:駅前広場整備工事等
街路事業拡充562,444345,269本市道路網の骨格を形成する都市計画道路の未整備区間の早期整備を図る。
・平成30年度:競馬場線(用地買収、道路改良工事等)、山手幹線(熊野工区)(用地買収、道路改良工事)、門戸仁川線(概略検討)
道路改良事業継続126,370174,662連絡道路の整備、道路の拡幅、踏切の改良など、道路の改良を行う。
・平成30年度:青峯連絡道(道路整備工事)、西814号線(道路詳細設計)
道路二次改築事業継続148,100180,200歩道のバリアフリー化や車道の高機能舗装等の道路改築を行う。
・平成30年度:旧国道、JR西宮駅前広場(道路改良工事等)
歩道改良事業継続12,78212,282歩行者等の移動の円滑化を図るため、歩道の交差点部における段差解消を実施する。
・平成30年度:市内各所(歩道段差解消工事)
歩道新設事業継続32,0002,000交通事故を防止し、歩行者等の通行の安全を確保するため、歩道を新設整備する。
道路附属施設更新事業継続299,600249,750老朽化した道路附属施設(道路反射鏡、道路標識、防護柵、道路照明灯、エレベーター、エスカレーター等)の改修、更新を行う。また、交通安全対策特別交付金を活用することにより、交通事故防止のための施設整備を行う。
・平成30年度:道路附属施設更新工事、東山台斜行エレベーター改修工事
橋梁改良事業継続150,00021,300老朽化等を理由とする橋梁の架替、改良を行う。
・平成30年度:西宝橋(仮橋工)
橋梁長寿命化修繕事業継続255,299233,680橋梁の点検や修繕などを行い橋梁の長寿命化を図る。
・平成30年度:橋梁点検、橋梁補修設計、津田橋外(橋梁補修工事等)
横断歩道橋改修事業継続75,71035,500横断歩道橋の点検や長寿命化修繕、更新を行う。
・平成30年度:横断歩道橋点検、横断歩道橋補修設計、一里山歩道橋(改修工事)、若草町歩道橋(撤去工事)
道路維持修繕事業(舗装補修事業)継続144,00045,129老朽化した幹線道路の舗装補修を行う。
・平成30年度:市内各所(舗装補修工事)
甲子園駅改善等整備事業継続255,250248,500甲子園駅のバリアフリー化を含む駅改善事業が平成29年度に完了した。駅周辺部においても引き続き、駅と連携した安全で円滑な交通結節機能の確保や賑わいとうるおいのある駅前空間の整備を阪神電気鉄道(株)と協力して進める。
・平成30年度:広場整備等
バス関連助成事業継続79,12973,847山口地域と南部地域を直接連絡する「さくらやまなみバス」の運行助成や地域主体による「コミュニティ交通」の運行支援などを行う。また、バス停上屋設置など路線バスの利用環境改善に係る事業に補助を行い、利用促進を図る。
上水道施設の整備継続2,766,0702,405,728施設整備計画に基づき、災害に強い水道システムの構築を目指し、老朽管や各施設の更新及び耐震化を行う。[水道事業会計]
下水道施設の整備継続6,119,9316,064,744管渠・ポンプ場、処理場の施設を更新し、機能の維持・強化を図る。また、公共用水域の水質向上のため、高度処理や合流改善事業を進めるとともに、浸水被害の軽減に向け、雨水管渠や流出抑制施設(雨水貯留施設)の整備を進めるほか、武庫川流域下水道整備にかかる建設負担金を支出する。[下水道事業会計]
建築物耐震化促進事業継続78,62367,630耐震診断、耐震補強設計、耐震改修工事の費用の一部を助成することにより、住宅及び多数利用建築物の耐震化を促進する。
UR借上市営住宅返還事業継続103,532420,574阪神・淡路大震災後に、市が現独立行政法人都市再生機構(UR)より、市営住宅として20年間の有期限で借上げた住宅のうち、住替え先の市営住宅を登録された入居者が登録済み住宅へ移転するまでの間、再度戸別借上げした住宅について、住替えが終了し、住宅の返還があった住戸を順次URへ返還する。
市営住宅等改修事業継続419,11147,682平成29年度に中間改定した「西宮市営住宅整備・管理計画」に基づき、住宅の安全性の向上と長寿命化を図るため、既存市営住宅の改修等を行う。
・平成30年度:外壁改修工事他
市営住宅等整備事業継続1,203,821455,295第1次建替計画の対象団地については、老朽化した市営住宅を建替え、住宅ストックの縮減・更新を図る。また、第2次建替計画の対象団地についても、市営住宅の効果的な建替事業のもとに全体管理戸数を削減していくことで、管理戸数の適正化を図っていく。
・平成30年度:甲子園春風町第2期建替事業他
市営住宅等耐震改修事業継続50,000831,143平成29年度に中間改定した「西宮市営住宅整備・管理計画」に基づき、耐震改修を実施する。
・平成30年度:上ケ原七番町5・6号棟耐震改修工事
自転車駐車場整備事業継続22,06076,626主要5駅を中心に自転車駐車場の整備を行い、市民サービスの向上と放置自転車の減少に努める。
・平成30年度:建物式自転車駐車場の劣化度調査ほか
防犯カメラ設置事業継続49,85564,300通学路など公共性の高い場所に防犯カメラを設置し、維持管理を行う。(100台程度)
防犯カメラ設置補助事業継続4,8008,000自治会及び防犯協会支部・分会等が防犯カメラを新設する際、県の補助金制度の応募要件を満たす機器・施工費用に対して補助金の交付を行う。
防犯灯の直営化及びLED化事業継続97,405141,062防犯灯の設置・維持管理を行う。

ページ上部へ


<事業一覧>
施策・事業名区分

30年度予算額
(千円)

29年度予算額
(千円)

事業の概要
公園施設更新事業継続223,100201,759安全・安心の公園利用を確保するため、公園施設の効果的な補修及び改修、またバリアフリー化を行う。
・平成30年度:遊具更新、トイレバリアフリー化工事等
西宮浜総合公園・御前浜公園整備事業継続368,616194,244「海のプロムナード公園」・「にぎわいのレクリエーション公園」・「海浜保全の公園」などを基本理念とする、都市計画公園の西宮浜総合公園(10.3ha)及び御前浜公園(6.2ha)を整備する。
・平成30年度:(西宮浜)詳細設計、駐車場・北多目的広場整備工事等、(御前浜)園路整備工事
緑の基本計画改定事業継続12,527平成14年に策定した「西宮市緑の基本計画」について都市緑地法等の改正などを受け、改定を行う。
・平成30年度:基本計画素案検討・作成、市民アンケート実施
庁内PCB含有安定器等・汚染物処理事業継続234,202233,599庁内に保管されているPCB含有安定器等・汚染物を期限内(平成32年度末)に処理する。
清掃作業車両整備事業継続43,07554,862耐用年数に達したじんかい収集・水路清掃作業車両について、積極的に低公害車への買替え等を行う。
広域廃棄物埋立処分場建設事業継続6,8276,487大阪湾フェニックス計画による廃棄物埋立処分場の建設工事のうち、一般廃棄物(焼却灰等)にかかる建設費を負担する。
東部総合処理センター破砕選別施設等整備事業継続376経年劣化した西部総合処理センター破砕選別施設の代替施設について、処理方式及び事業手法等の検討を行い、東部総合処理センター将来施設用地に、新たな破砕選別施設を建設する。
・平成30年度:循環型社会形成推進交付金の交付を受けるための循環型社会形成推進地域計画(第3期)策定
食肉センター整備事業継続63,429老朽化した設備の更新を行う。
・平成30年度:新冷媒に対応した冷蔵機への更新、高速と畜銃の更新
白水峡公園墓地建設事業継続34,67112,147合葬式墓地の整備を行うとともに、引き続き区画墓地の整備も行う。
・平成30年度:実施設計等
墓地施設改修事業継続62,01053,454経年劣化が著しい墓地と住宅地との境界にある法面等の箇所を整備し保全を図るとともに、老朽化した事務所施設の対策を講じる。
・平成30年度:(満池谷墓地)法面対策工事、建物外壁等調査、(甲山墓園)事務所建物リース
満池谷火葬場火葬設備改修事業継続9,7208,532故障等による業務停止を避けるため、耐用年数を経過した火葬設備を計画的に更新する。
・平成30年度:集塵装置更新
霊柩バス更新事業継続11,277市営葬儀専用として、ご遺族と棺が同乗できる霊柩バスを更新する。
環境監視設備等整備事業継続25,3265,160大気汚染防止法、水質汚濁防止法等に規定された大気汚染や水質汚濁等の常時監視測定を円滑に実施するため、測定機器を適正に整備、更新する。
船坂等まちづくり支援事業継続7,3308,330地域資源を活かした活性化や新たな魅力づくりに、既に住民自ら取り組んでいる地域に対して、まちなみ・まちづくりの基本計画や実施計画の策定、それらに基づく取組みを支援する。
・平成30年度:船坂地区等での取組み支援
公共サイン適正化事業継続16,00010,500景観形成の先導的役割を果たすため、公共施設のサインについて、デザインマニュアルに基づいたサイン整備を進めることにより、魅力あるまちなみ・まちづくりを推進する。
・平成30年度:夙川公園でのモデル事業の推進ほか、取組みを全市に展開
武庫川広田線整備事業(中津浜線以東~瓦木なかの道)継続57,00027,000都市計画道路武庫川広田線の未整備区間のうち、中津浜線以東~瓦木なかの道以西について、整備に向けた用地買収等を行う。
・平成30年度:用地買収、物件補償等
丸山線整備調査検討事業継続3,0005,000有馬川橋梁から山口南幹線までの区間(L=290m)について、整備に向けた調査、検討等を行う。
・平成30年度:地元協議等
甲東瓦木地区及び武庫川新駅周辺 都市基盤整備事業継続3,5507,270甲東瓦木地区等における、都市計画道路や土地区画整理事業、武庫川新駅、阪急神戸線連続立体交差事業等、全体的なまちづくり構想を策定して、整備を進める。
・平成30年度:地区まちづくり支援
持続可能都市関係計画策定等業務(立地適正化計画等)継続12,64817,400公共交通との連携も考慮しながら、居住機能と生活サービス機能の適切配置を誘導する立地適正化計画の策定作業と、生活サービス機能や交通結節機能が充実した拠点整備の検討を進める。
JR西宮駅南西地区市街地再開発事業(卸売市場再生整備事業)継続20,51919,930平成24年度策定の「西宮市卸売市場整備基本方針」に基づいた卸売市場再生整備事業を含むJR西宮駅南西地区市街地再開発事業について、地元関係者とともに事業推進に取り組む。
・平成30年度:市街地再開発準備組合補助金等
市道西第178・180号線等整備事業継続210,459388,000臨港線から御前浜入口までの車道及び歩道を整備することにより、歩行者・自転車の安全を確保する。
・平成30年度:防潮堤沖出し工事、護岸コンクリート舗装工事等

ページ上部へ


<事業一覧>
施策・事業名区分

30年度予算額
(千円)

29年度予算額
(千円)

事業の概要
学生・社会連携支援事業継続4,0337,906平成29年度に構築した大学生社会連携ウェブサイトを活用し、学生が市内で活動・活躍し、西宮市とのつながりを深めていくことを支援する。
阪神間連携ブランド発信事業継続10,00010,000阪神間に共通するまちの資源について、近隣市や関係団体と検証を行い、また情報発信力の高い鉄道事業者と連携することで、訴求力を強化し、都市ブランドの向上を図る。
・日本酒:西宮市、神戸市、酒造組合、鉄道事業者
・洋菓子:西宮市、神戸市、芦屋市、鉄道事業者
産学官連携による西宮ブランド産品創造事業継続11,90015,000市内中小企業と市内大学との連携により取り組む、販路拡大を見据えた商品開発等事業経費を補助することにより、市内産業の稼ぐ力を高め、競争力強化を図る。
企業立地促進事業継続30,73419,226平成25年度施行の西宮市企業立地促進条例による奨励金制度を活用し、市内における企業の立地・定着を促進する。
卸売市場再生整備事業継続1,979平成24年度策定の「西宮市卸売市場整備基本方針」に基づき、西宮市卸売市場再生整備に向けて、市場関係者とともに事業推進に取り組む。
・平成30年度:卸売市場再生整備調査検討業務
勤労会館他建物設備改修事業継続32,70017,700勤労会館等施設の設備を計画的に更新し、利用者の利便性の向上や施設の安全性を確保する。
・平成30年度:勤労会館等冷温水配管改修工事、勤労会館ホール便所改修工事

ページ上部へ


<事業一覧>
施策・事業名区分

30年度予算額
(千円)

29年度予算額
(千円)

事業の概要
郵送業務等委託化及びマイナンバーカード交付業務委託の拡充拡充149,397116,384郵送による証明書発行業務等の委託化により、業務の効率化を図ると共に職員の再配置を行い、市民サービスの向上を図る。また、マイナンバーカードの交付体制を継続すると共に、旧姓併記対応など国の制度拡充に対応する。
内部統制関係事務新規2,999地方自治法の改正により、地方自治体に求められる内部統制の方針策定や体制及び運用等について検討を進める。
情報化推進事業継続194,701163,993情報化推進計画進捗管理をはじめ、情報セキュリティの意識向上、職員用ノートパソコンの運用を継続的に実施する。
・平成30年度:職員用ノートパソコン入替
高須東小学校解体工事及び跡地利活用事業継続493,15017,715高須東小学校跡地(認可保育所予定地を除く)の利活用に向け、旧校舎等を解体し、事業用定期借地による民間の跡地活用事業者を公募する。
市税の賦課・徴収体制の強化継続146,70156,858賦課徴収体制の強化を推進する。
・平成30年度:固定資産税オープンシステムの開発着手、滞納管理システムの統合及び滞納情報等共有システムの開発、納付勧奨コールセンターの実施運用及び統合準備
本庁舎周辺整備構想検討事業継続5,0006,000近い将来更新時期を迎える、本庁舎及び市民会館ほか周辺公共施設の総合的な整備構想を検討する。(2ヵ年事業)
アプリ甲東立体駐車場設備保全事業継続2,70016,470アプリ甲東の立体駐車場について、チェーン関係部品交換の保全工事を実施する。
庁舎維持管理事業(本庁舎・東館改修)継続127,48341,089市役所本庁舎及び東館の建屋や建築設備の改修を行う。
・平成30年度:
【本庁舎】非常用蓄電池・自火報受信機・非常放送アンプ・空調自動制御設備更新工事
【東 館】非常用蓄電池・自火報受信機・非常放送アンプ・GHP空調設備更新工事
北口駐車場改修事業継続13,50016,040西宮市立北口駐車場に設置している駐車管制設備、建築設備等について、更新・整備・改修を行う。
・平成30年度:精算機更新(2基)、入出庫ゲート更新
第二庁舎(危機管理センター)整備事業継続510,615100,320危機管理体制の強化とあわせ、老朽化や耐震面において喫緊の課題を抱えた庁舎の建替え更新と機能の集約化を同時に実現するため第二庁舎(危機管理センター)を整備する。
・平成30年度:実施設計、教育委員会庁舎・旧区検察庁庁舎の解体工事
アプリ甲東大規模改修事業継続70,000アプリ甲東(市専有部分)における空調設備一式の更新工事を行う。
環境事業部庁舎ボイラー等設備更新事業継続34,184耐用年数に達したボイラーの更新を行う。
公共施設維持管理事業継続645,161613,679公共施設(学校園、市営住宅を除く)を全庁的に管理するため、適正な時期・工法による修繕計画を策定し工事を実施する。
・平成30年度:寿園、甲山自然の家などの屋上防水・外壁改修工事、西宮浜公民館などの空調設備改修工事、総合福祉センターなどの受変電設備改修等
公共施設耐震診断・耐震改修事業継続567,81649,870西宮市耐震改修促進計画に基づき、公共建築物(学校園・市営住宅を除く)で耐震改修促進法に規定する特定建築物と地域防災計画で指定する避難所について、施設の耐震化率100%達成に向け、耐震診断及び耐震改修を実施する。
・平成30年度:市役所本庁舎1階吹抜部、勤労会館ホール、アミティホール天井耐震化工事
旧町村文書等の電子化業務継続9,9588,500旧町村文書等のうち、汎用性の高い地図・図面、その他重要文書等を電子化し、ホームページ等で市民に広く公開することにより公文書館的機能の充実を図る。

ページ上部へ


ダウンロード

平成30年度予算の概要

リンク

平成30年度当初予算のポイント

ダウンロード

これまでの主要な事業等の概要

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

政策推進課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 4階

電話番号:0798-35-3427

ファックス:0798-23-3084

お問合せメールフォーム

seisaku@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ