このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【北六甲台小学校】バス乗り方教室

更新日:2022年7月29日

ページ番号:60006494

令和4年(2022年)6月22日、北六甲台小学校6年生児童を対象とした、地域活性化、地域とのつながり、実社会での課題解決手法の学びなどをテーマとする総合的な学習の時間の一環として、「バス乗り方教室」の授業が行われました。この授業は、阪急バスの協力により、日常生活の大切な移動手段のひとつとなるバスの乗り方や交通安全について、実物を目の前にしながら正しく学ぶことを目的としています。

北六甲台小学校がある山口地域では、地域とバスの関わりが深く、乗り換えなしで西宮の南部地域まで行くことが出来る「さくらやまなみバス」とJR西宮名塩駅、宝塚駅及び神戸電鉄岡場駅へ行くことができる阪急バス有馬線が運行しています。


授業開始

授業を行う西宮市立流通東体育館と阪急バス山口営業所へは、「さくらやまなみバス」と「阪急バス」の2両に分かれて乗車し移動。阪急バスの担当者も同乗し、バスにまつわることをわかりやすく説明してくれました。貸切状態のバスに乗った児童たちは、興味津々で車内を見回しながら話を聞いていました。






「安全教室」と「乗り方教室」

西宮市立流通東体育館では、2つのグループに分かれて「安全教室」と「乗り方教室」を実施しました。


安全教室では、実際の運転手さんが講師となり、交通安全に関することや「さくらやまなみバス」と「阪急バス」に関することなど様々な問題を出題。いちばん正解が多かった児童は、運転席に座らせてもらいバス車両の死角がどこか自らの目で確かめました。







乗り方教室では、阪急バスの担当者よりバスに乗る際のルールやマナー等、安心・安全なバスの乗り方を細かく説明していただきました。最後に、車椅子の乗降スロープを使って車内に入り、再度自分たちの目で説明のあった箇所を確認しあいました。



阪急バス山口営業所

阪急バス山口営業所では、洗車機・車両工場・燃料スタンドを見学しました。


洗車機見学では、バスに乗ったまま洗車を体験。大きなブラシがグルグル回りながら窓の外を移動していく様子を見て、車内の児童たちは大喜びでした。





車両工場見学では、バスのリフトアップを見学。整備の担当者より、バスを毎日安全に走らせるために欠かせない整備について説明していただきました。

燃料スタンドは営業所内に設けられ、バスは毎日ここで軽油を入れ、それぞれの経路を走っていると説明がありました。



授業終了

すべての授業が終わり、再び2台のバスに乗って学校へ。児童たちは、運転手さんに大きな声でお礼を言ってバスを降りました。最後に、阪急バスの担当者の方々へも全員でお礼を述べて「バス乗り方教室」の授業は終了しました。



お問合せ先

教委 教育企画課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 6階

電話番号:0798-35-3832

ファックス:0798-36-1208

お問合せメールフォーム

k_kikaku@nishi.or.jp

本文ここまで
このページの上部へ戻る

VISIT US!

市政ニュースやSNSでも市の魅力やイベント情報などを発信中!ぜひチェックしてみてください。

以下フッターです。
© 西宮市
フッターここまでページの先頭へ