このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

データ分析の取り組み

更新日:2021年4月1日

ページ番号:33174026

西宮市におけるEBPMへの取り組み

 平成28年(2016年)12月、今後の少子高齢化の進展への対応など直面する課題解決に対応するため、官民データの適正で効果的な活用の推進に関する基本理念を定めた「官民データ活用推進基本法」が公布・施行されました。同法9条3項で、市町村による「官民データ活用推進計画」の策定は努力義務とされましたが、本市は平成31年(2019年)3月、第5次西宮市情報化推進計画の下位計画として「西宮市データ利活用ロードマップ」を策定しました。
 ロードマップに沿って、急速に進む少子高齢化への対応をはじめ、事務の軽減、地域課題の解決、住民及び事業者の利便性向上等に寄与するため、市が保有する多種多様で豊富なデータを十分に活用し、そのデータの分析を行うことで、客観的な証拠に基づいた政策や施策の企画・立案が行われるEBPM(Evidence Based Policy Making)を推進しています。

西宮市データ利活用 ロードマップ(第5次西宮市情報化推進計画)

データ分析のためにデータを蓄積

 EBPMの推進にあたっては、保有するさまざまなデータを分析・活用し、政策効果の測定に重要な関連を持つ情報や統計等のデータを算出することが重要となります。
 そのため西宮市では、令和元年9月に個人情報保護条例を改正し、個人情報を特定の個人が識別できないように抽象化して、分析のために蓄積できることとしました。
 令和2年3月の条例施行以降、データ蓄積を順次行っています。

個人情報保護条例

※リンク先で、題名を「個人情報保護条例」として検索してください。

「個人情報保護評価書」に基づいたデータの蓄積

 蓄積するデータは抽象化され、ひと目で個人が特定できる状態ではありませんが、個人情報にあたりますので厳重な取り扱いが必要になります。そこで、データの蓄積に際しては、個人情報の取り扱い方をまとめた「個人情報保護評価書」に基づいた取り扱いをいたします。
 この「個人情報保護評価書」の作成にあたっては、皆さんからの意見募集を行いました。

個人情報保護評価書の内容

意見募集結果について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

デジタル推進課

西宮市六湛寺町8-28 西宮市役所第二庁舎5階

電話番号:0798-35-3524

ファックス:0798-37-2032

お問合せメールフォーム

jyosys@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ