このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成25年度 主要な事業等の概要

更新日:2013年12月5日

ページ番号:55526772

夙川の風景

目 次

施策・事業名区分25年度予算額
(千円)
24年度予算額
(千円)
事業の概要
芦乃湯会館設備・施設改修事業継続16,0008,000芦乃湯会館における機械設備等の計画的な改修工事を行う。
・平成25年度:受水槽取替工事
平和非核都市宣言30周年記念事業拡充1,870632平和非核都市宣言30周年を記念して、例年開催している「平和のつどい」を拡大開催するとともに、記念冊子を発行する。
市民集会施設等大規模補修事業継続14,050中長期修繕計画の対象となっていない市民集会施設等の屋上防水等の補修工事を行う。
・平成25年度:平木市民館・上ヶ原市民館の屋上防水工事等
地域自主管理集会施設整備補助事業継続10,00010,000コミュニティの活動拠点として、自治会等地域団体が行う地域自主管理集会施設の整備に対して工事費の一部を助成する。
・平成25年度:鳴尾町4丁目自治会(新築)
旧船坂小学校跡施設活用事業拡充58,07735,500小学校跡施設を活動拠点として、船坂地域の自然環境と資源を活かし、地域内外の交流促進と地域の活性化に取り組む。平成25年度は、木造校舎耐震補強等の施設改修工事を行う。
公民館等施設予約システム改修事業新規11,676公民館等の利用申込みの利便性向上に向け、検索機能の強化、電子申請方式による使用許可及び使用料の口座振替サービスに対応するためのシステム改修を行う。
夙川公民館耐震補強及び施設改修事業新規7,000安全性確保等のため、夙川公民館の耐震補強や施設改修工事を行うこととし、これに向けた実施設計を行う。
教育文化センター施設整備事業新規59,193教育文化センター(中央図書館・郷土資料館・市民ギャラリー・平和資料館)の老朽化したエレベーター(2台)を更新し、利用者に対して安全・安心な施設環境を提供する。
「西宮市子ども読書活動推進計画」の改定継続平成20年度に策定した、すべての子どもが自然に本に向き合える環境を積極的に整備することを目的とした「西宮市子ども読書活動推進計画」を改定する。
大谷記念美術館施設改修補助事業新規25,000大谷記念美術館の空調設備更新や外壁補修、その他設備の改修に対して補助を行う。
市民ホール等改修事業継続33,430老朽化対策や機能向上を図るため、市民ホール等の設備更新を行い、快適な使用環境を提供する。
・平成25年度:市民会館北側エレベーター棟新設
文教住宅都市宣言50周年、平和非核都市宣言30周年、環境学習都市宣言10周年合同記念事業新規15,024文教住宅都市宣言50周年、平和非核都市宣言30周年、環境学習都市宣言10周年を記念して、兵庫県立芸術文化センターにおいて、コンサートや対談等の記念事業を実施する。また、3つの宣言に関連する功績のあった団体等に対し、感謝状を贈呈する。
徳川大坂城東六甲採石場詳細分布調査事業拡充1,995998徳川幕府が大坂城を再築した際の石垣石の主要な採取地であり、甲山周辺から苦楽園一帯に広がる「徳川大坂東六甲採石場」のうち、もっとも良好に保存されている「甲山地区」(約70,000m2)の詳細分布調査を実施する。
「西宮市スポーツ推進計画」の策定継続1,1802,121スポーツ基本法の趣旨を踏まえるとともに、市民アンケートの分析結果も活用し、「西宮市スポーツ推進計画」を策定する。
中央体育館・武道場部分冷房設備整備事業新規5,599夏期の熱中症対策として、中央体育館・武道場に部分冷房設備を設置する。
アイススケートリンク利用促進事業新規3,000平成25年夏にオープン予定の通年型スケートリンク「ひょうご西宮アイスアリーナ」の利用促進を図るため、市民無料招待デー等を実施する。
「スポーツの力で西宮を元気に!~にしのみやスポーツフェスタ~」の開催新規3,500文教住宅都市宣言50周年を記念し、「スポーツで心身ともに豊かなまち」の実現を目標に、シンポジウムの開催やトップアスリートが参加するイベントを実施する。

ページ上部へ


施策・事業名区分25年度予算額
(千円)
24年度予算額
(千円)

事業の概要

留守家庭児童対策施設整備事業継続43,73531,342放課後留守家庭児童の健全育成を図り、待機児童解消に向け留守家庭児童育成センターを整備する。
・平成25年度:小松第2留守家庭児童育成センター、瓦林第2留守家庭児童育成センター
保育ルーム等事業拡充428,268205,305待機児童の多い低年齢児(3歳未満)の受入れを確保するため、保育ルーム24か所を新設する。また、保育ルームの安定した運営を確保するため運営助成金の補助制度を見直す。さらに、保育水準の確保を図るため、各施設を巡回して指導、相談を行う支援員4名を設置する。病児・病後児保育事業については、引き続き2か所で実施する。
民間保育所運営補助等事業拡充4,595,8944,092,463待機児童の解消を図るため、民間保育所4園を開設し、既設2園については増築による定員増を行い、それぞれ運営費等の補助を行う。また、1,2歳児の職員配置基準を5:1に引き上げるとともに、児童の受入れ枠拡大に伴い定員増したことによる運営費減額分の助成を行う。
・平成25年度:まつぼっくり保育園(新設)、夙水苑分園(新設)、西北夢保育園(増築)、東山ぽぽ分園(増築)等
公立保育所における勤務状況管理システムの導入新規6,800公立保育所に勤務状況等を管理するシステムを導入し、業務の効率化を図る。
公立保育所等耐震化事業継続178,610316,579入所児童の安全確保を図るため、耐震診断の結果をもとに施設改修等を実施する。
・平成25年度:鳴尾保育所(耐震補強及び改修工事)、幸和園保育所分園(解体設計及び解体工事)等
民間保育所等整備事業継続671,855494,726保育所の待機児童の解消を図るため、保育所(分園含む)や認定こども園を整備する社会福祉法人等に対して補助を行い、保育所整備を促進し、受入れ枠の拡大を図る。
・平成25年度:戸崎町保育所、日野町保育所、中島町保育所等
認定こども園運営補助事業新規3,071保育所の待機児童の解消を図るため、幼稚園型認定こども園を整備する私立幼稚園に対し運営に係る経費の一部を助成する。
児童館・児童センター改修事業継続7,850利用者の環境整備を図るため、空調設備が未整備の児童館の遊戯室にエアコンを設置する。
・平成25年度:むつみ児童館遊戯室、大社児童センター遊戯室
教育連携事業継続11,39310,732地域全体で学校教育を支援する組織として全市立小・中学校に設置されている教育連携協議会の充実を図り、地域の学校教育活動への参画と協働を促進する。
丹波少年自然の家建設費負担事業継続7,0547,558阪神7市1町の負担区分となっている丹波少年自然の家リニューアル整備工事及び本館耐震整備工事に伴う建設費借入金の償還費を負担する。
成人式の見直し拡充6,9265,968平成24年7月の西宮市青少年問題協議会からの答申を踏まえ、地域が新成人を祝い、わがまち西宮への郷土愛が再認識できるよう、地域の文化活動のステージを設置するなど実施内容を見直す。
ESD推進事業(持続発展教育の推進)拡充8,2784,763体験活動やキャリア教育を重視し、学力を支えるための体験を充実させるため、環境学習に利用できる施設やその他ESDに関わる施設等の利用、宿泊を伴う中学校の自然体験活動等を拡充する。
幼稚園における保護者負担の公私間格差是正(私立幼稚園就園奨励金の増額)拡充711,818616,694幼稚園における保護者負担の公私間格差を是正するために、私立幼稚園に通う園児の保護者に対して助成している就園奨励金を引き続き段階的に増額し、市民に対してより広い就園の選択肢を提供する。
遠距離通学費等補助制度の創設新規5,081西宮市立小・中学校への通学距離が4km以上の児童及び6km以上の生徒等に対して、通学に要する経費の一部を補助することにより、保護者負担の軽減と義務教育の円滑な運営を図る。
学校問題解決支援チームの設置新規7,582学校だけでは対応が難しい諸問題に迅速かつ適切に対応するために、スクールソーシャルワーカーを配置するとともに、「学校問題解決支援チーム」を設置して、学校への支援体制を充実させる。
学校給食費公会計化事業拡充1,908,73169,781将来にわたり市が責任をもって学校給食を実施できるよう、保護者からの給食費を市の歳入として徴収し、市が直接食材を調達する。
給食施設設備整備事業継続30,00030,000老朽釜置換えや給食用備品の買替えを行い、学校給食施設設備の改修等を年次的に進める。
西宮養護学校児童生徒の通学体制確保に係る事業拡充24,4167,678西宮養護学校通学バス5台のうち新たに2台、合計3台の運行業務を民間業務委託することで効率性と安定性の確保を図り、安全・安心な通学体制を保障する。
学校施設空調設備整備事業継続358,12519,210民間活力の導入により、平成25・26年度の2年間で中学校普通教室等への空調設備の整備を行う。未整備の小学校については、中学校の整備に続いて行う予定であるが、一部の小学校については、平成26年度の整備に向け、25年度に設計業務を実施する。
学校施設整備事業継続96,028160,500学校の安全・安心対策、老朽設備等の機能改善などを中心に、学校の施設整備を年次的に行う。また、体育館天井材の落下防止等、非構造部材の耐震化に向け設計業務を実施する。
学校施設エレベーター設置事業継続9,7568,000障害を持つ児童・生徒の学習環境改善等の視点から、エレベーター設置のための設計業務を実施する。
[小学校3校における新設工事について、平成24年度補正予算で計上し(124,216千円)、25年度に繰越実施する。]
学校施設中長期修繕計画事業継続99,98713,000外壁改修及び屋上防水を施すことにより、建物の長寿命化を図り、児童・生徒の良好な学校教育環境の確保と、外壁落下防止などの安全を確保する。
・平成25年度:外壁改修(瓦木小学校、生瀬小学校)、屋上防水(北夙川小学校、甲陽園小学校)
津波避難施設の太陽光発電照明整備事業新規22,440津波避難ビルに指定されている市立学校において、夜間における緊急進入の誘導灯として、蓄電池を装備した太陽光発電により点灯する街路灯を設置する。
夙川小学校校舎等増改築事業継続90,000882,827夙川小学校における児童の安全・安心と地域住民の避難場所としての機能の確保のため、新耐震基準を満たさない東校舎と北校舎の改築を行う。また、環境モデル校として、太陽光発電や雨水利用、屋上緑化、ビオトープ等を整備する。なお、平成25年度で本事業は完了する。
・平成25年度:外構工事、運動場整備工事等
南甲子園小学校校舎等増改築事業継続54,8314,462新耐震基準不適合や教室不足の課題を解消するため、校舎全面改築を実施する。また、同校が甲子園浜から約300mに位置するため、地域住民の避難場所として、津波避難も考慮した防災機能の強化を図る。効率的・効果的な改築を実施するため、デザイン・ビルド(設計施工一括)手法を導入する。
・平成25年度:基本設計、設計施工事業者の決定
上甲子園小学校校舎等増改築事業継続57,9404,462新耐震基準を満たさない上甲子園小学校北校舎について、児童や地域住民の安全・安心の確保を目的として増改築を行う。
・平成25年度:基本設計、実施設計、先行工事、仮設校舎設置
学校施設耐震補強事業継続1,115,0721,175,234新耐震基準を満たさない学校園施設を対象に、安全で快適な教育環境の整備・確保を目的として、耐震補強事業を年次的・計画的に実施する。平成25年度は、PFI手法17棟の耐震補強工事を行い、改築による耐震化対象校を除き、全学校施設の耐震化を完了させる。
〔平成25年度に従来手法で実施する24棟の耐震補強工事については、24年度補正予算で計上し(1,213,299千円)、25年度に繰越実施する。〕
(仮称)第46小学校新設事業新規3,056,499高木小学校の過大規模を解消するため、平成28年度開校を目指して、高木小学校区内に新設校を整備する。25年度は学校用地を取得するとともに、基本設計・実施設計に着手する。
教室不足対策事業継続103,330126,710児童・生徒の急増に伴い教室不足が見込まれている学校に、必要な仮設校舎を設置することにより教室不足を解消する。平成25年度は2小学校(うち1校は増設)に8教室、3中学校に8教室(うち1校は増設)、西宮養護学校に4教室を新たに設置する。

ページ上部へ


施策・事業名区分25年度予算額
(千円)
24年度予算額
(千円)
事業の概要
鉄道駅舎エレベーター等設置補助事業継続20,166バリアフリー化を促進するため、鉄道事業者が駅舎にエレベーター等を設置する際、事業費の一部を補助する。
・平成25年度:阪神久寿川駅エレベーター等設置工事、JR生瀬駅調査・設計
介護療養型医療施設転換整備補助事業新規18,000介護療養型医療施設から老人保健施設等への転換にあたり、建物改修等を行う際、事業費の一部を助成する。
・平成25年度:介護療養型医療施設サンクリニック
特別養護老人ホーム整備事業継続204,090221,400介護保険事業計画に基づき、入所待機者の解消を図るため、特別養護老人ホーム等を整備する社会福祉法人に対し、建設費等の補助を行う。
・平成25年度:今津港町地域密着型特別養護老人ホーム建設等補助、枝川町特別養護老人ホーム建設等補助等
養護老人ホーム改修事業継続1,81210,000養護老人ホーム寿園の老朽化した暖房用ガスボイラーを中長期修繕計画に基づき更新するのに併せ、給湯用としても使用できる設備に更新する。
(ガスボイラー更新に係る総額6,000千円のうち、4,188千円については公共施設の中長期修繕計画事業にて別途計上)
介護認定調査事務受託法人委託業務新規12,000要介護認定調査について、指定市町村事務受託法人を設立し、認定調査業務の一部を委託する。
福祉施設補修・改修事業継続24,86615,000市立デイサービス等の福祉施設の老朽化した設備や機器について、適切に修繕や更新を行い、安心して利用できる環境を提供する。
・平成25年度: かぶとやま荘 空調熱源更新工事、鳴尾老人福祉センター トイレ改修工事、安井デイサービスセンター エレベーター改修工事
民間障害福祉施設建設補助事業継続31,44880,939障害福祉施設を運営する社会福祉法人の施設大規模修繕費等に対する費用の一部補助を行うことにより、障害福祉サービスの充実を図る。
・平成25年度:新生会作業所の印刷機更新、すずかけ第2作業所の空調更新等
北山学園改修事業継続2,5949,790耐震診断の結果をもとに、施設の耐震補強設計に伴う評価を行う。
基幹相談支援センター設置事業拡充95,50371,940従来の障害者相談支援体制を再編し、利用者にとって真に必要なサービスの提供が行えるよう、相談支援事業所の指導や支援を行う「基幹相談支援センター」を南部・北部に1か所ずつ設置する。
・平成25年度:総合福祉センター内、ななくさ新生園内にて開所
障害者虐待防止センター事業新規7,945障害者虐待防止法の施行に伴い、障害のある方への虐待を未然に防ぐための啓発を行うとともに、虐待が起こった場合に速やかに対応できる体制を基幹相談支援センター内に構築する。
児童発達支援センター等整備事業継続16,55213,820老朽化している「わかば園」について、移転・建替だけでなく、多様化する障害児の療育ニーズに対応するため、児童発達支援センターとして平成27年度の完成に向け整備を進める。併せて、スクーリングサポートセンターとの合築を図り、福祉と教育の相互連携を目指す。
・平成25年度:事業者選定に係るアドバイザリー業務委託等
保健所業務システムの再構築継続10,6199,965現行の保健所業務システムについて、本庁の共通基盤に移行させるなど、必要な整理・集約を行う。
10か月児健康診査の実施拡充31,50615,787アンケート方式で実施している10か月児健康診査を、医療機関で受診する個別健診方式として実施することで、乳児の成長発達を確認する機会や、保護者への育児支援の機会を増やす。
がん検診推進事業継続133,024117,817子宮頸がん、乳がん、大腸がん検診の無料クーポン券と検診手帳等を対象者に配布し、検診を促すことで死亡原因の第1位であるがんの早期発見につなげる。また、前立腺がん検診の実施に向け、関係機関との実施方法についての協議、システム改修等を行う。
妊婦健康診査事業の拡充拡充316,809324,717経済的負担軽減のため妊婦健康診査を引き続き実施するとともに、妊婦の歯周病の予防・早期発見を目的に、妊婦歯科検診を実施する。
予防接種事業拡充1,538,2131,577,598子宮頸がん予防、ヒブ、小児用肺炎球菌の3ワクチンを定期予防接種として実施する。また、平成24年9月に導入された不活化ポリオワクチン予防接種及び11月に導入された四種混合ワクチン予防接種の個別接種を引き続き実施する。また、呼吸器などに一定の障害を有する70歳以上の対象者に高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用を一部助成する。
中央病院医療機器購入事業継続60,00060,000耐用年数を経過した医療機器や、医療水準に適合しない医療機器を年次的に更新する。〔病院事業会計〕
中央病院施設修繕事業継続11,17020,000患者の安全性を確保し、病院経営に支障をきたさないよう、老朽化した施設の計画的な更新を行う。〔病院事業会計〕
中央病院経営健全化の推進新規25,751高度医療の提供、給与水準の適正化、経営形態の変更(地方公営企業法の全部適用)などにより、経営の健全化に取り組む。事業費としては、市長部局から独立した人事給与システムの導入経費を計上する。〔病院事業会計〕
看護師修学資金貸与事業新規6,000中央病院での勤務を希望する看護学生に対し、月額5万円の貸付を行う。〔病院事業会計〕
国民健康保険被保険者負担軽減のための国保特別会計への繰入金継続1,000,0001,000,000医療費の増加などにより国民健康保険料の大幅な引き上げが見込まれるため、一般会計からの繰り入れを継続することにより、保険料率の抑制を図るとともに、特別減免を引き続き実施する。
国民健康保険料コールセンター導入事業新規9,359国民健康保険料コールセンターを開設し、初期滞納者への電話による納付の催告を早期に行うとともに、口座振替利用の勧奨もあわせて実施することで、保険料収納率の向上を目指す。
はり・きゅう・あん摩・指圧・マッサージ受領委任払のためのシステム改修事業新規9,765はり・きゅう・あん摩・指圧・マッサージにおける福祉医療費の受領委任払について、平成26年度からの実施に向け、福祉医療給付システムの改修を行う。
総合健康診断(人間ドック)受診費用助成事業(後期高齢者)新規18,044後期高齢者医療制度の被保険者に対する人間ドック受診費用の助成を実施し、介護予防や疾病の早期発見による重症化予防を図り、市民の健康保持増進に努める。
青峯連絡道整備事業新規17,000青葉台地区と花の峯地区を結ぶ連絡道路を整備し、災害時の避難路・救援路として防災力の強化を図る。
・平成25年度:調査設計等委託
特殊地下壕(甲陽園地下壕4号壕)対策事業新規103,500特殊地下壕(甲陽園地下壕4号壕)の崩落が近年進んでいるため、抜本的な対策工事(埋め戻し)を実施して安全を確保する。
災害用備蓄トイレ配備事業新規10,452災害発生直後の初期対応として市内の各避難所に車椅子対応型トイレを配備し、車椅子での利用や子どもから高齢者まで様々な条件の市民が利用できるよう備蓄する。
地域防災計画等関係事業(被害想定見直し業務)拡充14,8055,000国や県の地震被害想定及び津波被害想定に基づき、本市の被害程度について精査・検討を行うとともに、原子力災害対策に関し国・県との連携について検討を行い、各内容について地域防災計画の見直しに反映させる。
西宮市防災マップ更新事業拡充6,332西宮市防災マップの更新にあたり、津波浸水想定区域を見直すほか、防災行政無線の設置箇所図を掲載する。また、地図や各種災害情報の更新も同時に行う。
急傾斜地崩壊対策事業継続3,0005,500県が施工する急傾斜地崩壊対策工事の費用の一部を負担する。
・平成25年度:山口町下山口(有馬病院西側斜面地)
土砂災害警戒区域調査事業新規7,000避難勧告等の発令を円滑に行うために、土砂災害警戒区域の危険箇所の現状についてカルテを作成する。
[仮称]総合防災センター整備事業継続10,4843,000前年度の調査を踏まえ、本市の防災拠点となる[仮称]総合防災センターの整備に向けた基本構想の策定等を行う。
土砂災害訓練事業新規8,000北部地域において想定される大雨による土砂災害等に備えるべく、避難勧告発表時の情報取得方法、避難方法、避難ルート、非常持ち出し品の確認など、適切な避難について市から配布するマップや実際の訓練を通して学ぶ機会とする。
消防団車庫整備事業継続30,000老朽化した消防団車庫を、消防団の活動拠点にふさわしい鉄骨造の施設に改築する。
・平成25年度:津門分団
消防団車両等整備事業継続49,50048,474NOx・PM法の規制対象車両及び老朽化した防災資機材を計画的に更新する。
西宮消防署西宮浜出張所増改築事業新規18,548消防庁舎の増改築工事を行い、乗換出動を解消するために必要な仮眠室、女性職員用浴室及び車庫を整備する。
消防救急無線デジタル化事業継続378,00011,613電波法関係審査基準の一部改正に基づき、デジタル化に対応した消防救急無線設備を整備し、災害現場での安定した通信手段を確保する。
・平成25年度:設置工事
消防通信施設等整備事業継続8,2118,211経年劣化した署活動用無線機を更新整備する。
消防局車両等整備事業継続324,094197,428NOx・PM法の規制対象車両、長期使用により主性能が低下した車両及び救助用資機材を計画的に更新整備する。
・平成25年度:消防ポンプ自動車、はしご自動車等
競馬場線街路事業継続201,0005,000競馬場線(市道幹6号線)の道路整備を行い、鳴尾駅周辺の交通環境の改善を図る。
・平成25年度:調査設計等委託、用地買収、物件移転等補償等
県施行事業地元負担金(阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区等))継続420,167345,067阪神電鉄本線の甲子園駅から武庫川駅間(約1.87km)を連続的に高架化する等、県の事業に対し、負担金で対応する。
西448号線道路改良事業継続5,000鷲林寺地区の歩行者の安全対策と沿道環境の改善を図るため、現道を拡幅し歩道整備を行う。
・平成25年度:調査設計等委託
山手幹線二次改築・電線共同溝整備事業新規14,100電線共同溝整備とあわせて、道路二次改築を行い、防災機能の強化や道路環境の改善を図る。
・平成25年度:調査設計等委託等
渋滞交差点改良事業継続10,00035,000右折レーンの設置や幅員構成の変更等により、渋滞解消及び交通の安全性向上を図る。
・平成25年度:交差点改良工事(今津出在家)、調査設計等委託
山手幹線街路事業(熊野工区)継続216,00014,000未整備区間である熊野工区について、早期整備を図る。
・平成25年度:調査設計等委託、用地買収、物件移転等補償等
中津浜線二次改築事業継続50,00075,000歩道の修景化やバリアフリー整備、車道の低騒音舗装など中津浜線の二次改築を年次的に行う。
・平成25年度:道路改良等工事等(国道171号以南)
甲180号線電線共同溝整備事業継続137,50017,000関西学院大学前・学園花通りの無電柱化整備により、都市景観の形成及び広域避難地等への緊急避難路の防災機能の向上を図る。
・平成25年度:道路改良等工事等
歩道改良事業継続11,00035,000歩道のバリアフリー化を図るために、歩道の交差点部における段差解消を実施する。
・平成25年度:歩道切り下げ工事(浜甲子園3丁目外)
甲256号線道路改良事業新規47,000上ケ原中学校の西側に位置する甲256号線の幅員狭小及び視距不良区間について、道路改良工事を行う。
・平成25年度:用地買収、調査設計等委託
歩道新設事業継続125,00037,000歩道未整備の道路において、交通事故を防止し歩行者等の通行の安全を確保するために歩道を整備する。
・平成25年度:津門呉羽町外
通学路安全対策(路肩カラー舗装化)事業継続46,000歩道新設整備が実施不可能な通学路の安全対策として、道路肩のカラー舗装化を実施する。
[平成24年度は補正予算で実施]
交通安全施設等整備事業(交通安全特別交付金)継続85,00085,000道路交通安全を確保するために、交通安全施設の新設等を実施する。
橋梁改良事業継続12,00030,000被災落橋した場合に市民生活等に与える影響が大きい市管理橋梁について、橋脚補強・落橋防止等の耐震対策を実施する。
・平成25年度:住江橋
橋梁長寿命化修繕事業継続128,500151,000将来にわたる橋梁の修繕・架け替えに係る費用の縮減を図るために、予防的な修繕などを行い橋梁の長寿命化を図る。
・平成25年度:新天上橋外
舗装補修事業継続25,00050,000老朽化した道路舗装の補修を行う。
・平成25年度:小曽根線
立体横断施設改修事業新規8,000老朽化している道路施設の横断歩道橋、エレベーター、エスカレーターの長寿命化修繕や更新を図る。
・平成25年度:一里山歩道橋
道路附属施設更新事業新規40,500老朽化している交通安全施設(道路反射鏡、道路標識、防護柵)の長寿命化修繕、更新を図る。
道路照明灯更新事業継続59,00045,000損傷や老朽化により転倒などの恐れがある道路照明灯の計画的な更新整備を行い、道路交通の安全性を確保する。
甲子園駅改善等整備事業継続150,400103,000駅のバリアフリー化を含めた甲子園駅総合改善事業を支援するとともに、駅周辺部の安全で円滑な交通機能の確保や賑わいとうるおいのある駅前空間の整備を検討する。
・平成25年度:駅舎改築・擁壁・橋脚等工事、駅前広場基本設計等
西宮市総合交通戦略策定事業新規19,939公共交通などの移動利便性の高いまちづくりを進めるため、中長期的な交通計画や施策・事業の実施プログラムから構成される「西宮市総合交通戦略」の策定に着手する。また、長期未着手路線が残存する都市計画道路網の見直しを行うため、県のガイドライン等を踏まえ、交通機能面における都市計画道路の必要性等について調査・検討を行う。
JR西宮名塩駅バリアフリー化推進事業新規8,000JR西宮名塩駅において、駅利用者の利便性向上を図るため、高低差のある改札口と駅前広場及びロータリーの間を相互に結ぶエレベーターの整備に着手する。
さくらやまなみバス事業継続138,15056,497山口地域と南部地域を直接連絡するさくらやまなみバスを継続して運行するための経費を助成する。
コミュニティ交通検討事業拡充3,463500生瀬地域におけるコミュニティ交通について、地域住民が主体となって行う事業の検討作業や試験運行を支援し、導入可能性、事業採算性などを検証する。
阪急武庫川新駅関係事務継続1,000500阪急神戸線武庫川部の新駅設置について、引き続き、関係機関との協議を進めるための調査を行う。
上水道施設の整備継続2,838,0022,462,119老朽化による管路破損事故を未然に防ぐとともに、災害に強く早期復旧が可能な水道システムの構築を目指して、老朽鋳鉄管の更新と管路の耐震化を行う。また、浄水場施設の統廃合を含む施設等の改築更新整備や耐震化を行う。[水道事業会計]
阪神水道企業団への出資金継続336,789352,799市民に安全な水を安定的に供給するため、阪神水道企業団が実施する第5期拡張事業等に対して出資を行う。
琵琶湖総合開発事業割賦負担金継続3,810106,466上水を安定供給するため、琵琶湖総合開発事業に参画することにより安定した水源を確保する。[水道事業会計]
下水道施設の整備継続4,254,3093,642,538ポンプ場、処理場の施設等を更新し、機能の維持・強化を図る。また、公共用水域の水質向上のため、高度処理や合流改善事業を進めるとともに、浸水被害の軽減に向け、雨水管渠や流出抑制施設(雨水貯留施設)の整備を進めるほか、武庫川流域下水道整備にかかる建設負担金を支出する。[下水道事業会計]
宅地耐震化推進事業継続9,1358,621大規模盛土造成地の安全確認ができていない箇所において、詳細な現地調査及び安定解析により滑動崩落防止工事の必要性を検討する。
市営住宅整備事業継続133,315898,531「西宮市営住宅整備・管理計画」に基づき、老朽化した市営住宅をPFI方式等により計画的に建替えることにより、住宅ストックの更新と住宅跡地の利活用を図る。(市営石在町団地整備事業ほか) 
[甲子園九番町住宅買収費等(987,691千円)について、平成24年度補正予算で計上し、25年度に繰越実施する。]
市営住宅等改修事業継続18,697260,082住宅の安全性を確保するとともに、住民の利便性向上を図るため、既存市営住宅の耐震改修や駐車場整備を行う。
[外壁改修事業費(176,502千円)について、平成24年度補正予算で計上し、25年度に繰越実施する。]
住宅管理台帳システム整備事業拡充23,7746,796住宅管理台帳システムをバージョンアップすることによってプログラムの再構築を行う。また、継続的な保守管理・更新を行う。
自転車駐車場整備事業継続11,7956,150放置自転車等が多い駅周辺において自転車駐車場の整備を行い、市民サービスの向上と放置自転車の減少に努める。
・平成25年度:阪神東鳴尾駅、洲先駅

ページ上部へ

施策・事業名区分25年度予算額
(千円)
24年度予算額
(千円)
事業の概要
環境学習都市宣言10周年記念事業新規4,000環境学習都市宣言を行ってから10周年にあたり、今後の環境施策を進めていく上で、改めて本市の歴史を振り返り、環境学習都市宣言で謳っている「持続可能なまちづくり」を更に推進・発展させる契機として、シンポジウムの開催、記念誌の作成等を行う。
新エネルギー・省エネルギー推進計画の策定新規5,000市民や事業所等と連携して、エネルギー・環境問題に対する地域全体の意識を高めつつ、新エネルギー及び省エネルギーの具体的な導入・普及の方策を定めるため、推進計画を策定する。
住宅用太陽光発電システム設置補助金交付事業継続45,00045,000「持続可能な地域づくりECOプラン-西宮市地球温暖化対策地方公共団体実行計画(区域施策編)-」に基づき、民生家庭部門における温室効果ガスの削減を支援するために、太陽光発電システムを設置した住宅に対して補助を行う。
生物多様性地域戦略推進業務拡充14,695442生物多様性にしのみや戦略を推進するにあたり、それぞれの生態系を保全するための自然調査や保全整備を行う。また、市民に対する啓発のため、概ね10年ごとに実施している市民自然調査を、環境学習都市宣言から10周年にあたる平成25年度に実施する。
西宮浜・御前浜公園整備事業新規6,000西宮浜総合公園及び御前浜公園の整備方針を策定する。
公園施設更新事業新規16,000老朽化した公園施設の計画的な更新・改修を行い、利用者にとって安全で快適な公園を提供する。
・平成25年度:樋之池公園テニスコート
その他プラスチック分別収集事業拡充72,76925,464CO2排出量の削減とリサイクルへの意識を高めるため、その他プラスチック製容器包装を分別収集し、資源化に取り組む。
清掃作業車両整備事業継続53,74637,478耐用年数に達したじんかい収集・水路清掃作業車両を、順次低公害車に更新していく。
広域廃棄物埋立処分場建設補助事業継続1,76714,630大阪湾フェニックス計画による廃棄物埋立処分場の建設工事のうち、一般廃棄物(焼却灰等)にかかる建設費を負担する。
その他プラスチック処理事業拡充132,9427,094その他プラスチック製容器包装の再資源化に必要な保管・選別・圧縮の中間処理を適正かつ効率的に行う。なお、平成25年度から全市域で処理を行う。
西部総合処理センター基幹設備更新事業継続489,462527,800西部総合処理センターの焼却施設及び破砕選別施設において、老朽化により機能低下が生じている設備や機器を更新・改良することにより、処理能力を維持し、併せて施設の安定稼動、及び延命化を図る。
東部総合処理センター管理運営事業拡充406,028110,286東部総合処理センターの運営を委託し、管理運営費の削減と可燃ごみの適正処理を図るなど、効率的・安定的かつ良好な運営を進める。(平成24年12月より委託開始)
食肉センター整備事業継続31,10021,265食肉センターにおいて、老朽化した設備の更新を行う。
・平成25年度:冷蔵庫等更新
満池谷火葬場火葬設備改修事業継続8,4007,350故障等による業務停止を避けるため、耐用年数を経過した火葬設備を計画的に更新する。
・平成25年度:排ガス処理設備(排気ファン・燃焼空気ブロア)更新
白水峡公園墓地建設事業継続64,440116,439白水峡公園墓地の整備を行い、市民に低廉で良質な墓地を計画的に供給する。
・平成25年度:墓所60区画整備及び無縁塚整備等
環境監視設備等整備事業継続8,92410,000大気汚染防止法、水質汚濁防止法等に規定された大気汚染や水質汚濁等の常時監視測定を円滑に実施するため、測定機器を適正に整備、更新する。
文教住宅都市宣言50周年記念シンポジウム新規2,982「(仮称)文教住宅都市にしのみやのこれまでと未来」のタイトルで記念シンポジウムを開催する。有識者や著名人等による基調講演、まちづくり、景観等の関係者によるパネルディスカッション、西宮のまちなみの今昔写真展などを開催し、本市が目指す「文教住宅都市」のイメージをあらためて市民と共有し、今後の施策展開につなげていく。
市道等無電柱化計画の策定新規4,000市道を対象とした無電柱化について、都市景観の向上に資する事業候補区間を選定したうえで、整備の優先度を示した概ね10年間の整備計画を策定し、市民に公表する。
アサヒビール西宮工場跡地等まちづくり検討事業拡充13,2725,000工場跡地等における公共施設(基盤施設)整備の具体化に向けた基礎調査や基本計画を策定するとともに、地区計画案並びに公共施設整備の国庫補助金導入に向けた事業手法について検討を行う。
JR西宮駅北側~阪急西宮北口駅における市有地有効活用検討事業新規3,000阪神西宮・JR西宮駅周辺地区と阪急西宮北口駅周辺地区の両都市核相互の回遊性を高めるため、JR西宮駅北側の旧国鉄用地、旧食肉センター用地及び芦原小学校跡地の有効活用策について検討を行う。
甲東瓦木地区基盤整備事業拡充2,000土地区画整理事業として都市計画決定されている甲東瓦木地区の整備について、現在の地区特性を踏まえ、都市計画の見直しも含めて検討を行う。
西宮北口駅北西地区まちづくり整備事業継続91,960198,210阪急西宮北口駅北西地区の駅前公園と津門川護岸の修景整備をまちづくりの骨格に据え、安全で快適な歩行者空間のネットワークづくりを行い、駅直近にふさわしい街並みを形成するとともに、駅周辺地区との回遊性向上を図る。
・平成25年度:津門川ガードレール改修等工事
西178号線道路改良等事業新規6,000西宮浜と内陸部の連絡道路、バス路線である西178・180号線の拡幅・自転車歩行者道の整備及び西宮旧港の一部を埋立て周辺整備を行い、通行の安全や環境の改善を図る。
・平成25年度:調査設計等委託

ページ上部へ


施策・事業名区分25年度予算額
(千円)
24年度予算額
(千円)
事業の概要
都市型観光推進事業継続27,07266,248本市の観光振興事業の牽引役を担う西宮観光協会の組織強化を図り、さくら祭など既存イベントとの連携を図りながら、「西宮まちたび博」で培われた取組みを実施するとともに、本市の多彩な魅力を市内外へ発信する観光プロモーションを展開する。
卸売市場の整備に向けた検討事業継続5,4554,445JR西宮駅前の卸売市場について、これまで検討してきた将来的な方向性に基づき、市場機能の整理を行い、整備手法について検討を進める。
環境などに配慮した住宅リフォーム助成モデル事業継続7,2506,250地域経済の活性化や市民の住環境の向上を図るため、市民が市内の施工業者に発注して環境などに配慮した住宅のリフォームを行う際の費用の一部助成をモデル事業として引き続き実施する。
勤労会館他建物設備改修事業継続6,000勤労会館他建物の受電施設の更新工事を実施する。
若年者等就労支援事業拡充16,98813,500現行の西宮市しごと相談室を、専門的な知識や技能を持つスタッフを配置した総合的な窓口とし、県の助成を受けてキャリア形成支援事業を実施するなど、若年者等就労支援事業の充実を図る。また、厚生労働省が実施する地域若者サポートステーション事業の誘致に取り組む。

ページ上部へ

施策・事業名区分25年度予算額
(千円)
24年度予算額
(千円)
事業の概要
「ザ・チェック!西宮」シンポジウム継続5841,983平成23年度と24年度に実施した西宮版事業仕分け「ザ・チェック!西宮」の成果と課題を振り返り、今後の西宮市が目指すべき行政運営の方向性について、市長が評価員と語り合うシンポジウムを開催する。
補助金制度の再構築継続1,8621,894第三者機関による補助金事業の点検・評価を引き続き実施するとともに、補助金制度の改善に向けた統一的な基準づくりを行う。
公共施設マネジメント事業拡充11,2395,795公共施設マネジメントについては、計画的な施設の整備・保全に努める。また、公民館や市民館など地域集会施設については、効果的な利活用・適正配置について、市民や学識経験者などによる検討に着手する。
口座振替推進キャンペーンの実施
 (市税・国民健康保険料)
新規1,338市税及び国民健康保険料の収納の効率化・安定化等の観点から、口座振替を積極的に推進するため、口座振替利用者の中から抽選で、西宮の特産品等を贈るキャンペーンを実施する。
アプリ甲東立体駐車場設備保全事業新規15,047アプリ甲東立体駐車場の駐車券発行機2台、自動料金精算機1台及び付属機器を更新する。
公共施設の中長期修繕計画事業継続344,558263,140公用・公共建築物の劣化を防止し良好な状態を保つため、適時・適切な保全を実施することにより、安全・機能の確保、建築物の長寿命化を図る。また、ライフサイクルコストの低減などにより、環境負荷軽減にも貢献する。
・平成25年度:屋上防水改修(流通東公園体育館、小松朝日保育所等)、外壁改修(建石保育所・夙東市民館、食肉センター等)、主要空調設備改修(鳴尾東公民館、美化第2課事務所等)
公共施設の耐震診断・耐震改修事業継続30,89413,472西宮市耐震改修促進計画に基づき、公共建築物(学校園・市営住宅を除く)のうち耐震改修促進法に定める特定建築物に該当する公共施設及び地域防災計画で指定する避難所について、平成27年度末での施設の耐震化率100%達成に向け、耐震診断及び耐震改修を実施する。
・平成25年度:補強設計(福祉会館等)、実施設計(今津公民館、北甲子園口市民館等)、改修工事(鳴尾保育所・児童館・鳴尾センター)
施設点検・施設情報整備事業新規29,560建築基準法第12条の点検の一部を外部委託により実施する。また、同点検を実施した結果や施設の関連図面をCAD化し、施設の情報を一元管理する。
西宮コミュニティ放送(さくらFM)への支援事業継続70,30370,000市政情報や市民生活に密着した地域情報などの番組制作を西宮コミュニティ放送(さくらFM)に委託し、ラジオを通じて市民への広報を行う。また、市の財政負担を明確にするため、平成24年度まで行っていた短期貸付を25年度より20,000千円の4年の長期貸付に切り替える。
文教住宅都市西宮の将来像検討事業新規7,000文教住宅都市宣言50周年を機に、将来像や目指すべきまちの姿を実現するための方策について、市民や学識経験者等を交えて検討を行う。
市民部等フロア改修事業新規137,019現行のワンストップサービスの機能強化や、職員の業務動線の改善などによる待ち時間の短縮、個人情報の保護やプライバシーの確保を図るため、本庁舎1階市民部フロアの改修を行い、併せて、1階福祉部及び2階税務部フロアにおいて、市民にわかりやすい案内表示板等を設置するなど、市民の利便性の向上を図る。
住民基本台帳ネットワークシステム機器の更改作業新規21,000現行の住民基本台帳ネットワークシステム機器のサポートサービス終了に伴い、新たなオペレーションシステムを搭載した機器への更改作業を行う。
戸籍副本データ管理システムの構築及び運用事業新規6,815

災害発生時に戸籍正本・副本データが同時に消滅する危険性を防止するため、専用回線により戸籍データを遠隔地にある戸籍副本データ管理センターへ送信するためのシステム構築作業を実施する。

ページ上部へ


ダウンロード

これまでの主要な事業等の概要

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

政策推進課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 4階

電話番号:0798-35-3427

ファックス:0798-23-3084

お問合せメールフォーム

seisaku@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ