このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

好晴の日に大盛況!甲子園キッズフェスタ~2022autumn~

更新日:2023年1月25日

ページ番号:46961202

2022年11月12日、秋とは思えない程の温かい日差しの中「甲子園キッズフェスタ~2022autumn~」が開催されました。
コロナ禍でも、子どもたちに新しい発見や体験ができる場所を提供したいという熱い思いのもと、今回で3回目の開催で、西宮市も参加している「スポーツを核とした甲子園エリア活性化推進協議会」が共催する、子どもたちに大人気のイベントです。
「甲子園」と言えば球児の憧れの場所として有名ですが、西宮市民にとってアイデンティティを象徴する場所でもあります。
今回は西宮市内のスポーツ団体の協力で体験できるスポーツ種目が充実したほか、ものづくりや謎解き体験など盛りだくさんの内容で、子どもたちが笑顔で体を思いっきり動かす様子が見られました。
イベント開始の10時にはすでに列ができ、各イベントの予約もすぐ埋まるほどの人気ぶりで、約8,000人の方が来場したそうです。
たくさんの親子が来場し、大盛況だった当日の様子をご紹介します!!

毎回大人気の「のりもの体験」


毎回人気で行列ができる

阪神甲子園駅から阪神甲子園球場に向かう途中、高架下には消防車・救急車・パトカーが並んでいました。普段は乗れない運転席に座って、記念撮影ができる、毎回大人気のイベントです。
お子さんだけではなく、大人も笑顔で写真撮影する姿が見られました。

メダリスト朝原宣治さんが来場!かけっこ教室


朝原さん主宰かけっこ教室


朝原さんの指導を受ける子どもたち



2008年北京オリンピック銀メダリストの朝原宣治さん主宰「NOBY T&F CLUB」による、5~9歳までのお子さん対象「足が速くなるかけっこ教室」が開催されました。
リズムに合わせて足を素早く上げる練習など約45分の教室ですが、実際に参加すると楽しくあっという間に終わってしまったそうです。
指導以外にも、サインに応じたり一緒に写真を撮ったりするなど、参加者がより楽しめるように取り組んでいる朝原さんの姿がとても印象的でした。
そして何より、オリンピックのメダリストを身近に感じることで、参加者にとってより思い出深い体験となったことでしょう。


投球練習に使うブルペンでの「ベースボール教室」


ボールの打ち方や投げ方を習う子どもたち


阪神タイガースアカデミーコーチによる「ベースボール教室」の対象は、4歳~12歳までの野球未経験者。
普段は入れない、プロ野球選手が投球練習するブルペンに入ってレッスンを受けるという貴重な体験ができます。
レッスンではバットでボールを打つ・ボールを投げるといった基礎的なことから、ストラックアウトなどゲーム性のあるものまで体験でき、子どもたちは楽しく学んでいました。

球場内では幅広いジャンルのステージ


イベント中は無料で入れる球場観客席


日本舞踊を披露する「武庫川女子大学日本舞踊部」さん


カッコいいダンス「DANCE AILES」さん



フットバッグダンスパフォーマー「CHARHAN」さん


「ヒルナンデス!」のテーマ曲を歌う「Peco」さん


マジックを披露する沖縄出身「デビットちんすこう」さん



キッズフェスタ開催中は、無料で甲子園球場内観客席に入ることができます。席では飲食が可能で、甲子園カレーなどの球場グルメをいただきながらステージで開催されているマジックやダンス、すてきな歌を堪能することができました。
なかでも華やかだったのが、武庫川女子大学 日本舞踊部によるステージ。一般的には日本の伝統音楽に合わせて踊りますが、日本舞踊をもっと身近に感じてもらえるようにと、クラッシックの「ボレロ」や映画「SING/シング」の曲で踊りを披露しました。


雪が無くてもスキーが体験できる


雪の妖精「スノイル」と一緒に体操


3歳からレッスン可能



スノイルスキーキッズスクール体験は、六甲山スノーパークで使われているフリクションマットの上で、スキー板をつけてレッスンを受けます。 
準備運動時には、六甲山生まれの雪の妖精「スノイル」が登場し子どもたちは笑顔に。滑る姿勢などを教わったら、実際にスキー板をつけて傾斜を降りる練習をしました。
今回は約15分のレッスンですが、実際に六甲山スノーパークで行われている2時間のキッズスキースクールではゲレンデを真っすぐ滑れるようになるそうです。

どのイベントも手や体を動かし笑顔になれる


ハンドメイドワークショップに夢中☆


トランポリンなどのスポーツラリーは無料で参加可能


ゴールまで届くか?!バスケットシュート体験


ダブルダッチ&縄跳び体験


バレーボールアタックをして的を当てよう!


けん玉にも挑戦!


誰でも簡単に楽しめるボッチャ


親子で作るミニ四駆



甲子園球場内のハンドメイドワークショップでは、女の子の心をくすぐる小物づくりなどのワークショップがありました。
キラキラと光るビジューを着せ替えのドレスに付けたり、自分好みのシュシュやボールペンを作るなど楽しく取り組む姿が見られました。
また、パラリンピック競技にもなったボッチャも体験できました。だれでも簡単に参加できるスポーツとして人気を集めています。

阪神甲子園球場をもっと身近に

今回、甲子園キッズフェスタを企画・運営された阪神甲子園球場のご担当者にも、イベントに懸ける想いを伺うことができました。


甲子園球場と西宮市民との関係性を語る重森副球場長


パンフレット制作に並々ならぬ思いを語る中村さん



「甲子園」といえば野球の聖地としてよく知られていますが、西宮の市民の方に甲子園球場をもっと身近に感じてもらうとともに、子どもの成長に何か貢献できる機会があればという想いで開催が始まったとのこと。特に重森副球場長が「コロナ禍で遊びの場や活動の機会が失われた子どもたちに、キッズフェスタで実際に体を動かすことで運動やスポーツの良さを知ってもらいたい」と話されていたのが印象的でした。
実際に開催するごとに来場者数も増え、子どもたちが楽しむ姿に手ごたえを感じられている様子でした。
また今回は、アンケート用紙の裏面に当日参加できるスタンプラリーを用意するなど、パンフレット類の作成にも趣向を凝らしたそうです。集まったアンケートからは、「最初から最後まで楽しかった!」などと多くの声が届き中村さんの笑顔がこぼれていました。
当日の様子は、こちらでも紹介されています。

次回開催にも期待


阪神甲子園球場内の行き届いた手入れは有名!普段は見られない水やりの様子


阪神甲子園球場は、2024年8月1日に開場100周年を迎えます。
甲子園キッズフェスタは、歴史ある球場で、子どもたちが思いっきり体を動かしたり、普段は入れないような場所にも入れたり、子どもから大人まで存分に楽しめるイベントです。
2023年の春にも開催予定とのことですので、気になった方はこちらのページをチェックしてみてくださいね。
甲子園キッズフェスタ(外部サイト)新規ウインドウで開きます。



この記事は、西宮の人と人を繋ぐWebメディア「ニシマグ」にご協力いただき作成しています。
「ニシマグ」のホームページ(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

お問合せ先

広報課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 4階

電話番号:0798-35-3400

ファックス:0798-35-3449

お問合せメールフォーム

kouhou@nishi.or.jp

本文ここまで
このページの上部へ戻る

VISIT US!

市政ニュースやSNSでも市の魅力やイベント情報などを発信中!ぜひチェックしてみてください。

以下フッターです。
© 西宮市
フッターここまでページの先頭へ