このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年度租税教室(西宮市立段上小学校)

更新日:2020年4月1日

ページ番号:76355773

租税教室の講師は、市職員のほか税務署職員、県税事務所職員又は税理士なども務めていますが、
ここでは平成28年度に西宮市税務部職員が講師として実施した租税教室についてご紹介します。

【実施校名】 西宮市立段上小学校

【実施日時】 平成29年1月11日(水曜日) 2校時~4校時

【受講者数】 6年生3クラス

アンケートの結果

租税教室の授業を受けられたみなさんからのアンケート結果です(回答者数89名)。


今日の授業はどうでしたか?

(1)面白かった 73名(82.0%)
(2)普通 14名(15.8%)
(3)面白くなかった 2名(2.2%)


今日の授業で税金のことが?

(1)よくわかった 73名(82.0%)
(2)少しわかった 15名(16.9%)
(3)わからなかった 1名(1.1%)


市役所の先生のお話は?

(1)聞きやすかった 76名(85.4%)
(2)普通 13名(14.6%)
(3)聞きにくかった 0名(0.0%)

授業を受けてわかったこと

  • いろいろな税があるということ。たばこ税や酒税は知らなかった。
  • 税があることで、より良い暮らしができているんだということがわかった。
  • 税がないと社会が成り立たなくなり、生活がすごく不便になるんだということ。
  • 今まであたりまえに思っていた義務教育に、こんなに税金が使われていたなんて。
  • 自分のことにも税金が使われていることがわかった。
  • なんで(税金を)払わないといけないかがよくわかった。
  • 私たちの身の周りのもの、身近なものに使われていることを知った。

授業を受けて感じたこと

  • もっと「税金について知りたい」と思った。
  • これからは、教科書などを大切に使いたいと思った。
  • 僕たち小学生に使われているお金がとても多かったので、びっくりした。
  • 消費税は嫌だったけど、みんなのためだとわかったら、少し嫌じゃなくなった。
  • 自分が知らないことがいっぱい知れたので、とてもうれしい。勉強になった。
  • 普段は嫌な税も、目に直接見えないところでいろいろなものを作ったりされていて、役に立っているのだと感じた。
  • 税金を払うわけがわからず、嫌だなと感じていたけれど、税金がみんなの生活にとても大切だと知った時、日本の社会を支えようと思った。
  • (税金のことを)お母さんは知っていると思うけど、自分から話して驚かせたい。

リンク

お問合せ先

税務管理課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 2階

電話番号:0798-35-3229

ファックス:0798-22-3920

お問合せメールフォーム

https://www.nishi.or.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=004100086011

本文ここまで

租税教室のようす(平成25年度~平成30年度)

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ