このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年度人権フォーラム「気づきで広がるこころの輪!」

更新日:2021年12月16日

ページ番号:50226073

毎年人権週間 (12月4日~10日) に啓発事業として人権フォーラムを開催しております。今年度の講演会は終了しました。多数のご応募、ご参加ありがとうございました

1.講演会 

テーマ「 一緒に生きて行きましょう ーもう少しだけ強く、優しくなりたいあなたへー」講師:家田荘子さん

〇日時: 令和3年12月4日(土曜日)午後1時30分~午後3時( 午後1時開場 )
〇場所: プレラホール(プレラにしのみや5階)
〇講演テーマ:「一緒に生きて行きましょう ーもう少しだけ強く、優しくなりたいあなたへー
 講師:家田荘子さん (作家・高野山真言宗僧侶)

〇定員:75名 (要申込・抽選あり)  参加無料・手話通訳と要約筆記あり
〇申し込み方法(11月5日締切)
 ・インターネット  ・・・下記URL または 右QRコードより申込(24時間受付)
      URL(兵庫県電子申請システムへ移行します)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
 ・ハガキ     ・・・宛先:人権教育推進課 住所:662-0844 西宮市西福町15-12
 (※11月5日必着)   記入事項:お名前(参加者全員)、住所、電話番号、催し名「人権フォーラム講演会」※同伴者1名まで
〇チラシ 
 ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。2021年12月4日西宮市人権フォーラムのチラシ(PDF)(PDF:1,032KB)

〇抽選結果 11月中旬に送付予定
〇内容:
今年の人権フォーラムは、僧侶であり作家としても活躍している家田荘子さんをお迎えして講演会を開催します。
家田さんは、女優やOLなど10以上の多様な職歴を経て作家となり、2007年から高野山の僧侶としても活動をされています。
幼少期にいじめで疎外された経験をきっかけに、真摯に「生きる」ことに向き合い、これまで光のあたっていなかった世界や人々に目を向け、
「生の声」を発信し続けて来られました。
今回は、新型コロナウイルス感染症に関するお話を交えながら、みなさまの明日への小さな一歩につながりますよう、
人権についてのご講演をしていただきます。

〈家田荘子さんのプロフィール〉
日本大学芸術学部放送学科卒業
高野山大学大学院修士課程修了
1991年「私を抱いてそしてキスしてーエイズ患者と過ごした一年の壮絶記録」で大宅壮一ノンフィクション賞受賞
2007年 高野山大学にて伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受け、僧侶に。住職の資格を持つ。
高野山の奥の院、または総本山金剛峯寺にて駐在(不定期)し、法話を行っている。
〈主な著書〉
『極道の妻たち』R 『歌舞伎町シノギの人々』
『四国八十八カ所つなぎ遍路』 『少女犯罪』など
〈近著〉
『別れる勇気』(さくら舎)『バブルと寝た女たち』(講談社文庫・電子書籍)
『大人の女といわれる生き方』(さくら舎) 『熟年婚活』(角川新書)
『孤独という名の生き方』(さくら舎) ※YouTubeにて「家田荘子 ココロの法話」配信中

2. ふれあいの広場

ふれあいの広場では、市内で人権学習や人権保障の活動を続ける市民グループ・団体による活動紹介や市民向けの啓発事業を行っています。
なお、今年度は、新型コロナウイルスの影響により、ふれあいの広場の開催は【 中止 】となりました。

3.過去の講演について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

人権教育推進課

西福町15番12号 若竹生活文化会館内1階

電話番号:0798-67-0075

ファックス:0798-66-6686

お問合せメールフォーム

k_jinken@nishi.or.jp

本文ここまで

人権

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ